2018年12月9日 更新

ランニングで痩せないのはなぜ?痩せるための9つのコツ【ダイエット】

「理想のスタイル」や「理想の体重」を目指し、ダイエットにランニングを取り入れている方も多いのではないでしょうか?しかし、そんな努力をしているにも関わらず、なかなか痩せられないという方も少なくありません。この記事ではその理由と痩せるための9つのコツを解説します。

  
76 view お気に入り 0

走っているはずなのに?ランニングで痩せられない7つの理由

ys_bodymake&beauty on Instagram: “#腹筋女子 ❤️ もともと少しあった腹筋をどこまで割るかが勝負! . 周りから「昔、太ってたなんて信じられない…」って言われるようになる! . 実際、10kg以上太っていたから…😢😢 . 本気出したら人間なんでもできる! 何歳からからでもできる! できないなんてただの言い訳……” (62636)

ダイエットにランニングを取り入れ、できる限りの努力をしている方も多いのではないでしょうか?しかし、その努力もこれから紹介する走っても痩せない7つの理由を知らなければ、水の泡になってしまう可能性が高くなってしまいます。反対にその原因を知り、セルフチェックを行うことで、小さな努力で思い通りの結果を体感することができるはずです。

消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多い

cocco on Instagram: “今朝はやっぱりな体重。 なんとか火曜日には61キロを下回りたい!  けど今日はお昼はマックで 夜はすき焼き‼️・ ・ 朝イチで息子の七五三の ご祈祷をしてもらって 帰ってきて着替えたら お昼はマックでドライブスルーして 海辺でピクニック🎵・ 1日お出かけして疲れたので…” (62639)

当たり前のことと思われがちですが、消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多くなるとダイエットのためにランニングをしているのにも関わらず、体重が増えていってしまう原因となります。しかし、痩せない多くの方が運動した自分へのご褒美として、食事の回数を増やすというスパイラルに陥りがちです。ついつい自分にご褒美を用意してしまう方は、なぜランニングをしているのかを今一度明確にしましょう。

脂肪が減った分筋肉が増えている

ダイエットにランニングを取り入れる際は、少なからず体重が増えてしまう可能性があることも頭に入れておくべきです。特に体重を減らすことを決心するまで運動をする毎日の習慣がなかったという方は、時間の経過とともに体重が増えていく原因となることも考えられます。実は、脂肪と筋肉は同じ体積でも重さが違い、筋肉は脂肪の1.2倍の重さがあります。そのため、ランニングの成果として、筋肉の増加したことで身体が引き締まっているにも関わらず、体重だけに目が向いてしまう方は走っても痩せないという誤解をしてしまいがちです。

全身の筋肉をうまく使えていない

全身の筋肉をうまく使えてない状態のランニングも、せっかくの努力を水の泡にしてしまう原因の1つです。特に「お腹周りをすぐに引き締めたい」と考えている方ほど、走っても痩せないと感じてしまい、習慣化するまでのモチベーション維持が難しく感じらてしまいます。ランニングには筋肉量を増やし、全身を引き締める効果が期待できるものの、内臓から遠い部位から痩せていく傾向が知られています。足首や手首が引き締まり始め、その後にふくらはぎや二の腕、そしてお腹周りという順番で痩せていくことを知っているだけで、小さな変化に気付くことができるでしょう。

ダイエットのためのランニングを行えていない

ダイエットのためという目的でランニングを行えていないことも、痩せない大きな理由になることがあります。ランニングを始めた段階では多くの方が、体重を減らす、理想のスタイルを手に入れるといった目標をもっているため、身体の変化にまっすぐに向き合うことができます。しかし、走ることが毎日の習慣となった後は、ストレス発散やひとりの時間を設けることが目的になってしまうことが少なくありません。
なぜダイエットにランニングを取り入れたのかを再確認することで、手に入れたい成果がどんなものだったのかを思い出すことができ、結果を体感するまでの時間を短縮することができます。

効果を見込む期間が短すぎる

みさ on Instagram: “おはようございます✨  昨日体重載せ忘れました😭 そして今日は久しぶりの最低値! 嬉しいけど今日は調子に乗らないようにしなくちゃ💦  服薬の影響がどう出るのかわかんないから無理はしすぎず、食べ過ぎないように!  #ダイエット #ダイエット日記 #ダイエット仲間募集中…” (62644)

みなさんは、ジョギングダイエットに必要な期間がどのくらいかをご存知でしょうか?実は、適切な期間が設けられていないことが、走っても痩せないと感じてしまう原因となっていることも少なくありません。もちろん、長い期間をかけて、努力をすることが精神的なストレスになることもありますが、3ヶ月間の期間を設けて、身体の変化を楽しむような取り組み方が理想的です。3カ月の期間を決めることで、効果を実感できない際のセルフチェックの機会を設けることができるため、無駄な努力をするストレスを軽減することにも繋がります。

ランニング以外の時間を活用できていない

ダイエットのためのトレーニングとしてランニングを取り入れている方が多いものの、それ以外の時間を有効活用できていないことが原因で痩せないという方も珍しくありません。実はどんなに頑張って運動を習慣化したとしても、24時間のほんの少しの時間しか活用できておらずことが痩せない理由になってしまっています。そんな方は身体の仕組みを理解することで、その他の時間を活用する意味を見出すこと大切です。
睡眠中や食事中の時間は体重を減らすために活用できる時間であるため、私生活をどのような姿勢で過ごしているかをセルフチェックしてみることで、痩せないというマインドから脱却し、小さな努力を積み上げていくことができるでしょう。

ダイエットに必要な栄養素が足りていない

Paprika Salad Food · Free photo on Pixabay (62703)

ダイエットと聞くと「とにかく太ってしまう栄養素を減らそう」と考えてしまいがちですが、痩せるためには必要な栄養素を摂取する必要があり、極端な食事制限はより痩せない身体へ近づいてしまうことになります。さらに、代謝を高める効果のある栄養素を増やすことで、リバウンドしにくい身体づくりを行うことができ、努力の成果が無駄になってしまう可能性を低下させることになります。
また、ある程度の期間が必要とはなるものの、栄養素のバランスが整った身体はランニングなどの積極的な運動の効果を大きくしてくれる働きも期待できます。体系や体重以外にも、疲労感や睡眠不足、お肌のトラブルといった悩みを抱えている方は、ダイエットに必要な栄養素を意識してみると良いでしょう。

ランニング痩せられない人が意識すべき9つのコツ

とんそく on Instagram: “おはようございます☀️ やっとこ起きて洗濯開始して、これから本日1食目に取り掛かります🍽 . . 昨日は楽しくてちょっと飲みすぎちゃいました… 若干の二日酔いなのか、頭痛が… もう、若くはないって言う証拠ね。。。 . . .  #diet  #ダイエット  #ダイエット中…” (62706)

走っているはずなのに痩せない理由を知ったあとは、痩せるために意識すべきコツを把握していきましょう。「痩せる」と決めた直後はモチベーションが続き、ランニングなどの行動を起こすもの苦にはなりませんが、ダイエットには持続性が必要です。
ランニングダイエットの効果を体感することが、次の行動を起こすための力となるため、これから解説するランニング痩せられない人が意識すべき9つのコツをしっかりとおさえ、効果を体感するまでのスパンを短縮していきましょう。

摂取カロリーと消費カロリーを計算する

まつもと さえり on Instagram: “(σ*´∀`) 私の #ダイエットノート です。 これは、一週間ごとに記録してます。 たまには下着の色を変えようかな(笑) みんな赤(笑) * 내 다이어트 노트예요. 이건 일주일마다 기록하는 노트예요. 가끔은 옷을 바꿔볼까 해요 ㅋㅋㅋ * #다이어트 #노트…” (62708)

59 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

PuG88 PuG88