2020年3月2日 更新

プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは、審判の判定に対してビデオ判定を要求できる制度です。プロ野球のリクエスト制度のルールは、ビデオ判定を要求できるプレーはアウト・セーフに関連するものとされています。リクエストの回数は2回とされています。リクエスト制度のルールや条件を理解してプロ野球を楽しみましょう!

1,919 view お気に入り 0

プロ野球のリクエスト制度とは?

なる@L6のNPB審判専門館 on Instagram: “佐々木さん。#npb審判” (113050)

プロ野球のリクエスト制度​とは、審判の判定に対してビデオ判定でのリプレー検証を求めることができるものです。

2010年から2017年まではホームランの判定に対してのみ要求できましたが、2018年より他のプレーにも要求できるようになりました。

しかし、リクエスト制度のルールって結局どういうものなの?という人も多いはず。
この記事では、リクエスト制度のルールや具体例、今後の課題について解説していきます。

プロ野球のリクエスト制度の適用範囲

リクエスト制度の対象となるプレーとは?

Naoki  Hayashi on Instagram: “原ちゃん #原信一朗 #プロ野球 #プロ野球審判 #npb” (113051)

基本的にアウトかセーフも判断をする全てのプレーにリクエスト判定の対象にできます。

ほとんどの場合、各塁でのアウト、セーフのタイミングや送球を捕った選手の足が塁から離れたかどうか、という判定でリクエストが要求されます。

なお、アウト・セーフを判定するものではありませんが、デッドボールの判定に対してはリクエストを要求できます。

リクエスト制度を対象にならないプレーとは?

プロ野球のリクエスト制度では、多くのプレーに対して要求できますが、いくつか要求できないプレーがあります。リクエスト制度で要求できないプレーの一覧は以下になります。

・ボーク
・投球判定(ストライク、ボール)
・ハーフスイング
・自打球
・走塁妨害
・守備妨害
・インフィールドフライ
・審判員(塁審)より前方の打球


基本的にアウトかセーフかを判定しないプレーや審判の裁量に基づいて判定する○○妨害、インフィールドフライに対してはリクエストを要求できません。

また、審判がいる位置よりも前で起こったプレーに対してもリクエストを要求できません。審判よりも前でのプレーとは、フェア・ファールの判定と内野フライを直接キャッチしたかが中心になります。
アウト、セーフに関連しないプレーでもデッドボールの判定については、リクエストを要求できます。

プロ野球のリクエスト制度のルールは?

オリックス・バファローズ公式 on Instagram: “#西浦颯大#いだてん#ヘッドスライディング#ナイスラン#ハイタッチ#ウインターリーグ#オーストラリア#ウインターリーグ便り#Bs2019#buffaloes#baseball#ORIX#プロ野球” (113052)

リクエストの回数

リクエストを要求できる回数は、1試合で最低2回です。

リクエストを要求して判定がくつがえればリクエスト要求の権利は減りませんが、判定が変わらなかった場合はリクエストの権利が減ります。

なので、リクエストが成功すれば何回でもリクエストを要求できますが、2回失敗した場合はそれ以降リクエストを要求できなくなるということです。

また、延長戦に入ると新たに1回リクエスト要求の権利が増えます。

ビデオ判定・検証の時間

プロ野球のビデオ判定はリクエストが審判にされてから、1つのリクエスト時間は1回につき5分以内と定められています。1回に5分というルールは、試合時間を短縮するための設定です。

リクエスト要求を受けた審判は迅速に判断して、判定を伝える必要があります。

しかし多くの場合2~3分程度で終わることがほとんどで、審判が焦って判断しなければならない場面はあまり多くありません。
リクエスト検証でも判定が難しい場合は、最初のジャッジがそのまま適用されます。

リクエストの判定

リクエストでの判定に対して、更に抗議することはできません。しつこく抗議した場合には、退場が命じられることもあります。

【リクエスト】検証後に激怒の猛抗議で緒方監督が退場!

例えば、巨人対広島戦では1塁でのプレーに関するリクエスト判定に対して猛抗議した緒方監督が退場となっています。

リクエストでのビデオ判定が正しいかどうかに関係なく、リクエスト検証の後に抗議することは認められていません。
・リクエストは1試合で最低2回
・リクエストは失敗すると回数が減る
・リクエストの検証時間は1回5分以内
・リクエストによる判定に抗議できない

プロ野球のリクエスト制度の具体例

リクエスト成功の具体例:ヤクルト対阪神

具体的なリクエストの事例を解説していきます。初めはリクエストが成功した事例です。
46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは自陣ペナルティーエリア内での守備者のファウルに対して、退場、ペナルティーキック、次節出場停止の三つの罰が同時に適用されることをいいます。近年、ルール改正によって三重罰は適用されにくくなりましたが、ビデオ判定が導入されたことで判定の難解さが増しています。
hoedama1 | 1,620 view
ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは、打者が打ったボールが鋭く後ろに逸れ、直接キャッチャーが捕球したことを意味します。ファウルチップになった場合は、空振りと同じ扱いとなります。打者がツーストライクと追い込まれた状況であれば、空振り三振となり、アウトになります。
Anonymous | 4,242 view
ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは、先発投手を温存させ中継ぎのリリーフ陣のみで1試合投げ切る作戦です。メジャーリーグ(MLB)で定着しつつある作戦で、プロ野球でも2019年シーズンにブルペンデーを採用する球団が出てきました。ブルペンデーを活用することで、相手打線を翻弄させる意味・効果があります。
Anonymous | 11,855 view
プロ野球の予告先発を簡単に確認する方法とは?明日の先発はだれなのか?

プロ野球の予告先発を簡単に確認する方法とは?明日の先発はだれなのか?

プロ野球の予告先発とは先発投手を事前に発表することです。日本野球機構(NPB)によって先発予告の発表は行われます。予告先発を確認する方法は、日本野球機構・スポーツ情報サイト・球団のSNSがあります。また予告先発のローテーションの確認方法はスカパーやプロ野球Freakとなります。
YUKIE | 1,144 view
ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは、バスケットのドリブル時のヴァイオレーションの1つです。ダブルドリブルは、オフェンス側の反則で、安易なミスではなく、絶対してはいけないミスです。連続的なドリブルをするなかで、ドリブル終了後に再度ドリブルをする反則のダブルドリブルのルールの基準を理解しましょう。
MARUO KAZUHIRO | 5,172 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kimura kimura