2019年1月3日 更新

バドミントンコートのサイズや大きさ!シングルとダブルスの違いは?

バドミントンのコートの大きさは、シングルスとダブルスでコートの大きさが変わるスポーツです。 バドミントンのコートの中には線が何本もある上に、競技の形式や試合の局面によって、コートの使い方は異なるので、初心者の方は戸惑うことと思います。 コートの使い方をしっかりマスターするために、バドミントンコートの大きさ、サイズに関してまとめておきます。

  
89,509 view お気に入り 0
サービスは、ラリーを始めるときの最初の一球目のことを指します。

シングルスでサービスを打つときは、画像のような黄色のエリアの中、シングルスのプレイエリア内かつ、センターラインとショートサービスラインの内側にシャトルを入れる必要があります。ラリーの時よりも広さは狭くなるので注意しましょう。

サービス権はラリーで点数を取ったほうに与えられます。自分の点数が奇数のときは左側から、自分の点数が偶数のときは右側からサービスを打ち、相手はその逆の側(対角線)に立ってサービスを受けます。

サービス時のコートの使い方はバドミントンをする上で必須の知識です。
分からないときは上記画像を参考にしてみてください。

ダブルスのプレイエリア

 (10958)

バドミントンのダブルスは2人対2人で行う競技形式です。
ラリー中はコート全体を使って長方形のコートの中どこにシャトルが落ちてもインとなります。そのため、シングルスに比べて、コートの幅が大きくなり、コートのサイズが大きくなります。

コートが単純に大きく、幅が大きいのですが、このコートを二人で守ることになるので、実際はプレイをしていてシングルスの時のほうがコートのサイズも大きく、幅も大きいと感じます。

コートの四角の中のどこにシャトルが入ってもインなので、プレイをするときにも審判をするときにも分かりやすいですね。横に長い寸法なので、シングルスと同様それを頭に入れておくと戦略に活かせるかもしれません。

ダブルスのサービス時プレイエリア

 (10959)

サービスに関してはダブルスの場合、シングルスのサービス時と比べて、幅が大きくなり、縦に狭くなります。

ダブルスのサービス時は画像の黄色いエリア、ダブルスのプレイエリア内かつ、ショートサービスライン、センターライン、ダブルスのロングサービスラインの内側にシャトルを入れる必要があります。シングルスと同様ラリーのときよりも広さが狭くなるので注意しましょう。

ちなみに、ダブルスのサービスは二人で交代しながら打ちます。点数を取ったとき、前回サービスを打ってない方の人がサービスを打ちます。サービスを打たないほうの人は、基本的にコートの後ろのほうで構えます。サービスを同じ人が連続で打つことはないので注意しましょう。

シングルスとダブルスの違いまとめ

Free photo: Badminton, Bat, Ball, Balls - Free Image on Pixabay - 2646916 (10795)

バドミントンのコートは、シングルスとダブルスで使い方が変わります。

シングルスの場合、縦のラインは内側のものを使ってプレイするので、コートの幅が狭くなり、縦に長くなります。そのため、前後の動きが多くなります。また、一人でコートを守るので、基本的に真ん中付近にポジショニングすることになります。

ダブルスの場合、縦のラインは外側のものを使ってプレイするので、コートの幅が広くなり、横に長くなります。そのため、左右の動きが多くなります。二人でコートを守るので、左右に寄ったり前後に寄ったポジショニングをしてプレイします。

シングルスとダブルスではコートの大きさが変わり、それによってそのコートの使い方が変わるということを覚えておきましょう。

バドミントンのコートの覚え方1

バドミントンのコートの使い方は、競技形式やプレイの局面によって異なり、初心者の方には複雑で覚えづらいかもしれません。プレイをしていて、とっさにどのラインを使えばよいのか迷ってしまうこともあるかと思います。

バドミントンのコートを覚える一番の方法は、線審をさせてもらうことです。
線審というのは、コートの角に陣取って、ラインぎりぎりに落ちたシャトルがインかアウトかを判定する審判のことです。最初は仲間内の試合などを、経験者の方についてもらいながらでも良いので線審をしてみることです。

線審はどのラインを見ればいいか分かっていないと出来ませんし、意識して他人のプレイを見ることで、バドミントンのコートの使い方を効率よく覚えることが出来ます。

バドミントンのコートの覚え方2

バドミントンのコートの覚え方のもう一つは、やはり実際に試合をやってみることです。

初心者の頃はサーブが上手く打てなかったり、コートのどこからサーブを打つのか分からなかったり、どのラインを基準にして動いたらいいのか分からなかったりします。

もちろん、それらコートのことをを先述の線審をするなどして覚えるのことも良い方法ですが、やはり実際に試合をしてみて体験するとすぐに身体が覚えてきます。

線審などで見てみてぼんやりと分かってきたら、最初のうちは技術がなく試合にならないかもしれませんが、それでも一度通して試合をやってみることをお勧めします。

バドミントンのコートの広さを知る為のコツ

バドミントン初心者の方は、コートの大きさが把握しきれていない悩みを持っているかもしれません。

バドミントンを始めたばかりの頃は、アウトだと思って見逃した球が完全にインだったり、サーブを打つ場所を間違えるということが多々あるかと思います。これは、コートの広さを把握し切れていないことによるミスです。

コートの大きさ、広さを把握する為には、練習を積むしかないのですが、
中でも、試合の流れをイメージしながらのフットワーク練習がお勧めです。

例えば、サーブを打って、ラインぎりぎりに打たれたシャトルを拾って、点数を取ってまたサーブを打つ、といったような実際の試合の流れを意識したフットワーク練習をすること。この練習をすることによって、動く距離の長さを覚え、コートのサイズの大きさが把握できていないことによるミスが減ってくるかと思います。

また、寸法を頭に入れておくことも大切です。シングルスのコートは縦に長い、といったように大体の寸法を覚えておけば、咄嗟の判定にも役立ちます。

審判をする上でのコツ

Free photo: Whistle, Png, Attention, Warning - Free Image on Pixabay - 2496555 (10800)

バドミントン初心者の頃は、審判を任されても試合中コートのどこを見ていたらいいのか、どのラインを見ていたらいいのか咄嗟に分からなくなることが多いと思います。

こればかりは、コートの正式寸法や規格、サイズの大きさを覚えていても対処できないことがあります。

しかし、コツを覚えることである程度解決することが出来ます。

審判をする上でのポイントは、試合の局面で、選手が何を狙っているか選手の気持ちになって考えてみることです。

例えば、シャトルが高く上がった場合、選手は大抵の場合上から強く打ちつけるスマッシュをラインぎりぎりを狙って打つ可能性が高くなります。その時、狙われるであろう場所を気持ち注視しておくと、プレイを見逃すことが減ります。

選手が何を考えてるか想像して、見るポイントを絞ることが大切です。

まとめ

Free photo: Badminton, Shuttlecock, Sports - Free Image on Pixabay - 166405 (10802)

いかがでしたでしょうか?

バドミントンのコートのサイズや広さ、ラインの長さや寸法、規格、使い方を覚えることで、競技の特性を覚えられたり審判が出来るようになって、よりバドミントンは楽しくなります。

また、シングルスとダブルスのコートの大きさの違いを利用して戦略を考えれば、あなたの試合の勝率も高まっていくかもしれません。戦略を考える上でコートの幅の違いや、使用するラインの違いは非常に大きな要素となってきます。広さを把握することで動く距離の長さを覚え、ミスも減るでしょう。

正式な寸法、規格、各部名称や道具の使い方を知ることで、大会の運営にも携われたり、初めて訪れるチームの中でもすんなりと馴染めたり、といったことがあるかもしれません。

コートのサイズ、大きさに関する知識はしっかり抑えて、これからもっとバドミントンライフを楽しんでいきましょう。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ドッジボールのコートとは?大きさやサイズを世代別に解説

ドッジボールのコートとは?大きさやサイズを世代別に解説

ドッジボールのコートには、日本ドッジボール協会で定められた公式サイズが存在します。年代や世代によってコートの大きさが違うのがドッジボールのコートのポイントです。大人も子どもも楽しめるドッジボールの、公式なコートのサイズを知っておきましょう。
トラマル | 34 view
バレーボールのコートの広さ・サイズはどのくらいなの?気になる疑問を解決!

バレーボールのコートの広さ・サイズはどのくらいなの?気になる疑問を解決!

バレーボールのコートのサイズは、コート全体だと9×18mで、ネットを挟んで9×9mが自分のチームのエリアとなります。コート自体のサイズ以外にも、ラインなど様々な規定のサイズが存在します。今回はバレーボールのコートの大きさやコートのラインなどのバレーボールのコートに関して詳しく説明します。
まる蔵 | 173 view
フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートサイズとは?気になるゴールの大きさとは?

フットサルのコートは国際試合のコートサイズ規定があり、それは日本に存在している多くのフットサルコートのサイズとは異なりがあります。また、フットサルのゴールのサイズについてもサッカーとの比較などを通じてよりイメージしやすいように紹介します。
nosedori | 642 view
アジングラインは何をつかう?PE・フロロ・ナイロン・エステルを比較

アジングラインは何をつかう?PE・フロロ・ナイロン・エステルを比較

あなたはアジングに最適なライン選びを、何を基準にして選んでいますか?ここではアジングにぴったりなライン選びを、PE・フロロ・ナイロン・エステルを比較しながらご紹介します。ライン選びで悩んでいる初心者の方は必見です。
C.C.XY | 1,290 view
テニスコートの大きさとは?面積やサイズなどをしっかり知ろう!

テニスコートの大きさとは?面積やサイズなどをしっかり知ろう!

テニスコートの大きさについて、サイズ(寸法)、面積についてご紹介しましょう。普段はコートの大きさ・サイズを意識することはほぼありませんが、これを機会に確認してみましょう。初心者の方も今後テニスをプレーする上できっと参考になるはずです。
園城寺 希 | 28,352 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ratinalife01 ratinalife01