2020年3月22日 更新

キャッチボールの正しい投げ方とは?誰でもわかる基本のフォームを教えます

キャッチボールが正しい投げ方でできるかは非常に大切です。投げ方やコントロールがバラバラではキャッチボールになりませんし、ひいては野球をプレーすることもできません。キャッチボールの正しい投げ方を詳しく、ボールの握り方や上手に投げるポイントなども解説します。

207 view お気に入り 0

なぜキャッチボールの投げ方が大切なのか?

Baseball Fence Cleveland - Free photo on Pixabay (101217)

キャッチボールを正しい投げ方で投げられるかどうかはとても大切です。

とりわけこれから野球を始める方にとってキャッチボールは基礎を身につける上で重要な基本練習ですので、投げ方が適当ではいけませんし決して疎かにはできません。

その重要性やキャッチボールの投げ方が大切な理由については3つの項目で解説します。

野球の基本が分かる

Boy Player Baseball - Free photo on Pixabay (101219)

キャッチボールをすることによって、野球で大切な基本が分かります。

特に、キャッチボールで重要となる「相手の取りやすい位置」に投げる、ということは野球の基本だから​です。

野球の試合で、どんなに難しいゴロを捌いても投げたボールが相手の捕りづらいところに行けばファインプレーも一転エラーとなってしまう可能性が高くなります。ボールを相手の捕りやすい位置に投げられるか、ということは野球において非常に大切です。

野球の動作が分かる

Baseball Little League Pitcher - Free photo on Pixabay (101220)

キャッチボールをすることで、野球をプレーするにあたっての基本的な動作が分かります。

キャッチボールの投げて捕っての繰り返しこそが、野球をプレーするのに必要なボールの投げ方や捕り方を習得するにはうってつけの練習だからです。

「投げる」「捕る」は野球の基本的な動作です。キャッチボールで何度も何度も投げたり捕ったりを繰り返すことで自然と野球の基本動作を体に染み込ませることができます。

野球の上達に繋がる

Baseball Player Shortstop Infield - Free photo on Pixabay (101221)

キャッチボールは、様々なシチュエーションを想定しながら行えば上達にも繋がります。

レベルアップを図りたい選手であればキャッチボールを漠然とするのではなく、難しい打球からのスローイングを想定したり、足が早いランナーを想定して素早く投げたりと何か目的を持ってキャッチボールを行うのも一つの方法です。

あのイチロー氏もキャッチボールを「技術の確認のひとつ」とし、1球1球を非常に大切にしていました。プロでも一流と言われる選手ほどキャッチボールを疎かにしません。

キャッチボールをする時のボールの握り方

投球で必見のボールの握り方!元プロ野球投手が解説

150文字

キャッチボールで正しい投げ方を習得するときに、まず始めに覚えなければいけないのがボールの握り方です。

ボールを握るときの指の位置

Baseball Dirty Sport - Free photo on Pixabay (101224)

キャッチボールで正しい投げ方を習得する際に、まず始めに覚えなければいけないのがボールの握り方です。

ボールは基本的に人差し指と中指と親指の3本で持ち、ボールの上を人差し指と中指の2本、ボールの下を親指の側面で支えるようにして握ります。そうすると右利きの選手の場合は手が自ずとCを逆にした形となるはずです。

また、ポイントが2点あります。ボールの上を握る人差し指と中指の間を指1本分空けることと、手のひらとボールの間を若干空けることです。こうすることでボールの握りが安定しコントロールも安定します。

ボールの縫い目にかける指

野球ボールには硬式球のみならず軟式球にも縫い目があるので、正しく投げるにはこの縫い目にかける指を意識することも大切です。

そして、先程ボールを人差し指と中指と親指の3本で持つと解説しましたが、縫い目をかける指はと言うと、この内人差し指と中指の2本です。

ボールの縫い目に2本の指の腹を引っ掛けるようにして握ります。この時どちらか片方の指にしか掛かってない、ということが無いようにしてください。

安定したコントロールを身につけるためには、しっかりと指を縫い目に掛けて投げるのが基本です。ボールの回転も綺麗になるので捕球する側も捕りやすくなります。

残った指の添え方

残った薬指と中指の2本の指は軽く曲げてボールに添えます。

添えるといっても実際ボールに触れるのは薬指の側面のみです。手が小さく人差し指と中指と親指の3本だけでは投げにくいという選手は、薬指の側面が触れる面積を広くしたり調整すると投げやすくなります。

キャッチボールの正しい投げ方

キャッチボール 少年野球 投げ方 baseball throwing

正しい投げ方についての説明と小見出しに続く案内について示してあげる。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スリークォーターの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

スリークォーターの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

スリークォーターとは、投手の腕が斜め上の角度から出てくる投球フォームを言います。単なる投球フォームの腕の出る角度の違いだけではなく、スリークォーターで投げることには大きなメリットがあります。こちらの記事では、スリークォーターで投げることのメリットや、理想的なスリークォーターでの投げ方について紹介します。
haru | 3,675 view
キャッチボール5つのコツとは?ボールコントロールを良くする方法を解説

キャッチボール5つのコツとは?ボールコントロールを良くする方法を解説

野球の基本であるキャッチボールですが、キャッチボールにもさまざまなコツが存在しています。野球初心者であればまず最初にキャッチボールから始めることが多いですが、このキャッチボールを正しく行うことで、野球が上達するのもより早くなります。
KAERUNABE | 777 view
ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

野球のピッチャーの最も基本的な球種はストレート…いわゆる直球です。ストレートは、すべてのピッチャーが投じることができる球種であり、全投球数の半分以上を占めるというピッチャーも多いはず。ここでは、改めてストレートを解説しますので、ブラッシュアップしてください。
MARUO KAZUHIRO | 11,987 view
フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

野球の変化球の一種であるフォークボールについて、その握り方や投げ方を含めて説明します。打者の手元でストンと落ちるフォークボールは、空振り三振を奪える、縦の変化球でプロ野球選手でも持ち球にしているピッチャーは多いです。フォークを学んでレベルアップしよう!
MARUO KAZUHIRO | 14,017 view
パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールは投げ方とボールの握り方が独特なため、最近の野球では投げるピッチャーがほとんどいなくなりましたが、マスターすることができれば大きな武器として使える変化球です。パームボールの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 4,936 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act
amazon