2019年2月10日 更新

バドミントンフットワーク特集!練習方法や速くする方法のコツ

バドミントンでは、フットワークが勝利の決め手になります。フットワークを速くする方法、ステップの練習方法、フットワークに効果のある筋トレなどをまとめてご紹介します。バドミントンでもっと強くなりたい方は、ぜひご覧ください。

  
74,992 view お気に入り 0

反応が良くなる!チャイナステップの練習

チャイナステップは、バドミントンの練習のウォームアップとして取り入れると良いでしょう。
まずはゆっくりとした動きで、簡易なステップを行います。
体を慣らすつもりで、無理をせずに行いましょう。

その後、徐々にスピードを上げて様々なステップを取り入れていきます。
足の動きを速くする感覚を体にしみこませ、ゲーム感覚でスピードを上げていくと良いでしょう。
もちろん、遅い動きでもチャイナステップのつま先での跳躍は十分練習になりますので、初心者の方は無理せずに継続してください。

リアクションステップ

リアクションステップとは

リアクションステップとは、前の動きから止まることなく次の動きへ繋げていくための方法の名称です。
ジャンプから地面に着地した足の重心とエネルギーをそのまま次のステップに持っていき、フットワークの足運びを速くする効果があります。
上級者のバドミントン選手は、このリアクションステップが美しい選手ばかりです。

リアクションステップの動き

タウフィック・ヒダヤット選手の足さばき2

リアクションステップは、フットワークの足運びの中に溶け込んでいます。
動画を見ていただくと、バドミントン選手のフットワークは無駄な動きがありませんね。
ワンステップで取りに行けるところには足運びは使わず、移動やショット後の戻りにリアクションステップが活きています。
ここで意識したいのが、無駄な動きの一切を取り除くために、リアクションステップを取り入れるとこれだけシンプルな動きになるということです。

リアクションステップの練習方法

リアクションステップについては、独自の練習方法というのは考えにくいです。
フットワークの練習を繰り返してく時に、リアクションステップの使いどころや使い方を常に意識することが大切になるでしょう。
言い方を変えると、「止まらないようにする」ことです。
バドミントンの試合で、ゆっくり休んでいる暇など1秒もありません。
常に一手先の準備をするために足と重心はフットワークを用いて動き続けます。
バドミントンでのそういった動き続ける感覚を、リアクションステップの意識を持つことで実現しましょう。

複合的なフットワークの練習方法

フットワークを速くするのに効果のあるステップについてご紹介しました。
こういった様々なスキルを全てふまえた上で、フットワークの精度をあげていきます。
練習のコツは、とにかく繰り返し練習することです。
その時、足の動きと重心のかけ方が正確にできているか、アドバイザーやコーチに確認してもらいましょう。
細かなチェックをふまえてフットワークを練習することで、バドミントンのスキル上達速度は一気に上がることでしょう。

コースを決めて反復練習

スピードフットワーク 中学・高校の選手に必要なバドミントン練習法 Disc1

フットワークの練習方法として、最も一般的な練習はコースを決めた反復練習です。
動画のように、実際のバドミントンコートでコースを決めましょう。
バドミントンの実戦をイメージしながら動くことがコツです。

同じフットワークを何度も繰り返すことで、自分の体にあった踏切や距離感をつかんでいきます。

この時、実戦と同じくラケットでシャトルをとらえる素振りも加えることがポイントです。
バドミントンの実戦に活かすための練習方法となりますので、ラケットを振るタイミングもふまえてフットワークを組み立てます。

特に、奥に下がるフットワークは、ラケットを振りかぶる所まで計算した動きとなりますので、素振りも含めてタイミングを見極めましょう。

この練習方法は、あまりにフットワークの足運びが遅いと、タイミングやリズムが崩れてしまい、効果が半減します。
ある程度部分的なフットワーク練習を重ね、無意識でもフットワークの足運びができる状態になってから行いましょう。

ノック練習でもフットワークを意識

バックハンドからの打ち分け練習 Badminton backhand stroke

ノック練習でも、常にフットワークを用いて「打ちに行き」、「元に戻る」という基礎の動きを意識しましょう。
その時の足運びが実戦と同じであれば、よりリアルなフットワークを日々の練習で学ぶことができます。

バドミントンのフットワークが遅いと感じている方は、こうした実際の打ち方とフットワークが体の中で連動していない場合が多いです。
日々の練習の中で一回でも多くフットワークを練習するよう心がけましょう。

バドミントンのフットワークスピードUPの筋肉の鍛え方

ここまで、フットワークの技術に関する基礎的な考え方と練習方法についてご紹介しました。
実際にフットワークを意識した練習を繰り返すことが、フットワーク上達の一番の近道です。
その一方、そのフットワークを支える筋肉の鍛え方も意識が必要です。
バドミントンのフットワークに活かされる筋トレ方法をご紹介します。

①ひざ浮かせ筋トレ

バドミントンのフットワーク強化2 万能筋トレ(膝浮) 家で出来るトレーニング編2

バドミントンの動きを意識した筋トレです。
足の筋肉にじっくりと負荷をかけることができ、体幹も意識できるでしょう。
家でもできる動きですし、バドミントンの練習がない日でもできる鍛え方です。
動画の動きをよく確認し、ぜひ筋トレメニューに取り入れてみてください。
86 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

ハンドボールのフェイント特集!種類や練習方法のコツ【技術編】

 ハンドボールではフェイントはオフェンスで最も肝な能力です。  フェントが遅いとDFに捕まってしまったり、シュートも狙えなく厳しい展開となってしまいます。  今回はこの記事を見てフェイント能力をぜひ磨き上げていきましょう!
aaakm | 24,451 view
バドミントンのフットワークの基本!練習方法やコツ【初心者ガイド】

バドミントンのフットワークの基本!練習方法やコツ【初心者ガイド】

バドミントンの基本となるフットワークの種類、考え方、練習方法、コツを紹介します。フットワークがマスターできると、相手からの球が打ち返しやすくなります。効率的な練習のやり方を身に着けて、もっと楽しく・素早くバドミントンをプレイできるようになりましょう。
yuki | 33,783 view
バドミントンのリアクションステップ!やり方や練習方法とは?

バドミントンのリアクションステップ!やり方や練習方法とは?

バドミントンにおけるリアクションステップのやり方や練習方法を紹介していきます。ステップの中でも基本となるリアクションステップをマスターして、初心者の方もより速いフットワークを実現し、レベルアップしましょう!!
yuki | 15,733 view
野球のスローイングを正しく学ぶ!投げ方のフォームや練習方法とは?

野球のスローイングを正しく学ぶ!投げ方のフォームや練習方法とは?

野球でスローイングが安定していると、悪送球などのミスを防げるたけでなく、セーフになるようなケースでもアウトにできる確率が高まります。野球をするうえで基本となるスローイング時の正しい投げ方やフォーム、内野手と外野手のスローイングの練習方法を解説します。
Hiroshi_8 | 57,924 view
パルクールの練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールの練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールのパワー系練習方法を、パルクール超基礎技の練習方法から、パルクールを練習するに当たって必要になってくるFlip系の基礎技、パルクールの超基礎技とFlip系の基礎技を合わせたパルクールの基本的な技の練習方法を幾つか紹介していきます!
みかん🍊 | 8,464 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki