2017年11月18日 更新

腹筋ローラーで腰を痛めないやり方・使い方とは?【初心者ガイド】

腹筋ローラーは腹筋を鍛えるツールです。効果的な反面、腰痛になりやすいツールとしても有名です。腹筋ローラーで鍛えることができる機能や、初心者の方でも腰が痛い状態になりにくい効果的なフォーム、腹筋ローラーの使い方について紹介します。

  
28,433 view お気に入り 0

腹筋ローラーでできることは?

まず最初に、腹筋ローラーでできることについて書いていきます。

腹筋ローラーでできることは、腹筋の強化です。腹筋ローラーは、重いバーベルを使わなくても腹筋を強烈に鍛えることができる、自宅でのトレーニングに最適なツールのひとつです。

腹筋ローラーは、腹筋運動で大事な屈曲・反伸展の動作を同時に行うことができ、腹筋の筋力向上や筋肉量の増加にも役に立ちます。

腹筋ローラーはトレーニング器具の中でも安価な部類に入ります。そういう点でも腹筋ローラーは自宅のトレーニングに適しています。
腹筋ローラーでできること

腹筋ローラーでできること

腹筋ローラーを使うことで、腹部の筋肉量を増やしたり腹部の筋力を高めることができます。そのためには正しいフォーム・使い方が必要です。初心者の方はフォーム固めから行いましょう。

腹筋ローラーの腹筋の効果!

腹筋ローラーを使うことで、2つの動作からなる腹筋運動ができます。その2つの動作について詳しく説明していきます。
腹筋ローラーでできる腹筋の効果

腹筋ローラーでできる腹筋の効果

腹筋ローラーを使っての腹筋運動には様々な効果があります。その効果について、初心者の方向けに紹介します。

屈曲動作

腹筋ローラーだけでなく、腹筋運動の中でもっとも多い動作が屈曲動作です。屈曲動作とは、簡単にいうと腰を丸めるような動作のことをいいます。

上体起こしも屈曲動作です。腹筋が屈曲することでみぞおちとへそが近づき、腰が曲がり頭が起き上がります。

腹筋ローラーでいうと、腹筋ローラーを足側に近づけていく動作のときに屈曲動作が起こります。腹筋ローラーの動作の中でも、腹筋への負荷が感じやすい場面だと思います。

腹筋ローラーで腹筋の屈曲動作が鍛えることで、腹筋の中の腹直筋という腹筋の中では大きい筋肉に刺激が入ります。その結果、腹筋の筋肉量が増加しやすくなります。腹筋の屈曲動作は腹筋を割りたい方に効果的な腹筋の使い方です。

また、腹部への衝撃に強くなるためにも、腹筋の屈曲動作は効果的です。腹筋の屈曲動作は格闘家が良く取り入れている腹筋の効果的な使い方でもあります。
腹筋の屈曲動作

腹筋の屈曲動作

腹筋運動といえば、屈曲動作というぐらい腹筋の使い方の中でも頻繁に使われる動作です。初心者の方の中でも上体起こしとして、この腹筋の使い方をしたことがある方はいると思います。腰を丸めるようにして行うといいでしょう。

反伸展動作

腹筋の働きは胴体を曲げることだけではありません。腹筋は曲がろうとする胴体を固定する働きもあります。

例えば、力があまり強くない人が腕立て伏せのときに腰が落ちてしまうことがあります。腕立て伏せのときに腰が落ちてしまうのは、腹筋の胴体を固定する働きが機能していないことが原因です。

詳しくいうと、腹筋の反伸展力の不足が原因です。

腹筋の過伸展は腰の反り過ぎにつながります。腰の反り過ぎは腰の筋肉を酷使するので、腰痛をまねきます。腹筋の過伸展を防ぐことは、腰痛を防ぐことにもつながります。

腹筋ローラーの場合、動作が止まっていても腹筋が使われています。なぜなら、腹筋ローラーのハンドルを握った時点で身体が不安定な状態になるからです。

そこで、もし腹筋の反伸展力がないと腹筋ローラーが自分ではコントロールできない状態で頭側に転がってしまい、身体を床に打ちつけてしまいます。

そうならないためにも、腹筋の反伸展力というものが必要になります。腹筋ローラーは腹筋の反伸展力を効果的に鍛えることができます。

腹筋の反伸展力を鍛えることで、日常生活やスポーツの場面で腰が反り過ぎてしまうことを防げます。結果として、腰痛の予防効果につながります。腹筋ローラーを使うと、この反伸展力が他の腹筋運動よりも効果的につきやすくなります。
反伸展動作

反伸展動作

腹筋がこれ以上伸びないように姿勢を固定する動作のことを反伸展動作といいます。例えば、腕立て伏せの体勢をとるときに腹筋の反伸展動作が行われています。初心者の方が腕立て伏せで腰が痛いのは、この力が働いていないことが原因です。

腹筋ローラーのリスク

腹筋ローラーは様々な効果をもたらすツールということはお分かりいただけたと思います。ただ、腹筋ローラーのデメリットも同時にお分かりになったと思います。

そこで、ここでは腹筋ローラーのリスクについて書いていきます。初心者の方は腹筋ローラーのリスクを理解したうえで腹筋運動を行うことをおすすめします。

腹筋ローラーと腰痛

腹筋ローラーは確かに効果が高い腹筋運動のやり方です。ただ、怪我のリスクは効果が高いぶん高くなります。

特に腰に負担がかかりやすく、腹筋ローラーを使って腰痛になる方は後を絶ちません。中には、腹筋ローラーは腰痛を引き起こしやすい腹筋の使い方という認識を持っている方もいるぐらいです。

今では、腹筋ローラーは安価で腹筋を強烈に効果的に鍛える腹筋の使い方であるとともに、腰痛を引き起こすリスクのある腹筋の使い方という扱いになってきています。
腹筋ローラーと腰痛

腹筋ローラーと腰痛

腹筋ローラーをすることで、腰が痛いと訴える方は意外と多いものです。特に初心者の方は腰が痛い状態になりやすいので、なぜ腰痛が起こるかを正しく知る必要があります。

腹筋ローラーを使うことで起こる腰痛の原因

それでは、なぜ腹筋ローラーを使うと腰が痛い状態になりやすいのでしょうか。私が考える原因はいくつか紹介したいと思います。
 (17965)

筋力不足

腹筋ローラーを使うことで腰痛になる方の原因の中で、もっとも単純なものは筋力不足です。

腹筋の働きの中の反伸展力という力が足りていないことにより、腰背部が反り過ぎたフォームになってしまい腰痛というパターンが、腹筋ローラーを使っての腹筋運動ではもっとも多いものだと考えます。

反対にいうと、腹筋ローラーを使っても腰痛にならない方は、腰背部が反らないフォームでできるくらいの腹筋の反伸展力が強い傾向にあります。

筋力不足の方が腹筋ローラーを使っても腰痛にならないためには、段階を踏んで動作を確実に行いフォームを固めるやり方や、呼吸法を覚えるといったやり方が適しています。具体的なやり方は後ほど紹介します。
筋力不足

筋力不足

腹筋ローラーで腰が痛い方は腹筋の筋力が足りていない場合がほとんどで、初心者の方は特にその傾向にあります。筋力が不足しているときは、段階を踏んでフォームを固める必要があります。

柔軟性不足

腹筋ローラーで腰痛になりやすい方の特徴で次に多いのが、柔軟性が不足している方です。そもそも、腹筋ローラーは柔軟性の高い方が使う前提のツールです。

例えば、直立した状態で、前へならえの状態よりも腕が上がらない方が腹筋ローラーをしても、肩は胴体に対して平行よりも頭側には上がらないので、代わりに腰が反ってしまうということになってしまいます。

そうなると、筋力不足の時と同様に腰が反っているので、腰が痛くなりやすいフォームになってしまいます。

腹筋ローラーを行うための柔軟性があるかどうかを測るには、壁沿いに立って気をつけの状態からバンザイの状態まで腕を上げて腰の反りを調べるやり方がもっとも簡単です。

上記の動作で腰が反ってしまうのであれば、腹筋ローラーでの腹筋運動を行う際は動かせる範囲を限定したフォームの方が腰痛のリスクを抑えることができます。

このように柔軟性が原因で腹筋ローラーをすると腰痛になる方は、肩回りの柔軟性を上げてから行うか、腹筋ローラーの可動範囲を限定したフォームで行うやり方が適しています。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大胸筋の鍛え方女性編!正しい筋トレ方法でキレイなバスト維持

大胸筋の鍛え方女性編!正しい筋トレ方法でキレイなバスト維持

女性も正しい鍛え方で積極的に筋トレをすることで美しい体にすることができます。正しい鍛え方で大胸筋の筋トレを行えばきれいなバストを維持できます。ここでは、筋トレ初心者の女性に向けた大胸筋の鍛え方を紹介します。簡単なトレーニングから取り組んでみましょう。
t.masa0256 | 103,137 view
卓球の下回転サーブの打ち方とは?徹底特集【初心者ガイド】

卓球の下回転サーブの打ち方とは?徹底特集【初心者ガイド】

卓球の下回転サーブは、卓球での回転系のサーブの中で最も基本的なサーブです。回転系のサーブを習得したいと思う卓球初心者の人も基本なので、まずは下回転サーブの習得を目指しましょう。卓球の基本的なサーブだからと言って、簡単にマスターできるわけではありません。基本だからと手を抜かずに、しっかりと練習していきましょう。
MOSK | 9,473 view
腹筋ローラーで腕が筋肉痛になるのはなぜ?間違ったやり方?

腹筋ローラーで腕が筋肉痛になるのはなぜ?間違ったやり方?

腹筋ローラーで腹筋を鍛えたいにも関わらずなぜ腕が筋肉痛になってしまうのか。その原因と腹筋ローラーをしっかり腹筋に効かせてなるべく腕が痛くならないようにするやり方を伝えます。しっかりとフォームで腹筋に効かせて、トレーニングしましょう!
Act | 40,570 view
腹筋ローラー初心者必読!正しいやり方とフォーム

腹筋ローラー初心者必読!正しいやり方とフォーム

どの時期になってもお腹周りはとても気になります。いろいろな通販の定番ですが、どんなに頑張ってもなかなか腹筋が割れてこなくて挫折した方々も多いのではないでしょうか?しかしこれを読むことで今までよりも簡単に鍛えられます。最近アブローラー始めようか迷っている方々やただがむしゃらに腹筋をするのではなく効率よく腹筋運動をした方や夏に向けて追い込み絵をかけたい方も必見必読です。
Act | 11,602 view
ジョギング初心者ガイド!続けるために必要な距離やペースのコツ

ジョギング初心者ガイド!続けるために必要な距離やペースのコツ

初心者がジョギングを継続するためのコツをお伝えします!ジョギングの基礎・基本から、初心者におすすめの距離・スピードなども解説。初心者が続かない原因は?モチベーションを保つには?初心者はどんな服装で走る?入門期は何キロ走れば良い?注意点は?初めてさんの疑問にお答えします!
真秀美 | 8,190 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kaki44 kaki44