2019年1月2日 更新

パルクールの練習方法!技とあわせて動画付きで紹介【初心者OK】

初心者でもできるパルクールの練習法をご紹介させていただきます。始めたばかりの初心者は、どんな練習をすればいいのか分からないと思います。そのためこの記事では、パルクールを始めたばかりの初心者ができるものを紹介していこうと思います。

12,621 view お気に入り 0

パルクールの練習前の注意事項

練習前の注意事項

練習前の注意事項

パルクールは危険が付いて回るので、プレイ前の安全確認は絶対に行ってください。
パルクールは、高低差のある場所からの移動や地面から体が離れるアクロバットをし、怪我をする危険性があります。パフォーマンスの際には練習場所、方法に細心の注意が必要になります。

もし、人通りの多いどころでパルクールの練習をした場合、歩行者とぶつかって相手に怪我を負わせたら、相手から損害賠償を請求される可能性もありますし、自身も骨折などの怪我をして、長期間パルクールをすることができないことも考えられます。

特に初心者は慣れていない分、周囲への配慮と安全確認を怠ってはいけません。

パルクール練習前のストレッチ

パルクールの始め方1-2ストレッチから始めてみよう!

全身のストレッチ
どんなスポーツでもそうですが、パルクールのパフォーマンス前と後のストレッチを忘れずに。
パルクールは動いている間全身を使った動きをするので、怪我の危険性が常についてきます。パフォーマンスをする前に、全身のケアとしてストレッチをして怪我の危険性をすこしでも下げる必要があります。また、ストレッチをすることで、全身の可動域が向上しパフォーマンスに切れも出てくるので、全身のストレッチをすることは、怪我の予防とパフォーマンスの向上が期待できる2度おいしいことなので、上級者から初心者問わずやるべきです。上記に全身ストレッチの動画を掲載させていただきますので参考にしてください。

パルクールの基本動作とは?

パルクールの基本

パルクールの基本

パルクールの基本技である。ランディング(技名)とPKロール(技名)をご紹介します。

ランディングとPKロールが基本動作!

パルクール初心者が必ず身に着けてほしい動作がランディングとPKロールです。

それは、高低差の移動やアクロバット時の着地で、体への負担を減らしてくれる技術なので着地の際に体を危険から守ってくれます。着地の際、負担を減らす技術を知らなかった場合、体への負担がもろに受けることになり、衝撃になれていない初心者はすぐに怪我をしてしまうと思います。

まず初心者はランディングとPKロールを確実に身に着けてから他の技を覚えていってください。この技を覚えると他の技にも入っていきやすくなるので、おすすめの技術になります。

パルクール技:ランディングの方法

PARKOUR ACADEMY (HOW TO LAND)

ランディング(技名)の動画
ランディングの動画です。パルクールの基礎的な技になるので確実に身に着けてください。
まず、パルクールの基礎的な技としてランディングの方法をご紹介します。ランディングは高低差のある場所から着地する際、膝と両手で衝撃を緩和するパルクールの基礎技になります。基礎的な技ですが初心者の方には初期の段階で必ず身に着けてほしい技になりますので確実にマスターして下さい。
1 着地の際、若干両ひざを曲げ、足裏の着地が確認できたら膝をしっかりと曲げて衝撃を殺します。
2 両足を曲げた後、両手で地面を押して衝撃を手でも吸収し、押した反動で上体を起こし、走り出します。
技を行った際、最初は衝撃が強く感じるかもしれませんので、最初は高低差の低いところで練習をして、徐々に高さを上げていってください。

パルクール技:PKロールの方法

PARKOUR ACADEMY (PARKOUR ROLL) Avoid hitting the hip and shoulder!

PKロールの動画
PKロールの練習動画です。パルクールの基礎的な技になるので確実に身に着けてください。
パルクールの基礎技PKロール方法をご紹介します。PKロールは高低差のある場所から着地した際、ランディングで衝撃を緩和させたのち、前方に回転することで。衝撃を下方向から前方に衝撃を移動させるパルクールの基礎技です。ランディングとセットで使える基礎技です。パルクール基礎的な技になるますので初心者の方は必ずマスターして下さい。
 1 ランディングで衝撃を緩和させる。
 2 片方の手を地面につけて、もう片方の手は地面と平行につけます。
 3 つけた手の方から回転していきます。回転する際の地面につく順番は
手→背中→腰→尻→脚
の順になります。柔道の受け身と考えて頂ければ分かりやすいと思います。

パルクール基礎技の練習方法

パルクール技名:ランディングの練習法

ランディング練習方

ランディング練習方

パルクールの基本技 ランディングの練習方法の紹介。
パルクール初心者の方は、いきなり高低差のある場所で練習するのではなく、低い位置か
らの着地を練習して下さい。慣れてきたら、高い場所での練習に移行して頂ければいいと思
います。
 また、練習する際は、まずイメージトレーニングをして、着地してから衝撃を殺すまでの動きを考えて練習します。
その後、実践に入っていきますが練習する際は動作を意識して、着地したら膝を曲げる→次はしっかり膝を曲げる→両手で地面を押して衝撃を緩和させる
と頭の中で考えながら練習すると身に付きやすいと思いますので実践してみてください。

パルクール技名:PKロールの練習法

PKロールの練習方法

PKロールの練習方法

PKロールの練習の際は、最初はコンクリートなどの地面でなく、畳で練習する方がいいと思います。
 いきなりコンクリートの地面でやってみると要領が分からないですし痛いです。一回目の練習でもう二度としたくなることが考えられますので、最初は柔らかい畳での練習がいいと思います。
 また、練習の際もイメージトレーニングをしっかり行った後、PKロールの動作を意識して
  片手を地面につける→前に体重を移動して開店する→順番は背中→腰→尻→脚
と意識すると覚えやすいので実践してみてください。

パルクールの練習場所

練習場所①芝生

49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクール練習方法を、瞬発系、反応系に分けて、瞬発力が必要な理由、反応力が必要な理由、そしてその2つの能力をどの様に向上させればいいのか、などを、初心者から中級者のパルクール実施者に向けて、詳しく紹介していきます!
みかん🍊 | 2,039 view
パルクールの練習場9選!首都圏や関西地域でできる場所はどこ?

パルクールの練習場9選!首都圏や関西地域でできる場所はどこ?

パルクールの基本的な練習場から、首都圏内の有名な男性パルクールパフォーマーが開設に携わっているパルクール練習場や、大阪などの関西地方にある、数々のメディアに取り上げられている練習場を合計9箇所を紹介していきます!
みかん🍊 | 25,538 view
パルクールの練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

パルクールの練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

ジャンプ系パルクール練習方法を、パルクールに必要な基本的なジャンプ力強化方法に加え、基礎的なパルクール技、アクロバット技に、ジャンプ力強化方法で鍛えた技術を応用した練習方法で、習得する方法などを、紹介していきます!
みかん🍊 | 9,509 view
パルクール・フリーランニングの練習場所7選!

パルクール・フリーランニングの練習場所7選!

パルクール、フリーランニング初心者に向け、パルクールの基本的な練習場所から、パルクール専用施設の紹介、アクロバットスタジオの紹介まで、様々な練習場所を紹介しつつ、練習場所の探し方まで詳しく紹介していこうとおもいます!
みかん🍊 | 20,969 view
卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T | 695 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sayusayuman1031 sayusayuman1031
amazon