2020年8月28日 更新

3ヶ月で5キロ痩せる方法とは?痩せる運動や筋トレを紹介!

3ヶ月で5キロ痩せるためには、カロリーをコントロールした正しい食事や運動、筋トレを積極的にしていくことが必要です。運動や筋トレを生活に取り入れると、リバウンドしにくい身体になります。年齢や性別に合わせた適切な方法を行うことで、効率的に美しく痩せていくことが可能です。

408 view お気に入り 0

3ヶ月で5キロ痩せたい!

 (167079)

3ヶ月で5キロ痩せるには、適切な食事制限や運動を取り入れていくことが重要です。低カロリーな食事メニューや筋トレといった運動を取り入れることで、効率的に痩せていくことができます。

3ヶ月で5キロ痩せるには?

3ヶ月で5キロ痩せることは、適切な食事や運動を心がければ、難易度はそこまで難しくありません。ポイントは、食事制限や運動を継続することです。食事制限や運動を3ヶ月間継続し続けることで、効果を発揮します。

3ヶ月で5キロ痩せるカロリーとは?

体重を1キロ落とすためには、約7000キロカロリーを消費する必要があるので、体重を5kg落とすためには、約35000キロカロリーの消費が必要です。約35000キロカロリーを、3ヶ月で消費するためには、1日約400キロカロリー分、​消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにします。

5キロ痩せると見た目はどのくらい変わる?

 (167224)

5キロ痩せることで、見た目は大幅に変化します。例えば、体重55キロだった女性が、50キロに変化した場合、トップスのサイズはLサイズからMサイズに下がります。
適切に脂肪量を落とした場合、ウエストのサイズを約9センチ減らすことが可能です。さらに、二の腕のサイズも最大4センチほど細くなるので、痩せた印象を持たれます。

3ヶ月で5キロ痩せる方法とは?

 (167251)

3ヶ月で5キロ痩せるためには、方法が3つあります。
・筋トレ:腕立て伏せやスクワットといった全身運動
・運動:ジョギングやヨガといった有酸素運動
・痩せる食事:カロリーコントロールをした食事
3点を適切に行っていくことで、3ヶ月で5キロ落とすことが可能です。

筋トレ

筋トレをすることで、基礎代謝を上げることができます。ポイントは、全身の大きな筋肉を使うことです。痩せるためには、特定の部位のみを鍛えても意味はなく、特定の部位だけの脂肪が燃焼されることもありません。大きい筋肉を使うことで、代謝の効果を高められます。

運動

 (167256)

3ヶ月で5キロ痩せるためには、運動することも大切です。特に有酸素運動は、脂肪燃焼効率を高めます。
有酸素運動とは、ジョギングやウォーキング、ヨガといった呼吸をしながらする運動のことです。5キロ痩せるためには、有酸素運動を定期的にすることが大切になります。

痩せる食事

痩せる食事を取ることは、3ヶ月で5キロ痩せるために必要不可欠です。ポイントは、カロリーコントロールをすることです。1日の食事は、あなたが1日で消費するカロリーを下回るカロリーを摂取するようにします。

3ヶ月で5キロ痩せる運動

 (167237)

3ヶ月で5 kg 痩せるためには、有酸素運動や筋トレといった、運動をすることがおすすめです。運動を積極的に取り入れることで、1日に消費すべき400キロカロリーを、効率よく消費できます。

①正しいストレッチ

正しいストレッチの主な目的は、筋肉や内臓の機能を高めるため​に行います。体重が落ちにくい人や太っている人の中には、姿勢の悪さから、筋肉の位置や内臓の位置がずれてしまっている人がいます。
筋肉の位置や内臓の位置が、本来の場所からずれてしまうと、エネルギーを効率的に使うことが難しく、痩せにくい身体になります。正しいストレッチをするこで、痩せやすい身体を作っていくことが大切です。
87 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

低炭水化物ダイエットの効果とは?具体的なメニューとレシピを紹介!

低炭水化物ダイエットの効果とは?具体的なメニューとレシピを紹介!

低炭水化物ダイエットとは、炭水化物の摂取比率や摂取量を制限し、効果的に体重を減らすダイエット法です。低炭水化物ダイエットには、脂肪燃焼促進やむくみ予防の効果があります。低炭水化物ダイエットをするときには、栄養不足にならないよう、タンパク質やミネラルを多く摂ることが大切です。
Anonymous | 515 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act