2018年10月12日 更新

オフサイドトラップのやり方とは?日本代表から学ぼう!

オフサイドトラップとは、ディフェンス側が意図的にラインをコントロールして、前がかりになっている相手をオフサイドにかける戦術です。オフサイドトラップのやり方は、味方選手との連携が重要になりますし、タイミングを間違うと一気に失点するので難しい戦術になります。

  
70 view お気に入り 0

サッカーのオフサイドトラップとは?

サッカーにおけるオフサイドトラップとは、意図的にオフサイドを仕掛ける戦術です。この作戦は、相手を罠にはめることになります。
オフサイドとは、攻撃側の選手が守備側の最終の選手よりも相手ゴール前で後ろから出てくるボールを受けることです。簡単に言うならば待ち伏せ禁止となります。この作戦のやり方は、守備側が意図的に相手FWをこの位置に置き去りにすることで、オフサイドを取る方法です。

サッカーの守備戦術の1つ

フード&リカー波のり on Instagram: “ワールドカップを楽しむ方法🙄オフサイドトラップこんなにも綺麗で分かり易い&マンガかっ!😆#世田谷 #世田谷線 #世田谷上町 #宮の坂駅 #街はずれのお店 #オフサイドトラップ #マンガかっw #ワールドカップを楽しむ方法” (55365)

オフサイドトラップとは、サッカーにおける守備戦術の1つです。守備のやり方には、マンツーマンやゾーンなどがありますが、こういったやり方とは違い、流れの中やセットプレーの時に、意図的仕掛ける戦術的なものになります。

サッカーの守備における戦術ですから、最終の列やチーム全員の意思疎通と、戦術理解が重要です。この戦術が決まればどんなFWであっても無力化させることができますが、1つタイミングがずれれば失点する可能性もある危険な戦術とも言えます。

意図的にオフサイドを取りに行くやり方

サッカーのオフサイドは、試合の流れの中で駆け引きされますが、最終ラインを1つに保つことによって狙えます。
オフサイドとは、相手のFWを守備側の最終の選手が作る列よりも自陣のゴールに近い位置に残してしまえば良いのですが、そのためには、守備陣を統率できる能力が必要です。そして、1人ではなく、ディフェンス全員の意思疎通ができて、タイミングが取れてこそ、意図的にこの作戦が成功するやり方となります。

オフェンスを罠にはめる戦術

世界を欺いた華麗なオフサイドトラップ&それを本能で見抜いた天才たち

サッカーにおけるオフサイドトラップとは、相手オフェンスを罠にはめる戦術です。この時のトラップとは、罠のことですから守備側の最終選手の列の上げ下げによってオフェンスを置き去りにします。
そのためには、最終ラインの上げ下げのタイミングが重要です。ここでポイントとなるのは、最終ライン全体で動きを揃えるプレーになります。一糸乱れぬ動きをすることができれば、フォワードも合わせにくく、相手を罠にはめやすいです。

サッカーIQが求められる戦術

そんなんできたんか!?ガンバ大阪のオフサイドトラップ

この作戦は、サッカーのIQや冷静な判断が求められる戦術です。仕掛けるタイミングを計ることも重要ですし、そのためには周りの味方や相手選手、ピッチの中の状況を全て理解することが求められます。

サッカーのプレーの中でも1番とも言える頭脳的なプレーになりますから、サッカーを深く知ることが必要です。サッカーで守備をするには、本能で危険を察知する力も必要ですし、冷静に状況を判断したり、頭を使ったプレーが必要であったりと多くの能力が求められます。

サッカーのオフサイドトラップのやり方

サッカーにおけるオフサイドトラップというプレーは、チームとして一体感を持って動くことが求められます。この作戦のやり方は、ディフェンスの選手を1列にを揃えておいて、相手選手に気付かれないタイミングで全員が上がることです。
この作戦のやり方を高めていくには、何度も練習を繰り返してチームとして最終の列の上げ下げを思いのままにできるようになることが重要になります。サッカーがチームプレーであり、さらに面白いところです。

守備側の最終選手を1列に保つこと

@hngy_12gra29 on Instagram: “広島戦のひとコマ。自陣での相手FKの際に、選手が一列に並びました。すわ日本代表のごとくオフサイドトラップか!?と色めき立ちましたが、結果はFKと同時にゾーンで下がって最後はランゲラック選手がきっちり抑えました。*#名古屋グランパス #グランパス #オフサイドトラップ ??” (55366)

オフサイドトラップのやり方で大事なことに、最終ラインを綺麗に1列にすることが挙げられます。サッカーでは、常に人が動いているので、それをまとめることは非常に難しいです。

しかし、作戦として狙うためには、タイミングよくラインを上げる必要があり、そのためには最終ラインが1つになってく動くことが求められます。普段の練習から守備の最終ラインを作るであろう選手たちは、密にコミュニケーションを取ることで変化の激しい試合中でもオフサイドを狙うことが可能です。

サインを決めて全員が動くこと

オフサイドトラップのやり方には、色々なものがあります。その中でもサインを決めて、一気にラインを押し上げることで、相手FWを置き去りにすることも可能です。

サインを決めておいて一気にラインを押し上げる方法は、セットプレーの時に効果を発揮します。流れの中ではなかなかサインを決めて動くことができません。むしろ、サインを見落とすようなことがあればすぐに失点です。セットプレーであれば、リスタートでボールを蹴るタイミングがわかりやすいので、全員が1つになってラインを押し上げれば、FWを置き去りにできます。

オフサイドトラップを主導するリーダーの必要性

【バルセロナ】美しすぎるオフサイドトラップ!!!【サッカー】

オフサイドトラップのやり方には、ディフェンスリーダーの存在が必要不可欠です。全てのシチュエーションで相手を罠にはめられるわけではありまえん。試合の流れの中で、そしてセットプレーの時にタイミングを見計らって行うことで効果を発揮します。
そのためには、この作戦のやり方を理解した優れたディフェンスリーダーが必要です。ディフェンスをまとめ上げることができれば、自然とオフサイドを狙い易くなります。

練習に裏打ちされた戦術

守備側がオフェンスを罠にかけるこの作戦は、とても高度な戦術です。その場の発想でできる戦術ではありません。練習を繰り返して行っていくことで、選手の連携を高めることが必要になる高度な戦術です。最終ラインが3人でも4人でも息を合わせておく必要があります。
また、セットプレーの時にこの作戦を仕掛けるのであれば、チーム全員の意思疎通ができていることが大切です。そして、連携が取れた動きをしていなければ、なかなか相手を罠にかけることは難しくなります。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オフサイドとは?【サッカールール解説】

オフサイドとは?【サッカールール解説】

サッカーの試合を見ていると「オフサイド」という言葉をよく見かけますね。しかし、サッカーに深く関わっていない人には、オフサイドのルールが詳しくわからないという人が多いと思いますので、今回は理解できると一段とサッカーが面白くなるオフサイドのルールについて解説します。
たっか | 1,128 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000