2017年10月31日 更新

大胸筋の自重トレーニング6選!自宅でも簡単にできる方法もご紹介

大胸筋を鍛えることでカッコイイ体になります。大胸筋はジムに行かなくても鍛えることができる筋肉です。自宅などで自重をつかったトレーニングだけで筋肉を肥大させることができます。ここでは、自重で行う大胸筋の簡単なトレーニング方法を紹介して行きます。

  
29,638 view お気に入り 0

自宅で大胸筋を鍛えるには自重トレーニングがおすすめ

大胸筋は自重トレーニングで鍛えられる

Free photo: Sport, Fitness, Training, Sporty - Free Image on Pixabay - 2264825 (16991)

自宅で簡単に大胸筋を鍛えるのであれば自重トレーニングがおすすめです。
自重トレーニングはダンベルなど特別な器具を必要とせず、自重だけを利用して筋肉を鍛える筋トレです。

大胸筋は自重を負荷にして押すという鍛え方をします。
自宅での簡単な自重トレーニングだとプッシュアップが中心になります。

プッシュアップは、自宅で器具を使わず自重だけで安全に筋トレができます。
器具を使わなくても様々なバリエーションで筋トレができ、大胸筋を細かく分けて鍛えることができます。

今回紹介する大胸筋の自重トレーニングは、初心者が自宅でも簡単に行える内容になっています。
自宅トレーニングで分厚い胸板を手に入れましょう。

器具を使わないおすすめの大胸筋の自重トレーニング6選

Free photo: Abs, Six Pack, Chest, Six, Fit - Free Image on Pixabay - 2746478 (16993)

ここから自宅で器具を使うことなく、大胸筋を鍛える自重トレ-ニングを紹介して行きます。
今回は、特に自宅でできる大胸筋に効果のある自重トレーニングを6つに絞りました。

大胸筋は大きな筋肉なので、自宅でも様々な角度から自重を使って大胸筋を鍛えられるようになっています。さらに、自宅ではスペースが限られていると思いますが、1畳程あれば十分にできる筋トレです。

全ての自重筋トレを行ってもいいですし、大胸筋の気になる部位だけを集中的に行っていただいても構いません。

大胸筋を自宅でしっかりと自重トレーニングで追い込みましょう。

①大胸筋の中部を自重で鍛えるトレーニング

Free photo: Traps, Shoulder, Mobile, Fitness - Free Image on Pixabay - 2868409 (17002)

大胸筋のメインとなる中部の筋肉を鍛える自重トレーニングはプッシュアップです。
器具を使用せず行われる一般的な腕立て伏せだと思って下さい。

自重トレーニングの定番なので、初心者の方も1度は自宅などで行ったことがあるのではないでしょうか。

簡単にプッシュアップを行うだけでは大胸筋の筋トレにはなりません。
初心者の方は、自重で大胸筋に効かすポイントをしっかり覚えましょう。

大胸筋中部の鍛え方

筋トレ初心者用腕立て伏せプッシュアップ動画1 トレ友プロジェクト1

1.うつ伏せになり肩幅より少し広めに腕を広げ、両手を床に付きます。
2.両足をくっつけた状態で伸ばします。
3.胸を張り、頭から足まで一直線になるように姿勢を保ち体を浮かせます。
4.両肘を外に開きながら体を沈めて行きます。
5.胸が床に付くギリギリまで下ろしたら腕を伸ばして元の位置に戻ります。

4,5の動きを繰り返し行ないます。
20回を3セットを目標に行ないましょう。
初心者の方は10回3セットを目標に行ってみましょう。

大胸筋中部を自重で鍛える時に気を付けるポイント

1つ目のポイントは、胸を張った状態を保つ事です。プッシュアップの動作中に体が丸まり、胸の張りがなくなると自重が大胸筋にかからなくなります。胸を張ってトレーニングすることで、大胸筋に自重がかかり筋トレの効果が上がります。

2つ目のポイントは、手を付く位置です。幅は肩幅より広く、高さは乳首のライン上です。幅が狭いと大胸筋ではなく腕の鍛え方になります。高さが乳首のライン上にあると更に大胸筋を自重で刺激できるのでおすすめです。

3つ目のポイントは、動作のスピードです。大胸筋の筋トレでは押すスピードを速くするのがおすすめです。速く押し上げるのはゆっくり押し上げるより強い筋肉が必要になります。

②大胸筋の上部を自重で鍛えるトレーニング

Free photo: Chest, Arm, Thigh, Training - Free Image on Pixabay - 2868408 (17003)

プッシュアップを簡単にアレンジした、大胸筋上部の筋肉を鍛える自重トレーニングです。
鍛え方はほとんど、通常のプッシュアップと変わらないので、初心者の方も簡単にできると思います。

こちらも、自重だけで器具を必要としないので自宅でできます。

ここで紹介するプッシュアップは、鎖骨より少し下の大胸筋を意識して筋トレを行ないましょう。

大胸筋上部の鍛え方

自重ガンガン腕立て伏せ9パターン 胸筋・体幹も鍛える編

1.うつ伏せになり肩幅より少し広めに腕を広げ、顎のラインで両手を床に付きます。
2.両足をくっつけた状態で伸ばします。
3.胸を張り、頭から足まで一直線になるように姿勢を保ち体を浮かせます。
4.両肘を外に開きながら体を沈めて行きます。
5.胸が床に付くギリギリまで下ろしたら腕を伸ばして元の位置に戻ります。

4,5の動きを繰り返し行ないます。
20回を3セットを目標に行ないましょう。
初心者の方は10回3セットを目標に行ってみましょう。

大胸筋上部を自重で鍛える時に気を付けるポイント

1つ目のポイントは、胸を張った状態を保つ事です。プッシュアップの動作中に体が丸まり、胸の張りがなくなると大胸筋に自重がかからなくなります。胸を張ってトレーニングすることで、大胸に自重がのり筋トレ効果をあげれます。

2つ目のポイントは、手を付く位置です。通常のプッシュアップより手の位置を頭方にすることで大胸筋上部を鍛えることができます。肩のラインと顎のラインの間くらい両手を付くようにしましょう。

3つ目のポイントは、動作のスピードです。大胸筋を大きくしたいなら押すスピードを速くするのがおすすめです。速く押し上げるのはゆっくり押し上げるより強い筋肉が必要になります。

③大胸筋の下部を自重で鍛えるトレーニング

Free photo: Naked, Upper Body, Fit, Lifestyle - Free Image on Pixabay - 1847866 (17005)

57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大胸筋の鍛え方女性編!正しい筋トレ方法でキレイなバスト維持

大胸筋の鍛え方女性編!正しい筋トレ方法でキレイなバスト維持

女性も正しい鍛え方で積極的に筋トレをすることで美しい体にすることができます。正しい鍛え方で大胸筋の筋トレを行えばきれいなバストを維持できます。ここでは、筋トレ初心者の女性に向けた大胸筋の鍛え方を紹介します。簡単なトレーニングから取り組んでみましょう。
t.masa0256 | 103,526 view
大胸筋をダンベルで鍛える方法とは?おすすめメニュー8選

大胸筋をダンベルで鍛える方法とは?おすすめメニュー8選

ダンベルで大胸筋を鍛える方法は様々なバリエーションがあります。大胸筋を大きく肥大させたいのであれば、ダンベルとベンチは必須となります。ここでは、大胸筋を肥大させるために有効な様々なダンベルトレーニングを紹介していきます。初心者でもわかりやすく説明しています。
t.masa0256 | 7,874 view
正しい腹筋の鍛え方!誰でもできる簡単な方法とは?

正しい腹筋の鍛え方!誰でもできる簡単な方法とは?

腹筋を鍛えよう!と思い立ったものの正しいやり方が分からない……本記事はそんな初心者の方に向けた正しい鍛え方、すぐにできる簡単な鍛え方を網羅しました。始めに正しい鍛え方を知っておけば、その後のトレーニングにも活きてきます。まずは最初の一歩を踏み出してみましょう!
MAIKO | 2,939 view
大胸筋中部の鍛え方!筋トレメニュー4選と考え方をご紹介!

大胸筋中部の鍛え方!筋トレメニュー4選と考え方をご紹介!

ここでは、大胸筋の中心である中部の筋肉の鍛え方を紹介しています。筋トレをしたことがない初心者の方でも簡単に、カッコイイ体作りを始められるように、大胸筋中部の鍛え方や、筋肉の基礎を説明して行きます。実践的な筋トレ方法も紹介するので取り組んでみて下さい。
t.masa0256 | 4,025 view
ダンベルの胸筋の鍛え方!上部&下部のおすすめトレーニング各6選

ダンベルの胸筋の鍛え方!上部&下部のおすすめトレーニング各6選

ダンベルトレーニングは、大胸筋を鍛えるのに効果的なトレーニングです。胸筋は大きい筋肉なので、様々な角度から様々な刺激をいれる必要があります。ダンベルは自由に、刺激を入れる角度を変えられ、重量も筋力に合わせて変えられます。ここではおすすめのダンベル胸筋の鍛え方を紹介します。
t.masa0256 | 10,055 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

t.masa0256 t.masa0256