2020年3月26日 更新

卓球のブロックマンが勝つ方法とは?【卓球初心者ガイド】

卓球のブロックマンとは、ブロックを主戦技術としてプレーする選手です。ブロックマンが勝つための方法は、さまざまなバリエーションのブロックを使って、チャンスボールを逃さず攻撃することです。また、卓球のブロックマンの戦術は、ブロックのコース取りを工夫し、ロングサーブからの展開を増やすようにします。さらに、レシーブではツッツキを使って試合を組み立てましょう。

1,248 view お気に入り 0

卓球のブロックマンとは?

Дарья Курилюк on Instagram: “Володя-красавчик! Урааа! 1/2 финала) Наконец-то😉 👏💪🇧🇾 #rio2016 #teambelarus #vladimirsamsonov  #olimpicgames #tenis #belarus…” (110878)

卓球のブロックマンとは、ブロックを主戦技術としてプレーする選手を指します。

卓球のブロックは守備的な技術なので、ブロックで得点を奪うことは簡単ではありません。ブロックを主戦技術としてプレーする場合には、さまざまな工夫を凝らして得点を奪うことが重要になります。

ブロックマンの強み

卓球のブロックマンの強みは、自分から攻撃を仕掛ける機会が少ないので、自分の打ちミスが少なくなることです。

積極的に攻撃を仕掛けるプレースタイルと比較して、ブロックマンのプレーはリスクが少なく、簡単に失点しないのが特徴になります。

ブロックマンの弱点

卓球のブロックマンの弱点として考えられるのは、攻守を切り替えるタイミングが難しいことです。

ブロック主戦でプレーしていると攻守を切り替えるタイミングが難しく、チャンスボールがきても攻撃できなかったり、慌てて攻撃して打ちミスが増えたりしてしまいます。

ブロックしながらも、常に攻撃できるタイミングを伺うことが重要になります。

ブロックマンの戦術

卓球のブロックマンがとるべき戦術を3つ紹介していきます。守備的なプレースタイルの場合は、得点を奪うための戦術をいくつも用意しておくことが大切です。

・コース取りを工夫
・ロングサーブからの展開
・レシーブで優先するポイント

コース取りを工夫

ブロックマンの1つめの戦術は、コース取りを工夫して得点を奪うことになります。

ブロックは攻撃的なボールと比較してスピードが遅いため、コース取りを工夫して相手を揺さぶることが重要です。例えば、相手が回り込みフォアドライブを多用する場合には、まず相手のバック側にツッツキを送ります。相手が回り込んでフォアドライブを打ってきたところを、打点の早いブロックで相手のフォア側に返球します。

スペースが大きく空いたコースにブロックすることで、相手の体勢を崩して有利な展開に持ち込むことができます。

ロングサーブからの展開

T.LEAGUE(Tリーグ) on Instagram: “#Tラリー  まばたき禁止!?天才の競演!これが日本の卓球だ!  #丹羽孝希  #木下マイスター東京  vs  #松平健太 #TT彩たま  のラリーを! #NiwaKoki  vs  #KentaMatsudaira  2019 T.LEAGUE  #Tリーグ #卓球…” (110871)

ブロックマンの2つめの戦術は、ロングサーブからの展開になります。

ロングサーブを出すことによって、相手のレシーブを限定することができ、3球目からブロックで待ちやすくなります。ロングサーブを出して、相手が苦しい体勢でドライブする状況をつくれば、3球目のブロックが得点につながる可能性が高くなります。

ブロックに自信がある選手は、ロングサーブに対して相手がドライブしてくることを嫌がらないので、ロングサーブを積極的に出すことができるのもポイントです。

レシーブで優先するポイント

Wang on Instagram: “‪20190703 Korea Open #韓國OP  #松平健太  a wonderful and a little pity match!Kenta ,Keep on going,頑張って!💪🏻💪🏻💪🏻💗🏓️‬” (110879)

ブロックマンの3つめの戦術は、レシーブでツッツキを多用することです。

相手のサーブの回転や長さによって、選択するレシーブは異なってきますが、ブロックに自信がある場合はツッツキレシーブを上手く使うことが重要になります。ツッツキでレシーブすると、相手は自分でしっかりと回転をかけてドライブしなければならないので、体勢が崩れやすくてドライブミスを誘うこともできます。

厳しくツッツキを送ることができれば、ブロックで相手を振り回しやすい状況をつくれるので、ブロックを主戦にする場合はツッツキの質を高めていきましょう。
上回転系レシーブのデメリットは?
ツッツキと対照的なレシーブ方法は、フリックやチキータなどの上回転系レシーブになります。上回転系のレシーブで返すと、相手は上回転を利用してドライブを打つことができるので、力を加えなくてもスピードのあるボールが打ててしまいます。

卓球のブロックマンが勝つ方法

卓球のブロックマンが勝つ方法を5つ紹介していきます。ブロックマンが勝つためには、ドライブマンとは異なる考え方でプレーする必要があります。

・ブロックのバリエーション
・ツッツキの質を高める
・カウンター攻撃を仕掛ける
・チャンスボールを逃さない
・クセのあるラバーを使用

ブロックのバリエーション

TOP名古屋 on Instagram: “#トップおとめピンポンズ名古屋 です🏓 ホームゲームまであと11日✨  11月24日から12月1日までタイのコラートで行われている #世界ジュニア卓球選手権 に #出澤杏佳選手 が出場しています‼️ 昨日の #アメリカ戦 でも3番で見事勝利しました✨…” (110868)

卓球のブロックマンが勝つ方法の1つめは、ブロックのバリエーションを増やすことです。

ブロックと一言でいっても、数多くの種類が存在しています。下回転を加えたカットブロックや、相手コートで伸びるブロック、表ソフトラバー特有のナックルブロックなど、さまざまなブロックを組み合わせることで得点につながりやすくなります。

ブロックはまずラケットに当ててコートに入れることが最優先ですが、ブロックマンとして勝つためにはブロックのバリエーションを増やして、相手に嫌がられるプレーを目指しましょう

ツッツキの質を高める

Official  Vladimir samsonov on Instagram: “Eyes on the prize. Pleased to start Match Round 3 of @t2apac with an individual and team triumph. We go again today! #TeamJJ #T2APAC” (110858)

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球のブロックを安定して決める方法とは?【卓球初心者ガイド】

卓球のブロックを安定して決める方法とは?【卓球初心者ガイド】

卓球のブロックは、相手の攻撃的なボールを安定して返球する技術になります。卓球のブロックの打ち方は、ボールの回転量によってラケット角度を調節し、小さいスイングで打つようにします。また、ブロックを安定させるポイントは、ラケットヘッドを立てて、バウンドの頂点か頂点より少し早い位置でボールを捉えることです。
Anonymous | 989 view
リードブロックとコミットブロックの違いとは?ブロックの種類を理解しよう

リードブロックとコミットブロックの違いとは?ブロックの種類を理解しよう

リードブロックは、見て動くブロック、コミットブロックは上がる前に跳ぶブロックのことです。現代バレーではリードブロックが標準の戦略ですが、コミットブロックも状況に応じて使われることがあります。ブロックのシフトも様々なものがありますので、ブロックの種類と組み合わせて、相手の攻撃に対応できるようにしましょう。
aoii15 | 838 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous