2019年4月13日 更新

野球の守備位置とフォーメーション!ポジションの位置の重要性とは?

野球において相手の戦術を想定して守備位置を変更するのはとても重要なことです。各ポジションごとに守備位置を変更し準備しておくことで、相手に有利となる戦術を未然に防げる可能性が高くなります。さまざまな状況での各ポジションの守備位置とフォーメーションを解説します。

  
12,502 view お気に入り 0

野球の守備における守備位置とフォーメーションの重要性

Stunning Free Images · Pixabay (35255)

野球で守備についた際、各選手は定位置と呼ばれるポジションで守りますが、さまざまな状況を想定して守備位置を変更し準備しておくことは非常に重要です。バッターのタイプやランナーの有無、相手の戦術を考え、各ポジションで守備位置を変更し準備しておかないと、その後のフォーメーションにも影響が出てしまい、必要以上に相手に有利な状況を与えてしまうことにもなりかねません。

このため、野球をした際は常に相手のサインや選手の動きを確認し、戦術を想定して各ポジションで連携しながら守備位置を変更することが必要になってきます。

野球の守備位置とフォーメーション

 (35456)

上の図の各野手の配置が、一般的に定位置と言われているポジションで、野球で守備につく際にこの位置を基本として守り、相手の戦術や状況に応じて各ポジションごとに守備位置を変更していきます。

この状態でバッターが打つと、打球を処理している野手だけではなく、他のポジションの守備についている野手もさまざまな動きを行うため、打球に対する守備フォーメーションを頭に入れておく必要があります。

このため、野球の練習を行い上手くなるように、ここではヒットを打たれた場合の、基本となる各ポジションの守備フォーメーションを解説していきます。

守備フォーメーションにおける中継プレーのポイント

 (35502)

野球でヒットを打たれた場合、外野への打球に対する守備フォーメーションでは、ほとんどの状況で中継プレーが発生するため、まず先に中継プレーについて把握しておきましょう。
上の図はレフトが打球を処理し、二塁へ送球するためにショートがカットマンとして、レフトとセカンドの間に配置されている状況です。

この際、ショートは二塁へ最短距離で送球するため、レフトとセカンドの直線上の配置になるように中継に入ることが基本で、重要なポイントになります。
このため、上の図の場合はショートは直線上の配置になるように、常にレフトと二塁ベースの位置を確認しながら移動する必要があります。

レフト前ヒットを打たれた際の守備フォーメーション

 (35494)

野球でレフト前ヒットを打たれた際、各ポジションの守備フォーメーションは上の図のようになります。 ファースト、セカンド、サードは各塁へ移動し、センターはレフトが後逸した場合に備えバックアップ、ショートは返球を受けるためにレフトとセカンドの中継位置に移動します。

レフトは打球を処理した後にショートへ返球し、ピッチャーとライトは二塁への送球が悪送球になった場合に備えベースカバーに回り、キャッチャーは一塁への送球に備えます
野球の練習をした際に、上手くなるように動き方を繰り返し行うようにしましょう。

センター前ヒットを打たれた際の守備フォーメーション

 (35495)

野球でセンター前ヒットを打たれた際、各ポジションの守備フォーメーションは上の図のようになります。 ファースト、セカンドは各塁へ移動し、レフトとライトはセンターが後逸した場合に備えバックアップ、ショートは返球を受けるためにセンターとセカンドの中継位置に移動します。

センターは打球を処理した後にショートへ返球し、ピッチャーとサードは二塁への送球が悪送球になった場合に備えベースカバーに回り、キャッチャーは一塁への送球に備えます
動きが上手くなるために、野球の練習で素早く反応できるように身に付けておくことが必要です。

ライト前ヒットを打たれた際の守備フォーメーション

 (35496)

野球でライト前ヒットを打たれた際、各ポジションの守備フォーメーションは上の図のようになります。 ファースト、ショートは各塁へ移動し、センターはライトが後逸した場合に備えバックアップ、セカンドは返球を受けるためにライトとショートの中継位置に移動します。

ライトは打球を処理した後にセカンドへ返球し、ピッチャー、サード、レフトは二塁への送球が悪送球になった場合に備えベースカバーに回り、キャッチャーは一塁への送球に備えます
野球の練習でノックを行い、打球方向に応じた動きが上達するようにトレーニングしましょう。

長打(レフト線)を打たれた際の守備フォーメーション

 (35497)

野球でレフト線への長打を打たれた際、各ポジションの守備フォーメーションは上の図のようになります。 セカンド、サードは各塁へ移動し、センターはレフトが後逸した場合に備えバックアップ、ショートは返球を受けるためにレフトとセカンドの中継位置に移動します。

レフトは打球を処理した後にショートへ返球し、ピッチャー、ファースト、ライトは二塁への送球が悪送球になった場合に備えベースカバーに回り、キャッチャーは各ポジションに指示を出します。
この際、ファーストはカバーに回る前に、バッターが一塁ベースを踏んだのを確認することが重要です。 ベースを踏み忘れていた場合、バッターをアウトにすることができます。

長打(左中間)を打たれた際の守備フォーメーション

 (35493)

野球で左中間への長打を打たれた際、各ポジションの守備フォーメーションは上の図のようになります。 ファーストは二塁ベース、サードは三塁ベースへ移動し、セカンドとショートは返球を受けるために送球先の中継位置に移動します。

返球を受けたショートは二塁またはセカンドに送球し、送球が悪送球になった場合に備えピッチャーは三塁、ライトは二塁のベースカバーに回り、キャッチャーは各ポジションに指示を出します。
長打の場合、ファーストはカバーに回る前に、バッターが一塁ベースを踏んだのを確認することが重要なため、野球の練習をした際にベースを見るクセをつけるようにしましょう。

長打(右中間)を打たれた際の守備フォーメーション

82 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野球の守備ポジションの位置と役割とは?今さら聞けない基本知識まとめ

野球の守備ポジションの位置と役割とは?今さら聞けない基本知識まとめ

野球の守備ポジションの名前を聞いた際、どこの位置なのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。野球で守備についている9人は、ポジションによってそれぞれ名前と役割が異なっています。守備位置と名前、役割や適正について各ポジションごとに詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 81,308 view
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 3,148 view
ユーティリティープレイヤーとは?サッカーでも重要であるその理由

ユーティリティープレイヤーとは?サッカーでも重要であるその理由

サッカーにおいて、ユーティリティープレイヤーという言葉を耳にしますが、ユーティリティープレイヤーの意味を詳しく理解している方は意外と少ないとされています。ここではユーティリティープレイヤーがどれほどサッカーにとって重要な存在なのかを徹底的に解説していきます。
masamiohdaira9 | 1,209 view
フットサルの動き方の基本とは?まずはポジションごとに考えてみよう

フットサルの動き方の基本とは?まずはポジションごとに考えてみよう

フットサルは、ピッチ内の選手が少ないので、全員が様々な役割を果たさなければいけません。 しかし、基本となるポジションによって、それぞれのポジションで動き方も変わります。 ポジションごとの動き方の基本を知ることで、フットサルにおける戦術を理解が重要です。
camarade20042000 | 1,287 view
ウィングスパイカーとは?バレーボールのポジション解説!

ウィングスパイカーとは?バレーボールのポジション解説!

バレーボールのウィングスパイカーとは、文字通りスパイクを打つ役割を担うポジションです。そしてチームの得点源となる責任重大なポジションでもあります。ここでは6人制バレーボールの簡単なポジション解説と、その中でのウィングスパイカーの役割や動きについて解説します。
まる蔵 | 3,463 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8