2019年6月24日 更新

ゴルフの素振りの練習方法とは?正しいスイングを習得して上達しよう

ゴルフの練習に素振りを取り入れると、正しいスイングの習得が早くなります。この記事ではゴルフの素振りの練習のポイントやおすすめの練習方法をご紹介します。スコアアップをしたい方、ライバルに差をつけたい方は自宅での素振りでスイングの基本を固めていきましょう。

  
211 view お気に入り 0

素振りをゴルフの練習に取り入れるメリット

Pictogram Symbol Graphic - Free image on Pixabay (79450)

ゴルフの基本練習に素振りを取り入れると、とても多くの効用があります。素振りによって得られる具体的なメリットは以下の4点です。

①正しいスイングが身に付く
②ヘッドスピードと飛距離がアップ
③スイングの土台となる筋力アップ
④自宅でもできる


ゴルフ初心者は基本練習に素振りぜひ取り入れましょう。

正しいスイングが身につく

ゴルフの練習に素振りを取り入れる一番のメリットは、正しいスイングが身につくことです。目の前に球があると「飛ばそう」「キレイに打とう」という気持ちが出てきますので、それが力みにつながります。

実際にボールを打たない素振りは、打ちっ放しと違って「打つこと」「飛ばすこと」ではなく、「良いスイングをすること」に集中できます。

ゴルフ初心者が上達するにはトラック一杯分のボールを打とうなんていいますが、それはスイングが固まってからの話。

もちろんボールを打つことも大事ですが、フォームをチェックしながら正しいスイングを体に染み込ませる方が先決です。リラックスしてスイングだけに集中できる素振りは正しいゴルフのフォームを身に付けるために有効なトレーニングとなります。

ヘッドスピード・飛距離アップ

ゴルフの練習に素振りを取り入れるメリット2つ目はヘッドスピードと飛距離が伸びることです。ゴルフ初心者の方は特に、打球の飛距離を伸ばすために、強く振ることを意識しがちなのですが、実はそのやり方ではいけません。強く振るよりもヘッドを走らせるイメージ・感覚を掴むことの方がはるかに重要な基本項目です。

タオルやスイング練習器を使って素振りをすると、ヘッドの重みと遠心力を使ってヘッドを走らせる感覚が身に付きます。というよりヘッドを走らせる感覚がわからなければ、基本的にうまく振れません。素振りを繰り返すことで、パワーではなくテクニックで飛ばす体の使い方、ゴルフのスイングのリズムがわかり、結果的に飛距離が伸びます。

スイングの土台となる筋力アップ

Man Board Drawing - Free photo on Pixabay (79518)

素振りをゴルフの練習に取り入れるメリット3つ目はゴルフのスイングに必要な筋力がつくことです。ゴルフ初心者の方はスイングの土台を安定させるために、筋力トレーニングをするのも一つの手ですが、ゴルフに必要な筋肉はゴルフの動きの中でトレーニングするのが一番です。

打ちっ放しでは球数や営業時間の関係もあり、満足な練習時間が確保できない方も多いかと思います。素振りの場合は場所も時間も選びませんので、自分のペースでゴルフに必要な筋力と柔軟性をトレーニングすることができます。

自宅でもできる

ゴルフの練習に素振りを取り入れるメリット4つ目は、場所を選ばないので自宅でもできること。

ゴルフの上達が早い人は、間違いなく自宅でのトレーニングに力を入れています。ゴルフのスコアアップのためには、打ちっ放しやラウンドの数をこなすことも重要なのですが、自宅での室内練習もかなり効果があります。

その代表格が素振りです。さすがに部屋でドライバーを振り回すことはできませんが、タオルや素振り用の練習器具であれば、自宅の狭い場所でもブンブン振り回すことができます。

ゴルフの素振りで大事な7つのポイント

Golf Tee Course - Free photo on Pixabay (79508)

ゴルフの練習で素振りをするときには、スイングの中で意識すべきポイントが7つあります。

①アドレス
②テークバック
③トップ
④ダウンスイング
⑤インパクト
⑥フォロー
⑦フィニッシュ

実際にボールを打たない素振りだからこそ、普段は意識していない細かなところまでスイングをチェックしましょう。そうすれば、正しいスイングの再現性が高まります。

①アドレス

ポイント1つ目はアドレスです。ゴルフのスイングの基本となる部分ですので、再現性を高めるために構えは非常に重要です。

まずはターゲットに対してまっすぐ立つことを意識しましょう。ボールを打たない素振りであっても、打球の軌道や飛球方向、ターゲットをイメージするのは大事なことです。どんな球筋でどこに向かって打つのかを念頭に置き、その方向に対して両足のつま先が平行に揃うように立ちましょう。

②テークバック

ポイント2つ目はテークバックです。ゴルフのスイングを始動させるテークバックは初心者の方にとっては、思いの外ミスの原因になりやすい部分となっています。

一番大事なのは、手で上げないことです。テークバックは基本的に手の力ではなく、体の回転で上げるようにしましょう。腕の力を使ってクラブを振り上げる癖がついてしまうと、その後のスイングも手打ちになりやすく、トップやダフリ、シャンクといったミスの原因となりますので要注意です。

クラブを振り上げるときは体の軸がブレないように意識しましょう。頭から背骨、腰にかけて一本の棒が入っていることをイメージし、テークバックの動作中に軸が傾いたり、角度が変わったりしないようにすることが重要です。

③トップ

Golf Swing Golfers Driving - Free photo on Pixabay (79517)

ポイント3つ目はトップです。トップで一番気をつけなければならないのは、オーバースイング。トップを大きくしすぎることによってスイングの軸がぶれてしまいます。体が起きたり、逆に反動でダウンスイング時に突っ込みすぎたり、とにかく良いことがありません。

オーバースイングを防ぐやり方は、肩の回転を90度以内に抑えることです。全力で打とうという意識があると、ついついトップが大きくなりがちに。8割ぐらいの力で打つイメージを持っておくと、トップがコンパクトになり初心者の方でもスイングが崩れづらくなります。

④ダウンスイング

ポイント4つ目はダウンスイングです。ここで意識するのは、下半身リードでダウンスイングを始めること。

ゴルフではトップを作ってからダウンスイングに入る動作を切り返しというのですが、切り返しは上半身からではなく下半身からスタートさせます。

切り返しの起点が上半身になると、手に力が入りやすくなり正しいインパクトの形を作りづらくなってしまいます。切り返しを下半身からスタートさせることで、ゴルフクラブのヘッドを走らせるタメができますので、効率よくボールを飛ばすことができます。

⑤インパクト

79 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフの初心者の方の中には、入門に必要なクラブ1式が揃うクラブセットの購入を検討されいてる方も多いのではないでしょうか。ゴルフのグラブセットを初心者の方へ選び方のポイントとおすすめのスターターセットをご紹介します。ぜひお役立てください。
nagg | 249 view
テニスの素振りの練習方法と効果とは?正しいフォームを身につけよう

テニスの素振りの練習方法と効果とは?正しいフォームを身につけよう

テニスの上達方法の一つに素振り練習があります。ただ、やみくもにラケットの素振りをしても効果はありませんので、正しいやり方で実践を想定した練習が必要です。テニスの素振りは自宅でも気軽にでき、実践向きで綺麗なフォームまで身につく素振りの練習方法をご紹介します。
SKコーチ | 518 view
テニスの練習メニュー3選!基本的な素振りや打ち方【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニュー3選!基本的な素振りや打ち方【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニューを初心者におすすめなものを3選ご紹介します。テニスの練習では、まず素振りがあります。素振りの中で打ち方の基礎を固めていくことで、テニス初心者でもスムーズにボールを打球することができます。その他各ショットの正しい素振りの仕方や練習方法を解説します。
SKコーチ | 14,922 view
スイングスピードを上げる3つの方法とは?【野球上達ガイド】

スイングスピードを上げる3つの方法とは?【野球上達ガイド】

野球のバッティング向上のためには、スイングスピードを上げることが必要です。では、野球選手がスイングスピードを上げるメリットはどこにあるのでしょうか。また、どのようなトレーニングをすれば、スピードを上げることができるのでしょうか。その方法を詳しく解説します。
Spicatz | 95,684 view
バドミントンの素振り!正しいフォームと仕方・練習方法とは?

バドミントンの素振り!正しいフォームと仕方・練習方法とは?

バドミントンの素振りの仕方、正しいフォーム、練習方法などなど…素振りに関わる全トピックを紹介します!バドミントン上達の鍵となる素振りを、しっかり基本から学びなおしましょう。今までの素振りを改善するチャンスかも!?バドミントンを練習する初心者の方必見!
yuki | 45,726 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nagg nagg
【RIZAP KIDS】 })();