2018年7月17日 更新

サイドハーフのランキングTOP10!歴代の世界最高の選手まとめ

サッカーにおける攻撃戦術でサイド攻撃を機能させるためには欠かせないポジションがサイドハーフです。サイドハーフには昔から特別なタレントが多く存在し、サッカーの歴史に名を残しています。これらの歴代世界最高・最強のサイドハーフをランキング形式で紹介したいと思います。

18,819 view お気に入り 0

世界一の歴代最強・最高サイドハーフランキング10位

ホアキン・サンチェス

国籍 : スペイン
生年月日 :1981年7月21日(36歳)
出身地 :エル・プエルト・デ・サンタ・マリア
身長 :180cm
体重 :75kg
経歴
1999-2000 ベティスB
2000-2006 ベティス
2006-2011 バレンシア
2011-2013 マラガ
2013-2015 フィオレンティーナ
2015- ベティス

スペインが誇る伝説のサイドハーフ

早くからサイドハーフの役割にウィングとしての攻撃的なアプローチを求め始めていたスペイン国内リーグの中でも、1、2を争う世界的なドリブラーと言えばこの選手です。
細かなステップから大きな緩急をつけるランウィズザボールのお手本のような動きのドリブルが非常に上手い上に、けれんみのない思い切りの良さも加わって、世界最高レベルの突破力を見せていました。
特に長い脚を利した独特の間合いと懐の深さは圧巻で、素早い切り返しで相手を置き去りにした後の高精度のクロスはどのクラブに在籍してもチームの強力なサイド攻撃となっていました。
やや怪我に弱いところがあり、代表での成績が芳しくないこともあって、あまり世界での注目度は高くなかったのですが、彼が現役当時は世界一のドリブラーとして強く称賛する人が多かったのは事実です。

世界一の歴代最強・最高サイドハーフランキング9位

ボウデヴィン・ゼンデン

国籍 :オランダ
生年月日 :1976年8月15日(41歳)
出身地 :マーストリヒト
身長 :174cm
体重 :70kg
経歴
1993-1998 PSV
1998-2001 バルセロナ
2001-2004 チェルシー
2003-2004 ミドルズブラ (loan)
2004-2005 ミドルズブラ
2005-2007 リヴァプール
2007-2009 マルセイユ
2009-2011 サンダーランド

マルチに働けるオランダらしいサイドハーフ

オランダはクライフ以来のトータルフットボールが根付いた国なため、世界に排出する選手たちもユーティリティ性に優れ多数のポジションをマルチにこなせる選手が多いのですが、その筆頭とも言えるのがゼンデンです。
サイドハーフはもちろん、ウィング的な役割もこなせ、中盤の底も卒なくこなすかと思えば、サイドバックでも堅実で上手いプレイを見せていました。
あまりにマルチに起用できるため便利屋扱いされすぎているように思えますが、現代サッカーにおいてもこのように複数のポジションを世界レベルでこなせる選手はとても貴重で、そのような選手の見本としてゼンデンは非常に優秀な選手だと言えます。
同時代にユーティリティ性世界一と呼ばれるコクーが存在したオランダは、ゼンデンを始めポリバレントな選手が多く、観戦していて楽しいサッカーを見せていました。

世界一の歴代最強・最高サイドハーフランキング8位

ハビエル・サネッティ

国籍 :アルゼンチン、イタリア
生年月日 :1973年8月10日(44歳)
出身地 :ブエノスアイレス
身長 :178cm[1]
体重 :75kg
経歴
1991-1992 タジェレス
1992-1995 CAバンフィエルド
1995-2014 インテル

インテルのバンディエラとも言えるタフなサイドハーフ

インテルに長く在籍したことでバンディエラとも称される選手。
ポジションはサイドハーフやサイドバックなどで、どちらかというと守備的な役割を任される選手ですが、トラクターのように迫力のあるドリブルで長い距離に渡りボールを運べるため、攻撃的な役割をこなすことも得意としていました。
とにかくタフで強靭な選手で、ほとんどの試合をフル出場は当たり前、高齢になってもロッベンやメッシなど若き才能を1対1で止めるなど、驚異的な活躍を続けました。

人格者としても有名な伝説的選手

またサネッティはインテルの監督に就任したどの監督からも信頼されており、ラフプレイが少なく非常に真摯にサッカーに取り組んできたため、あらゆる選手たちから最大限の尊敬を得ていました。
歴史的なライバルであるミランにはマルディーニが、インテルにはこのサネッティがいて、やはり世界で長く結果を出し続けるクラブにはこのような選手が必要なのだなと思い知らされます。

世界一の歴代最強・最高サイドハーフランキング7位

パベル・ネドベド

国籍 : チェコ
生年月日 :1972年8月30日(45歳)
出身地 :ヘプ
身長 :177cm
体重 :70kg
経歴
1991-1992 FKデュクラ・プラハ
1992-1996 ACスパルタ・プラハ
1996-2001 SSラツィオ
2001-2009 ユヴェントスFC

趣味が「練習」真面目さの塊のようなサイドハーフ

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
MARUO KAZUHIRO | 20 view
サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツを解説

サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツを解説

サイドハーフとは、サイドハーフとは中盤のサイドでプレーする選手で攻守の両面で多くの役割を担います。サイドハーフは攻撃時にはドリブル突破やセンタリングでチャンスを作りだし、守備のときは相手へのアプローチや味方のカバーを状況に応じて行います。サイドハーフはあらゆる局面に関わる必要があるため、豊富な運動量も求められるポジションです。
soccer.life.from87 | 139 view
バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

6人制バレーボールでは、ポジションごとに役割と動きが違います。ウイングスパイカー・オポジット・ミドルブロッカー・セッター・リベロという5ポジションに分類して、その役割と動きを、ルールとフォーメーションを絡めて詳しく解説します。各ポジションの名称や役割を知って、よりバレーボールを楽しんでください。
まる蔵 | 1,425 view
サッカーの11番の背番号の意味とは?どんな選手がつけるの?

サッカーの11番の背番号の意味とは?どんな選手がつけるの?

サッカーの背番号には様々な番号があります。背番号11番のポジションは、ウィングやトップ下というイメージがされています。そして、背番号11番に期待される役割や素質は、スピード感溢れるドリブル、得点能力、オフザボールの動きです。
masamiohdaira9 | 1,120 view
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 6,523 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS