2019年2月17日 更新

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの違いとは?特徴をしっかり理解しよう!

ツイスト、キック、スピンサーブは、硬式テニスのセカンドサーブとしてよく用いられます。それぞれのサーブで打ち方や回転、弾み方などが違うため、シーンに応じた使い分けが重要です。ツイスト、キック、スピンサーブの違いと特徴を解説していきます。

16,523 view お気に入り 0

ツイスト、キック、スピンサーブのそれぞれの特徴とは?

硬式テニスでは、できるだけ相手に打たれにくいサーブを打つために、ラケットでボールに回転をかけたサーブを打つことが多々あります。

一般的にツイストサーブ、キックサーブ、スピンサーブの3種類があり、弾み方や回転の方向、打ち方や持ち方、体の向きや足の位置の違いからそれぞれ異なる名前が付けられています。まずはそれぞれのサーブの特徴とは何かを理解し、コツを掴みましょう。

ツイストサーブの特徴

 (68713)

回転 ラケットを右上へ振り上げるため、スクリュー回転がかかる
軌道 体をひねり、ラケットを右上方向へ振り上げるため、やや山なりの軌道を描く
弾み方 サーバーの利き手側へ弾む
ツイストサーブのツイストとはtwist(ひねる)という意味であり、打ち方や体の動きから名付けられたと言われています。後述するキックサーブと回転の仕方、軌道、弾み方がほとんど同じですが、体をひねって打つという打ち方に違いがあります。

キックサーブの特徴

 (69092)

回転 ラケットを右上方向へ振り上げるため、スクリュー回転がかかる
軌道 ラケットを右上方向へ振り上げるため、やや山なりの軌道を描く
弾み方 ツイストサーブの打った後と同様、サーバーの利き手側へ弾む
ツイストサーブとキックサーブはほぼ同じ球質です。ではなぜ2種類の呼び名があるのかというと、名付けられ方が違ったからです。
ツイストサーブは体をひねり繰り出されるサーブであるのに対し、キックサーブとはサーバーの利き手側へキックするという意味から名付けられています。

スピンサーブの特徴

Stunning Free Images · Pixabay (68716)

回転 サーバーの打った方向へまっすぐ回転がかかる
軌道 ラケットを振り上げるため、やや山なりの軌道を描く
弾み方 サーバーの打った方向へ高く弾み、硬式テニスでは、回転がかかるほど高く弾む
スピンサーブとは、回転がかかりながらも山なりの軌道で高く弾むサーブです。山なりの軌道でミスをするリスクを抑え、高く弾むことで相手に責められないサーブとして大きな武器となります。

ツイスト、キック、スピンサーブの特徴まとめ

 (68146)

硬式テニスにおける、ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブはそれぞれに回転の方向や弾み方、そして名付けられ方に違いがあります。

大きな違いとしては、ツイストサーブやキックサーブは利き手方向へ弾むサーブであるのに対し、スピンサーブは高く弾むだけのサーブであるということです。軌道に関しては、どのサーブもやや山なりを描きますので、セカンドサーブでミスをするリスクを抑えることができるのが特徴です。

ツイスト、キック、スピンサーブの打ち方の違い

 (70238)

ツイスト、キック、スピンサーブのそれぞれの打ち方をわかりやすく解説しつつ、ポイントやコツなどもチェックしていきましょう。
 (68719)

それぞれのサーブの打ち方の違いやコツを知ってもらうために、各サーブごとにスイング、トスの位置、身体の使い方の3つの項目を見ていきましょう。なお、グリップの持ち方は全て、上の画像のようなコンチネンタルグリップです。

ツイストサーブの打ち方

ATP TourさんはInstagramを利用しています:「Reaching new heights ⬆️ @jack.sock books his spot in the #NittoATPFinals semis with a pulsating win over Sascha Zverev . 📸: @thomaslovelock…」 (69589)

スイング 右利きの人は、時計の7時方向から2時方向へ振り上げるようにスイングする
トスの位置 右利きの人は、頭の後ろよりややネット側にあげるのがコツ
体の使い方 打つ方向に対し体や足の位置は横向き、体を反らし胸を張りながらスイングするのがコツ
72 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
Anonymous | 1,612 view
卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブとは、ボールを巻き込むようなモーションで打球するサーブです。巻き込みサーブの打ち方を、4種類に分けて紹介していきます。打ち方で気をつけるポイントは、同じフォームで違う回転を使い分けることです。さらに巻き込みサーブのコツは、体重移動を利用する、打球ポイントを意識する、長さとコースを工夫することになります。
Anonymous | 32,487 view
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
Anonymous | 2,631 view
ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

バレーボールのジャンプフローターサーブは、ジャンプして打つフローターサーブです。普通のフローターサーブよりもボールに変化がつき、レセプション側にとっては取りにくいサーブになります。確実に武器になるジャンプフローターサーブの打ち方を基礎からわかりやすく解説します。
まる蔵 | 4,368 view
バレーボールのサーブの種類と打ち方まとめ!コレだけ見れば丸わかり

バレーボールのサーブの種類と打ち方まとめ!コレだけ見れば丸わかり

バレーボールのサーブは、全てのプレーの起点となる大切なプレーです。バレーボールのサーブには様々な種類があり、それぞれ特徴や打ち方が違います。一番ポピュラーなフローターサーブからママさんバレーのサイドハンドサーブまで、それぞれのサーブの特徴や打ち方を解説します。
まる蔵 | 3,408 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act