2018年5月6日 更新

バドミントンフットワーク特集!練習方法や速くする方法のコツ

バドミントンでは、フットワークが勝利の決め手になります。フットワークを速くする方法、ステップの練習方法、フットワークに効果のある筋トレなどをまとめてご紹介します。バドミントンでもっと強くなりたい方は、ぜひご覧ください。

  
35,423 view お気に入り 0

バドミントンのフットワーク

バドミントンのフットワークは、バドミントンにとって重要なテクニックです。足運びを速くすることで、相手のあらゆるショットへの対策をとることができます。

バドミントンのフットワークが遅いと、どんなに強いスマッシュを打てても、勝つことは難しいでしょう。

前後左右のステップを速くするためには、スピードアップのためのフットワークの基本を学ぶ必要があります。
バドミントン特有のフットワークの練習方法や、フットワークに効果的な筋トレ方法をご紹介します。

バドミントンフットワークの基礎

前後左右へのフットワークを速くする

バドミントンのフットワークでは、自分を起点とした前後左右と、それぞれの斜め方向に対する動き方を考えます。
縦横3マスずつ並んだ格子状の正方形を考えてください。その中央のマスに自分がいることを想像しましょう。
それぞれのマス目に対して最も速く到達できる足運びを学ぶ。
それがバドミントンのフットワークに対する考え方の基本です。

コートに対する自分の場所を認識する

Instagram (15907)

バドミントンでは、相手のショットを打ち返し続けることが勝利に繋がります。
つまり、自分が打てないショットをゼロに近づけることが勝つために必要なのです。
フットワークを速くすることで、コートの中に自分の死角を作らないようにします。
そのためには、コートに対して自分がどこにいるのかを把握する必要があります。
フットワークを活かして、どんな場所のショットを打ち返しても、即座に中央に戻れると良いでしょう。

フットワークはスピードが命

バドミントンでは、ショットを打ち返した後のフットワークのスピードが重要になります。
バドミントンのラリーのスピードは、他競技と比較しても非常に速くなる特徴があります。
フットワークのスピードが遅いと、相手のショットに対応ができなくなってしまうのです。
フットワークは、相手への対応が速くなるためのスキルだと捉えましょう。

バドミントンの前へのフットワーク

①フォアハンドで前へ出るフットワーク

6方向の足運び フォア前

まずはフォアハンドで前へ出ながらショットをするフットワークです。
バドミントンの実戦で多く使うことになる基本形ですね。

動画のように、重心を先に前方へずらすことがコツです。
足運びを優先すると、うまく前で飛び出ることができません。

相手のショットによって、移動距離を調整する必要がありますね。
間の左右の足運びの交差点で微調整します。

まずは近い距離の場合の飛び出し方のリズムを覚えましょう。
1ステップで前へ飛び出すフットワークを覚えたら、次は遠い距離の足運びを覚えてください。

②バックハンドで前へ出るフットワーク

6方向の足運び バック前

バックハンドで前へ出る時は、踏切によって距離感を調整して打ちます。
また、踏み切った後の足に体重を戻すことで、元の場所に戻ることができます。
遠い距離の場合はステップを一つ増やすことでフットワークを速くしましょう。
重心を移動中常に前へ持っていく必要があるので、思い切って踏み込むのがコツです。

フォア同様、バックも同じだけ練習しておかないと、バドミントンの実戦で「弱点」として責められてしまいますので、意識しましょう。

バドミントンの後ろへフットワーク

①フォア奥へ下がるフットワーク

6方向の足運び フォア奥

奥に叩き込まれた時は、素早くそのショットに対応しながら即座に元の位置に戻るフットワークを用いましょう。
動画のように、ショットを打ちながら体のひねりと足の交差を活かし、効率的に返します。
1歩目で大きい足運びをしているのが特徴です。
バドミントンでは、思い切ったフットワークが正確なショットの決め手になることが多いです。
最初は足運びが難しいでしょうが、大きく踏み込む癖をつけましょう。

②バック奥のフットワーク

6方向の足運び バック奥

バックの際は、奥へ下がる途中で体を大きく反転する動きが必要です。
バドミントンに限らず、フットワークは足運びだけで完成するものではありません。
スピードを求められるバドミントンでは、一つ一つの動きが同時に進行するため、こういったアグレッシブな上半身の動きが不可欠になります。
動画を見てイメージをつかみ、ゆっくり自分の体の流れを確認しましょう。

バドミントンのサイドへのフットワーク

85 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

 ハンドボールではフェイントはオフェンスで最も肝な能力です。  フェントが遅いとDFに捕まってしまったり、シュートも狙えなく厳しい展開となってしまいます。  今回はこの記事を見てフェイント能力をぜひ磨き上げていきましょう!
sakaneeeyannn | 10,710 view
バドミントンのフットワークの基本!練習方法やコツ【初心者ガイド】

バドミントンのフットワークの基本!練習方法やコツ【初心者ガイド】

バドミントンの基本となるフットワークの種類、考え方、練習方法、コツを紹介します。フットワークがマスターできると、相手からの球が打ち返しやすくなります。効率的な練習のやり方を身に着けて、もっと楽しく・素早くバドミントンをプレイできるようになりましょう。
yuki | 21,267 view
バドミントンのリアクションステップ!やり方や練習方法とは?

バドミントンのリアクションステップ!やり方や練習方法とは?

バドミントンにおけるリアクションステップのやり方や練習方法を紹介していきます。ステップの中でも基本となるリアクションステップをマスターして、初心者の方もより速いフットワークを実現し、レベルアップしましょう!!
yuki | 8,160 view
野球のスローイングを正しく学ぶ!投げ方のフォームや練習方法とは?

野球のスローイングを正しく学ぶ!投げ方のフォームや練習方法とは?

野球でスローイングが安定していると、悪送球などのミスを防げるたけでなく、セーフになるようなケースでもアウトにできる確率が高まります。野球をするうえで基本となるスローイング時の正しい投げ方やフォーム、内野手と外野手のスローイングの練習方法を解説します。
Hiroshi_8 | 19,637 view
パルクール練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクール練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールのパワー系練習方法を、パルクール超基礎技の練習方法から、パルクールを練習するに当たって必要になってくるFlip系の基礎技、パルクールの超基礎技とFlip系の基礎技を合わせたパルクールの基本的な技の練習方法を幾つか紹介していきます!
みかん🍊 | 4,341 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki