2018年1月20日 更新

パルクールの練習場9選!首都圏や関西地域でできる場所はどこ?

パルクールの基本的な練習場から、首都圏内の有名な男性パルクールパフォーマーが開設に携わっているパルクール練習場や、大阪などの関西地方にある、数々のメディアに取り上げられている練習場を合計9箇所を紹介していきます!

  
17,979 view お気に入り 0

パルクールの主な練習場3選

 (23179)

パルクールの基本的な練習場は、基本的に3つに別れています。

この3つの練習場所は、その日何を自分が練習したいのか、自分はどの位のレベルにいるのか、などの考えや実力に基づいて選んでいきます。

パルクール初心者の人は比較的安全に、講習を受けれる様なパルクール専用練習場で練習したり、パルクール上級者の人は、コンクリートなどで自分の実力を試したりしています。

今回はそんな、パルクール実施者が基本的に練習場としている場所を3つ、紹介していきます!

基本的な練習場所①障害物がある

パルクールの基本的な練習場の1つに、障害物が多い所などが挙げられます。

これは具体的には、公園などの公共の場のことを指しますが、障害物の有無は、パルクールを練習する上で大きく影響してくるので、flow(繋ぎ技)を練習する際には、こういった障害物が多い所を練習場所とするべきでしょう。

パルクール初心者の方は、安全に配慮し、近くに障害物が多くある所をパルクール練習場とするのでは無く、技が失敗しても大丈夫な様に、周りが芝生で囲われている場所などを練習場に選びをすることが重要になってきますね。

基本的な練習場②芝生がある

周りが芝生に囲われているところで練習すると良いでしょう。

と言いましたが、周りが芝生でも技を練習するのが怖い、というパルクール初心者の方は、砂場や砂浜でパルクールを練習するのもいいかもしれません。

日本の殆どのパルクール実施者は、思い切った技をする時、砂場や砂浜を練習場としている場合が多いです。

なので、パルクール初心者の方も砂場や砂浜から、恐怖心を無くしていくのもありかもしれませんね。

基本的な練習場③アクロバットスタジオ

基本的なパルクール練習場の1つとして、アクロバットスタジオで練習する、という方法があります。

砂場や砂浜よりも、恐怖心が少なく練習出来ますし、何よりスタジオによってはパルクールの講習をしているところがあるので、練習場としては一番といっても良いのが、アクロバットスタジオです。

しかし、アクロバットスタジオは誰の家にも近い場所にある訳ではなく、主に東京などの首都圏内、関西地方に数多くあります。

首都圏内パルクール練習場3選

 (23180)

東京を中心とした首都圏内に近い場所のパルクール練習場を3つ、紹介していきます。

近年、パルクールの競技人口が増えてきたこともあり、パルクール専用のジムが増えてきました。

その首都圏内東京のとあるパルクール練習場の開設には、パルクールアスリートのZENが関わっていたりなど、これからもっと首都圏内等以外にもパルクール練習場は増えていくと予想されますね。

そして、東京を中心とした首都圏内には、安全管理がしっかりしているパルクール練習場が沢山あることも有名です。

Gem Stone Gym【パルクール専用施設】

 (23250)

Gem Stone Gymとは、東京都新宿駅から最寄りの桜上水駅まで電車で10分という近い距離にある為、疲れることなく練習することが出来ます。

このパルクール練習場は、日本のパルクールチームの中でトップクラスの、monsterpkのメンバーから講習を受けれることで有名です。

施設は屋内練習場、主にマットなどが置いてあり、初心者の方でも安全に配慮して練習することができる場所があり、屋外練習場、基本的にマットは無く、あらかじめ設置されている障害物で、実力を試す練習場となっている為、技の調整をしたい方には、もってこいの練習場ではないでしょうか。

ALPHA STUNTS GYM【アクロバット施設】

 (23251)

ALPHA STUNTS GYMとは、東京都 杉並区 清水3丁目、環八 井荻トンネルに近い所にあるパルクール練習場で、様々な分野のアクロバットの講習が受けることが出来ます。

しかし、パルクールの講習に関しては、年齢の制限がある為、練習場が自由解放されている時間帯に自主練習ということで、利用すると良いと思います。

施設はエバーマットやタンブリングマットがある為、安全に練習することが出来ます。

スタジオBOS【アクロバットスタジオ】

 (23253)

スタジオBOSとは、首都圏内東京に2箇所あるパルクール練習場です。

2箇所と言っても、最近になって別の場所に店舗が開設されたので、これからの日本のパルクール、トリッキングの競技人口が増加していけば、東京以外の首都圏にもスタジオBOSが開設され、通いやすい近い場所に開設されるかもしれませんね。

このパルクール練習場は基本的に跳ねる床になっており、エバーマットがあるので、パルクールに使う際のアクロバット技の練習に最適で安全な練習場です。

関西地方パルクール練習場3選

42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者の子供をもつ親にとって気になるのが子供のレベルです。うちの子に何を練習させれば良いのか?特にサッカー経験の無い方には心配です。そこで今回は入門編として、チームの練習以外に、1人でできるサッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューを紹介します。
masamiohdaira9 | 775 view
ドリブルの練習方法12選!基礎からしっかりと学ぼう

ドリブルの練習方法12選!基礎からしっかりと学ぼう

ドリブル練習は、サッカーの基本となる、ボールを蹴る、運ぶ、止めることをバランスよく身につけられる一番の方法です。特にゴールデンエイジを迎える少年サッカー世代の子は、練習を重ねた分上達します。バリエーションあるドリブルの練習方法でサッカーに差をつけましょう。
skynetasia391k | 872 view
ファルカンフェイントのやり方とは?練習方法と合わせて解説

ファルカンフェイントのやり方とは?練習方法と合わせて解説

ファルカンフェイントというボールを足裏で転がして反対側の足でまたぎ、すかさずボールを横にずらして切り返す、足がどのように動いているのかわからない足技フェイントを見たことがありませんか?ここではファリカンフェイントのやり方と練習方法を合わせて解説していきます。
masamiohdaira9 | 555 view
クロールの4つの練習のコツ!上達するための練習メニューとは?

クロールの4つの練習のコツ!上達するための練習メニューとは?

クロールを上達させるには、どのような練習をするべきなのでしょうか。本記事では、水泳初心者から上級者まで実践できる、クロールをより速く上手に泳ぐための練習とそのコツを紹介します。ぜひこれらのコツを意識しながら、効率的な練習を行ってみてください。
Spicatz | 2,063 view
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 2,648 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかん🍊 みかん🍊