2018年5月6日 更新

バドミントンコートのサイズや大きさ!シングルとダブルスの違いは?

バドミントンのコートの大きさは、シングルスとダブルスでコートの大きさが変わるスポーツです。 バドミントンのコートの中には線が何本もある上に、競技の形式や試合の局面によって、コートの使い方は異なるので、初心者の方は戸惑うことと思います。 コートの使い方をしっかりマスターするために、バドミントンコートの大きさ、サイズに関してまとめておきます。

  
35,478 view お気に入り 0

バドミントンのコートとは?

バドミントンのコートは、体育館によくある、長方形のコートのことです。

バドミントンのコートの大きさは、シングルスとダブルスでコートの大きさ、使用するラインが変わります。

コートの中にたくさんラインがあって、戸惑う方も多いと思います。コートに関することが分からないと、十分に競技を楽しめませんよね。

ここでは、バドミントン初心者の方のために、バドミントンのコートの大きさ、サイズについて詳しく解説していきます。また、コートの広さを覚えるコツも紹介していきます。

シングルス、ダブルスの違い、サービスのときとそれ以外の時のコートの大きさとサイズ、広さの違いもしっかりマスターして、思い切りバドミントンを楽しみましょう。

バドミントンのコートの概要

Free photo: Badminton, Sport, Rocket - Free Image on Pixabay - 1196085 (10755)

バドミントンのコートは長方形で出来ており、それをネットで半分に分けてプレイします。自分が受け持つコートの広さは長方形の半分になります。

ネットと垂直の方向のラインを縦、ネットと平行の方向のラインを横とすると、縦5本のラインと横6本のラインから構成されています。それぞれに正式な規格があります。

バドミントンではこの合計11本のラインを、シングルス、ダブルス、それぞれのサービス時で使い分けてプレイします。ここがポイントで、バドミントンのコートは競技形式や、試合の局面によって使うラインが異なり、それによってコートのサイズ、大きさ、広さも変わってきます。使用するラインが変わることで、コートの寸法も変わるということです。

例えば、ダブルスをプレイするときは一番外側の縦のラインを使い、シングルスをプレイするときは一本内側の縦のラインを使う、といったように、競技形式によってコートの幅の大きさが変わってくるわけです。

それでは、このバドミントンコートのポイントをこれからしっかり抑えていきましょう。

バドミントンのコートに関する競技規則

バドミントンルール大百科 (10753)

大体どんなスポーツでも同じことですが、バドミントンのコートにも正式な規格というものがあります。コートのサイズや寸法が違っていたら、試合をすることが出来ません。正式な規格と広さが違ったら競技にならないですよね。

コートのラインの長さは全て規格が決まっていて、まず、長方形の長い辺、縦のラインの長さは13.4mと決められています。次に、長方形の短い辺、横のラインの長さは6.1mと決められています。

ちなみに、コートのラインは正式な規格、寸法に従ってビニールテープなどで引かれますが、そのラインの幅(ラインそのものの幅)は40mmと決められています。

また、ラインの色は容易に見分けやすいものが推奨されています。
公式大会などでは大抵の場合白色が採用されています。規格として、暗い色は判別しにくいのでNGです。

バドミントンのコートのサイズ

バドミントンのコート (10756)

バドミントンのコートのサイズ、大きさは競技の形式によって異なります。

各ラインの長さが変わるわけではありませんが、シングルスのをプレイするときと、ダブルスをプレイするときで使用するラインが異なるのがポイントです。シングルスとダブルスでコートの寸法が異なるのもこのためです。

シングルスの場合、縦の線は内側のものを使用するので、
コートのサイズ、広さは、縦の長さ13.4m × 横の長さ5.18m = 約70平方メートルということになります。

ダブルスの場合、縦の線は外側のものを使用するので、
コートのサイズ、広さは、縦の長さ13.4m × 横の長さ6.1m = 約82平方メートルです。

2人対2人であるダブルスのほうが、1人対1人のシングルスよりコートのサイズ、大きさが大きく、広さが違う、ということを覚えておきましょう。

バドミントンのコートのライン

バドミントンのコート (10761)

バドミントンのコートのラインには、それぞれの名前があります。
競技をする上でも、審判をする上でも、覚えておきたいところです。

縦のラインについては、一番外側のラインがダブルスのサイドライン、一本内側のラインがシングルスのサイドラインです。残りの真ん中に引かれているラインが、センターラインです。

横のラインについては、一番外側のラインがシングルスのロングサービスライン、一本内側のラインがダブルスのロングサービスラインです。ネットに近い二本のラインはショートサービスラインです。

たくさんラインがあってすぐには覚えづらいですが、ラインごとに長さが決まっていますから、名前を覚えておくとコートの寸法も頭に入りやすいかと思います。

ラインによって変わるコートの広さとも合わせてしっかり抑えておきましょう。

バドミントンのコートの各部名称

Free vector graphic: Volleyball, Net, Red, Beach, Sports - Free Image on Pixabay - 33404 (10766)

バドミントンのコートには、ライン以外にも各部に名称があります。プレイ前やプレイ後にコートの整備をすることも多いと思います。円滑な整備のために、各部名称を抑えておきましょう。

まず、ネットを立てるために使用する二本の支柱はポストやポールと呼ばれます。
使用するポストの長さは規格として決まっていて、コート面から1.55mの高さのものを使用すると決められています。

次に、2本のポストを使って張るネットも規格として、暗い色であり、
15mmから20mm程度の小さな網目のものを使用すると決められています。

また、ネットの丈は760mmで幅は少なくとも6.1m以上あるものを使用すると決められています。これはコートの横の幅より、大きな幅のネットを使用しないといけないということが規格として決められているということです。

コートの広さとライン以外にも正式な寸法、規格があるので間違った使い方をしないよう覚えておきましょう。

バドミントンのコートの使い方、試合の流れ

Free photo: Boy, Badminton, Portrait, Play - Free Image on Pixabay - 554643 (10768)

バドミントンコートのサイズ、ラインの長さや正式な寸法や規格、各部名称を覚えたら、
次はコートの使い方を試合の流れに合わせて覚えていきましょう。

バドミントンのコートの使い方は大きく4つに分けられます。それはシングルスのサービスのとき、シングルスのラリー(2球目以降)のとき、ダブルスのサービスのとき、ダブルスのラリー(2球目以降)のときです。

また、相手と自分の点数によってサービスを打つ位置が変わります。

実際の試合のときに困らないよう、試合の流れ、コートの使い方をしっかり抑えましょう。

シングルスのプレイエリア

 (10955)

バドミントンのシングルスは1人対1人で行う競技形式です。

シャトルを打ち合って、内側の縦のラインと、外側の縦のラインで囲った四角の中にシャトルが落ちればインとなり、1ポイント入ります。縦のラインは内側ですが、横のラインは外側ということに注意しましょう。

内側の縦のラインより外は、ダブルスでしか使用しないので、シングルスの時はないものと考えてもらって結構です。

シングルスのコートは面積はダブルスのコートよりもサイズは狭く、幅も狭いのですが、一人でコートを守ることになるのでダブルスよりも広さは広く感じます。

縦に長い寸法なので、それを頭に入れておくと戦略に生かせるかもしれません。

シングルスのサービス時プレイエリア

 (10957)

47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テニスコートの種類とそれぞれの特徴とは?【気になる疑問を解決】

テニスコートの種類とそれぞれの特徴とは?【気になる疑問を解決】

初心者から中級者の方々にとって、テニスコートの種類や各コートの特徴について、気になる疑問などを抱えていませんか?ここでは、テニスコートの主な5種類の解説と、それぞれのコートの特徴・プレーする上で気を付けたいことを、わかりやすく解説しまとめています。
園城寺 希 | 1,118 view
サッカーコートのサイズや面積!長さや寸法などの情報まとめ

サッカーコートのサイズや面積!長さや寸法などの情報まとめ

サッカーコートの各エリアについて、その広さや長さ等のサイズに関する規格をまとめました。また、そもそものサッカーの試合場の各種呼び方(ピッチ、コート、フィールド)についても解説。さらに、サッカーコートの作り方についても説明しています。
onomine777 | 7,982 view
ハンドボールのゴール特集!サイズやネットから固定方法など【情報まとめ】

ハンドボールのゴール特集!サイズやネットから固定方法など【情報まとめ】

この記事では、ハンドボールに使用されるゴールの大きさや厳密な規格、ネットの取り付け方法や値段についてご紹介します。ハンドボール初心者の方でも簡単にゴールの設置ができるように、動画を交えて説明させていただきます。
Act | 3,248 view
ハンドボールコートの大きさ・広さと作り方【気になるポイントとは?】

ハンドボールコートの大きさ・広さと作り方【気になるポイントとは?】

この記事ではハンドボールコートの大きさ、広さ及びその作り方について紹介していきます。 ハンドボールを始めようと思っている方、学校の部活でハンドボール部の顧問になった方などのハンドボールが初めて向けに作成させていただきましたので、参考にしてください。
sayusayuman1031 | 3,143 view
ドッジボールのルールブック!審判や線審・試合時間など簡単に説明

ドッジボールのルールブック!審判や線審・試合時間など簡単に説明

この記事ではドッジボールの簡単なルールを説明します。 ドッジボールは小学校の体育の時間などでよく行われる球技で、場所によってルールが異なり、曖昧なルールでおこなわれていることが多いのが事実です。そんなドッジボールのルールをまとめて紹介します。
sayusayuman1031 | 74,789 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ratinalife01 ratinalife01