2019年1月27日 更新

ポストプレイヤーのサッカー選手の世界ランキングTOP10!最強は誰だ?【2019年版】

サッカーには、ボールを足下に収めてタメを作り、味方の押し上げを待ち、オフェンスの起点となるポストプレイヤーが存在します。ここではそんなポストプレイヤーのサッカー選手の世界ランキングTOP10を紹介し、2019年版最強ポストプレイヤーを決定します。

  
1,270 view お気に入り 0

サッカーポストプレイヤーの世界ランキング第10位

大迫勇也

サコfan♥♥ on Instagram: “⚽ . 今日サコは出ないと宣言(?)されてますが、、、 テレビの前で全力で応援します(⌒▽⌒)💪💪💪 勝つのは日本!🇯🇵さぁ、始まる!!! .…” (68151)

プロフィール

国籍 日本
生年月日 1990年5月18日生まれ
出身地 鹿児島県南さつま市
身長 182cm
体重 71kg
所属チーム ヴェルダー・ブレーメン
ポジション FW
経歴 2009-2013:鹿島アントラーズ
2014:1860ミュンヘン
2014-2018:1.FCケルン
2018-:ブレーメン

フィジカルに頼らないポストプレイヤー

ワールドカップの活躍以来、「半端ねえ」が流行したことでも有名な日本代表不動のセンターフォワードでブレーメン所属の大迫勇也。その人気の大迫勇也の代名詞と呼ばれるポストプレーですが、海外選手のような大きな身体で強靭なフィジカルを駆使したモノではなく、頭を使ったポストプレイヤーです。

ボールを収めるときは腰を十分に落とし、手を上手い具合に入れたり、踏ん張るだけではなく、先に身体を当てて相手の体制を崩すといった頭脳的な動きにより優れたポストプレイヤーとしての地位を確立していきました。

泥臭く黒子に徹する

大迫は得点力もあるため、とても華やかな印象がありますが、評価される点はそれとは違い、ポストプレイヤーとして黒子に徹し、日本代表では味方の押上げまでの時間稼ぎができ、中島、堂安、南野といった超攻撃的トリオに落とすことで得点に絡むプレーがスタイルとして確立されつつあります。

オフェンスではポストプレーだけではなく、自ら前を向いて素早くシュートまでもっていく能力も兼ね備えており、大迫勇也は日本が誇る優れた世界最高クラスのポストプレイヤーとして相応しいサッカー選手です。

サッカーポストプライヤーの世界ランキング第9位

マルアン・フェライニ

いっくん on Instagram: “いっくんです。  今年の仮装は当たり前にフェライニにしようかなと思ってましたが、かっこいいのが良いということで、黒子テツヤって人になります。  10月29日(月) 締め日&仮装…” (68245)

プロフィール

国籍 ベルギー モロッコ
生年月日 1987年11月22日生まれ
出身地 エテルベーク
身長 194cm
体重 85kg
所属チーム マンチェスター・ユナイテッド
ポジション MF
経歴 2006-2008:スタンダール・リエージュ
2008-2013:エヴァートン
2013-:マンチェスター・ユナイテッド

ルーニーも認める世界クラスのポストプレイヤー

マンチェスター・ユナイテッドで活躍するフェライニの特徴は、身長194cm、体重85kgというプレミアリーグ最高の強靭なフィジカルを使ったプレーにあります。ポジションは主にトップ下や2列目で、ポストプレイヤーとしてオフェンスの起点になり、数々のチャンスを生み出すことに貢献しています。

身長があるのでハイボールも難なく収めることができ、空中戦の強さもプレミアで1、2を争う存在です。そんなフェライニの元同僚のルーニーはフェライニを「ポストプレイはおそらく世界一」と言わしめるほどの最高のポストプレイヤーです。

フィジカルと高さはプレミアNo.1

サッカープレミアリーグの特徴は、ファールの基準が他のリーグより緩く、ハードなタックルでもファールの判定がなされないことが多い点があげられます。そんなハードチェックが多いプレミアリーグの中でもフェライニはびくともしません。

そのため、フェライニをめがけてロングボールを入れるだけでポストプレヤーとなり、多くのチャンスを創り出すことができます。しかしこのロングボール戦術には「美しくない」などといった批判が多いのは事実ですが、逆にフェライニのポストプレイヤーとしての危険性を相手が感じていることの証ともいえます。

サッカーポストプレイヤーの世界ランキング第8位

ロメル・ルカク

日刊スポーツ on Instagram: “今日の1枚【写真部デスクK】決勝トーナメント1回戦 日本対ベルギー 前半、ベルギーのルカクをマークする長谷部誠(左)と吉田麻也(撮影・江口和貴)。詳しくは日刊スポーツ、ニッカンコム(www.nikkansports.com)、Facebook、Twitterで。#ベルギー #FIFAランク…” (68053)

プロフィール

国籍 ベルギー コンゴ民主共和国
生年月日 1993年5月13日生まれ
出身地 アントウェルペン
身長 190cm
体重 93kg
所属チーム マンチェスター・ユナイテッド
ボジション FW
経歴 2009-2011:アンデルレヒト
2011-2014:チェルシー
2012-2013:WBA(レンタル)
2013-2014:エヴァートン(レンタル)
2014-2017:エヴァートン
2017-:マンチェスター・ユナイテッド

圧倒的フィジカルを活かしたポストプレイヤー

ロメル・ルカクのタッチ集解説 DFラインと駆け引きなど、意外と戦術的なプレースタイル

96 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロックフィッシュのベイトリールのおすすめ人気TOP10!【2019年最新】

ロックフィッシュのベイトリールのおすすめ人気TOP10!【2019年最新】

スピニングリールはもちろん、タフな釣りにもしっかりと対応できるベイトリールはロックフィッシュ定番のタックルです。ベイトリール選びに悩まれている方も多いですので、ロックフィッシュ用リールに必要なスペックについて詳細に解説します。
takagi | 424 view
最新シーバスロッドのおすすめ人気ランキングTOP10!モデル別に比較

最新シーバスロッドのおすすめ人気ランキングTOP10!モデル別に比較

全国的に人気が高いシーバスゲームには、ダイワなど各メーカーから数多くのシーバスロッドが販売されています。その中から初心者の方は自分に合ったシーバスロッドを見つけ出すのは困難です。シーバス用ロッドを選ぶポイントから上級者の方にもおすすめのものを解説していきます。
takagi | 141 view
トラウトルアーの選び方&おすすめ人気ランキングTOP15!

トラウトルアーの選び方&おすすめ人気ランキングTOP15!

管理釣り場から渓流などさまざまな場所で使われるトラウトルアーは数多く販売されています。しかし釣り場や狙い方によってルアーの選び方も変わりますので初心者の方が適切に選ぶのは困難です。そこで初心者の方でも分かりやすくトラウトルアーについて説明します。
takagi | 203 view
シーバスリールおすすめ人気TOP10!ダイワやシマノなどの選び方とは?

シーバスリールおすすめ人気TOP10!ダイワやシマノなどの選び方とは?

人気のシーバスフィッシング、狙うフィールドに合わせてリールを選ぶのが重要なポイントです。初心者だと、リールを選ぶ際に何を基準に選べばいいのか、フィールドやシーバスの大きさにあわせたリールの選び方などをまとめ、シーバスフィッシングに必要なリールを紹介します。
takagi | 1,105 view
サッカーのマーカーコーンのおすすめ人気TOP10!トレーニング合ったものを選ぼう

サッカーのマーカーコーンのおすすめ人気TOP10!トレーニング合ったものを選ぼう

サッカーのトレーニングで必要不可欠とされるマーカーコーン。そんなマーカーコーンを我が子に与えて少しでもサッカーを上達させたいと思っている親御さんも多いはずです。ここではおすすめのサッカーのマーカーコーンをランキング形式で紹介していきます。
masamiohdaira9 | 758 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9