2018年5月6日 更新

バドミントンダブルスの動き方&ローテーション解説【初心者ガイド】

バドミントンのダブルスにおけるローテーションの基本や、動き方のコツをお伝えします。初心者の方向けの考え方や、前衛と後衛の役割などもご紹介します。バドミントンダブルスのローテーションの動きが気になる方はぜひチェックしてみてください。ローテーションの動きが理解できると、バドミントンダブルスの見え方が変わるでしょう。

  
32,644 view お気に入り 0

バドミントンダブルスのローテーションとは?

ダブルスの勝利の秘訣はローテーション

Instagram (16200)

バドミントンのダブルスにおけるローテーションとは、前衛と後衛が切り替わり、相手の球を打ちやすい陣営を流動的に作ることを指します。
ダブルスのローテーションの動きは、バドミントンダブルスの攻め方に直結します。
ダブルスで勝つためには、前衛と後衛の動きをスムーズにすることが必要です。

ローテーションには、こうしなければならないというルールはありません。
しかし、おのずと勝率を高めるための王道は決まってきます。
それが、ローテーションの動きのコツです。

バドミントンのダブルスで勝つためには、ローテーションの考え方をパートナーと一致させる必要があります。
どのタイミングで、どのように前衛と後衛を切り替えるか?
どういう球が来たら、どうローテーションを組むか?
その考え方や動きが、ダブルスのパートナーと一致して初めて、ローテーションは成功します。

ダブルスのローテーションは「穴埋め」

有田浩史のゼロから始める!【ダブルス】のフォーメーションと攻防『バドミントン』

ローテーションと言うと、前衛と後衛がぐるぐる回るイメージがありますね。
実際にバドミントンダブルスの戦いで行われている動きは、そこまで回っていません。
理由は、ローテーションが必要なタイミングがあるからです。
ローテーションは、相手にとっての穴を埋めるために行う動きです。
したがって、動きはそのバドミントンの試合によって柔軟に対応します。

ダブルスのローテーションは次の一手!

イ・ヨンデのプッシュ、前衛ストップ

バドミントンのダブルスにおいて、ローテーションの動きは常に次の一手のために行います。
つまり、相手の状況や球の方向を見極め、常に今より一手先を読む必要があるのです。
このタイミングを見極めるコツは、「攻め」と「守り」のどちらに自分がいるかを認識することです。

自分が「攻め」であったとしても、次の一手では守る可能性があります。
その時、バドミントンのダブルスでは、自然と対応の中でローテーションし、陣営を切り替えます。
この動きをスムーズかつパートナーと一致させることが、ローテーションのコツです。

ダブルスのローテーションの基本的な動き方

攻撃パターン

Instagram (16201)

攻撃の場合は、トップアンドバックと呼ばれる「前後」に前衛と後衛がいる布陣が一般的です。
理由は、後衛からスマッシュを打ちやすいことと、相手からの返球に対するプッシュなど前衛からの攻撃につなげやすいことです。

動きは、基本的に縦のラインを合わせて動きます。
それが穴を出さない合理的な動きだからです。

バドミントンの基本練習 ダブルス攻略への道 DVD

攻撃手は基本的に後衛がスマッシュを打ちます。
相手から前方に入ってきた球は前衛がカバーし、守る動きの相手の体勢を崩します。

この流れの中で、相手からの球筋を見て穴を埋めていった際に、前後が入れ替わることがあります。
前の手での対応によってパートナーが体勢を崩した場合、即座に前衛・後衛が切り替わります。

バドミントンダブルスの面白い点は、前衛・後衛という概念がありながら、いずれもダブルスプレイヤーの両方が出来ている必要があるということです。

バドミントンダブルスの試合では、常に前衛・後衛がローテーションによって動き、適切な位置にいたプレイヤーが攻撃することになります。

守備パターン

ラリー編1サイドバイサイド

守備の時は、基本的にサイドバイサイドと呼ばれる横並びの陣営になります。
横並びで2人が布陣を敷くことで、幅広いエリアをカバーすることができるためです。
前後に対しての反応も、サイドバイサイドであればどちらが下がるのかが認識しやすいです。

動きやすく、対応しやすい合理的な布陣と言えるでしょう。
Instagram (16224)

サイドバイサイドの場合、センターライン寄りの攻撃手が来た時の動きの判断がコツです。
左からの攻撃は右、右からの攻撃は左のプレイヤーがとると、動きがスムーズです。
対角線上でクロスして守備するイメージですね。
また、少しでもセンターラインから近いほうのプレイヤーが動く癖をつけましょう。

サイドバイサイドの時は、バドミントンダブルスのプレイヤー同士がお互いの距離と守備範囲をしっかり認識するのがコツです。
初心者の方は難しいかもしれませんが、「私が行く」という動きをできる限りパートナーにわかりやすく伝え、お互いが理解できるよう努めましょう。

ダブルスのローテーションタイミングのコツ

上記でご紹介した通り、バドミントンダブルスだからと言って常にローテーションの動きをしていなければならないわけではありません。

ローテーションは必要なタイミングに、攻め方を理解した上で行う必要があります。
バドミントン初心者の方は動きにてこずると思いますが、いくつかのローテーションのコツをご紹介します。

カバーが必要な時

まず、ローテーションが必要になるのは、ダブルスのパートナーの体勢が崩れた時です。
お互い2人同士で戦うバドミントンダブルスに置いて、1人が戦力外になる(=体勢が崩れる)ことは大打撃です。
この時、相手は必ず体勢が崩れた場所を穴と見て攻めてきます。
それがバドミントンダブルスの攻め方の基本ですから。

その瞬間を埋める動きがローテーションです。
体勢が崩れていないもう一方が、穴を埋めに即座に動きます。

すると、今度は動いたほうが空きますよね。
ここに、体勢を立て直したパートナーが入ります。

こうして入れ替わるのが、バドミントンダブルスの攻め方であり、ローテーションの動きです。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テニスが上手くなるには5つのコツがある!初心者が知りたい上達方法とは?

テニスが上手くなるには5つのコツがある!初心者が知りたい上達方法とは?

テニスで上手くなるためのコツを5つに分けて紹介します。「テニスを始めたけど何に気を付ければいいか分からない…」「もっと効率よく上手くなる方法が知りたい…」そんな初心者が知っておきたい上手くなるコツ、上達法を動作ごとに紹介するので、ぜひ練習時に意識して上達への近道にしましょう。
木人 | 21,371 view
ダーツの投げ方のコツ!うまく投げるために5つの必要なこととは?

ダーツの投げ方のコツ!うまく投げるために5つの必要なこととは?

ダーツの投げ方のおすすめのコツとして、5つのポイントが挙げられます。そのダーツの投げ方の5つのコツである腕の使い方やスタンスなどについて詳しく解説します。しっかりと投げ方のコツを理解して、上手に投げる方法を習得しましょう。
後藤晃一 | 2,294 view
ドッジボールの投げ方!初心者が気になるフォームやポイントとは?

ドッジボールの投げ方!初心者が気になるフォームやポイントとは?

初心者や小学生の子供は必見!ドッジボールの投げ方が上手くなるコツを教えます。ドッジボールでなかなか相手に当てる事ができない方や始めたばかりで上手く投げられないという方は投げ方のフォームやボールを速く投げるコツを覚えて、さらにドッジボールを楽しみましょう。
nikol | 3,046 view
腹筋ローラーができない人向けのコツ!【初心者上達ガイド】

腹筋ローラーができない人向けのコツ!【初心者上達ガイド】

トレーニング初心者の人の中で腹筋ローラーができない人もいると思います。そこで、腹筋ローラーができない人向けのコツを原因別に紹介します。ほかにも、腹筋ローラーの効果や腹筋ローラーがうまく行えるようになる練習方法についても具体的に紹介します。
kaki44 | 12,397 view
ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツでもっと上達したい!!という方に送る、ダーツ上達のために必要な持ち方、握り方、投げ方などの初心者ガイド決定版です。まっすぐに投げる方法、回転をかける方法、目線の考え方など盛りだくさんの内容です。ダーツファンはぜひチェックしてみてください。
yuki | 89,184 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki