2018年8月11日 更新

スルーパスのやり方とは?練習方法とコツを解説【サッカー上達ガイド】

サッカーのスルーパスは、1つのパスで決定機を生み出したり、得点を奪うことができます。 このスルーパスは、出し手のパスセンスや技術力、そして受け手のタイミングの取り方など一人でできるもではありません。 チームとしてスルーパスが上手くなる練習方法を紹介します。

  
735 view お気に入り 0

サッカーのスルーパスとは?

サッカーのスルーパスとは、味方のいない場所へ出すパスです。サッカーでパスを出す基本は、味方選手の足元に出すか味方選手が走っていく方向に出します。パスは味方に繋ぐ意味があるからです。
またスルーパスは、味方の足元に合わせるパスではなく、スペースへ出すパスです。味方が走り込めるスペースを見つけ、そこに出すパスで味方選手が間に合うようなスピードで出すことが重要です。パスが通れば意味のあるパスとなります。練習からスペースを見たり周りの選手を見るコツを掴んでいけば、誰にでも出すことのできるのがサッカーのスルーパスです。

決定機を作り出せる

サッカーでスルーパスを通す事ができれば、1本のパスで決定機を作ることができます。サッカーのスルーパスとは、味方と意思疎通をすることで、ボールを運びたいスペースへパスを出すものです。タイミングと考えが合えば、たった2人でディフェンス陣を無効にしてしまうことができます。これによって、ゴールキーパーと1対1になる状況を作り出すことができるサッカーのスルーパスは、一種の魔法のパスと言えるでしょう。
またスルーパスとは、一瞬で決定機を作ることができるパスです。それゆえ初心者には難しいパスとも言えます。

ディフェンスの背後を狙える

サッカーのスルーパスとは基本的には、相手ディフェンスの裏を付くパスです。サッカーでは、ディフェンスの裏を狙うやり方には、浮き球で裏を狙うか、スルーパスを狙うかになってきますが、スルーパスの方がパスを受ける味方選手には受けやすく次のプレーがしやすくなるメリットがあります。
サッカーで一番得点が入りやすいのがディフェンスの裏になりますから、そこを1本のスルーパスで付くことができれば、とても大きなチャンスを生み出すことが可能です。

ディフェンスを無力化できる

[サッカー]試合でこんなスルーパス出してみたい集

サッカーでは、スルーパスを通す事ができれば、ディフェンスは自分のゴールを向かって走ることになり、非常に守りにくくなります。
サッカーのディフェンスのやり方は、ボールとマークを自分の前に置くことですから、スルーパスで背後を取られることはディフェンスの意味がなくなることです。ディフェンスの意味がなくなれば、どんなに屈強なディフェンスがいても関係ありませんから、一気にゴールを奪う可能性が出てきます。

味方との連携が重要

スルーパス

サッカーにおけるスルーパスを出すときに、味方の選手との意思疎通も非常に大事になってきます。
サッカーのスルーパスは、受け手と出し手のタイミングが合わなければ、ただスペースを抜けていくだけのパスです。普段からの練習で多くの味方選手と連携を高めておくことで、試合になっても感覚でスルーパスを通すことができます。練習では、上手くいかないときには、話し合うことができますから、練習でお互いの意思疎通ができるようにすることが大切です。

サッカーにおける効果的なスルーパスのやり方

サッカーにおけるスルーパスのやり方は、練習とコツを掴むことが重要です。
サッカーでスルーパスをするには、的確なキックができる技術を身に付けることと、周りの様子を見る能力、味方の能力を知る力が必要になります。スルーパスは、誰もいないスペースへボールを出しますので、極めて優れたサッカー眼が必要です。先の状況をイメージしてパスを出すことで、相手には反応されない決定的なパスを出すことができるようになります。

スペースを見つける目

【サッカー】これぞファンタジスタ!一撃必殺 マジックパス集!【神業】

サッカーでスルーパスを味方に出そうと思えば、スペースを見つけるだけの広い視野が必要です。サッカーのスルーパスを上達するためのコツは、どのタイミングでスペースを見つけることができるかになります。
スルーパスは1人の選手だけを見ていては出すことができないので、常に周りの状況、またスペースの有無や相手選手の動きも把握することで効果的なスルーパスを出すことが可能です。1度やり方を覚えると気持ち良く出すことができるのが、スルーパスの醍醐味となります。

味方の動きを確認する

kyane on Instagram: “. World Cup 2018 July 3 🇯🇵日本vsベルギー🇧🇪 . 1点目 柴崎選手ーー→原口選手 驚き!喜び!感涙! . 2点目 もしかして!いける!? . . . あまくないですね😭 でも いい夢見させてもらいました ありがとう‼️🇯🇵 .…” (44949)

サッカーでスルーパスを通すには、味方の動きを常に確認しておく必要があります。スルーパスのやり方として、味方選手とタイミングが合わないと成功しません。そこで、サッカーのスルーパスを上達するには、常に味方の動きを見ておくことが重要です。
サッカー初心者であれば、近くの味方選手しか見えないので、その選手の足元にパスを出してしまいます。しかし、スルーパスのやり方はスペースにパスを出すので、味方選手だけを見るのではなく動きを見てスペースへ走りだしていれば、そのスペースを感じてパスを出すことが大切です。

味方が受けやすいパスの選択

サッカーでスルーパスのコツとしては、味方が受けやすいパスを選択することです。
スルーパスの上達には、パスの質が何よりも重要になります。ただスペースへパスを出すだけでは意味がなく、初心者の頃からパスの練習をするときに色々なパススピードのキックを練習したり、多くのキックの蹴り方を練習することでスルーパスのやり方も多彩になってくるのです。
味方が受けやすいパスを出してこそ、スルーパスは意味を持ってきます。

サッカーのスルーパスを成功させるためのポイント

サッカーでスルーパスを出すには、キックの質がとても重要になります。キックの質は、練習することで高めることが必要です。初心者の頃から1つずつのキックを確認して、強弱をつけるようなやり方をしていけば、自然と多彩なキックができるようになります。
パスは練習を繰り返すことでコツを掴むことができますので、色々なキックの練習をすることで技術を上げて引き出しを増やすことが重要です。キックのやり方は、基本はありますが自分の蹴りやすさを追求することも重要になります。

グランダーのパス

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000