2018年8月13日 更新

テニスの初心者が覚えておくべき上達への4つの練習方法【テニスコーチ監修】

ここではテニス初心者の皆様が上達する練習方法を紹介します。テニス初心者が必ず苦戦をするラリー!どうしても打ち方から入ってしまいがちですが、実は打ち方の前にやるべきことがあります!ここでは、テニスの導入~打ち方、試合までの練習メニューをお伝えします。

  
19,425 view お気に入り 0

硬式テニス初心者が上達するための練習方法とは

 (30987)

硬式テニスは初心者にとって難しい部類のスポーツとなります。道具を使い、バウンドしたボールを打球しなくてはならなく、こうした動きは日常はもちろん、他のスポーツでも数少ない動作となるためです。
特に初心者が硬式テニスを始めたばかりですと、ラケットにボールが当たらなかったり、ボールが飛びすぎたりしてしまいます。テニスは決められたコート内にボールを収めて、ポイントを取り合うスポーツなのですが、初心者の多くは打ち方から練習始めます。ですが、この方法だと上達スピードは遅くなってしまいます。
ここでは硬式テニス初心者の方でも、マスターできる、段階を追って練習方法をお伝えしていきます。

硬式テニス初心者が上達するための基礎・考え方

 (30991)

テニスをする上で大事になるのが、テニスのルールを知ることです!
といっても、いきなり試合のやり方を覚えようとしてもなかなか頭に入ってきません。まずは以下の3点を知っておきましょう。

①決められたコート内にボールをコントロール
②ネットに当たったらポイントを失う
③コート内では、ワンバウンドまでで打球をしなくてならない

細かいルールはたくさんありますが、大まかな分類をするとこの3つだけです。テニス初心者がまずはじめに練習することは、コート内に収めるための力の強弱、コントロールやネットを超すための基本動作です。
これらを体感するために、簡単な試合をやっていきましょう。

まず初心者の方は簡単な試合をしよう

テニス初心者が思い浮かべる試合のイメージは、「すごいショットを打ってポイントを決める」といった派手なイメージです。ですが、本来のテニスの試合では、ミスをした数が多い方が負けるスポーツなのです。

誤ったイメージを持つと上達の妨げにもなってしまいますので、まずはどんな打ち方でも構いませんのでコート内にボールコントロールして試合をしてみましょう。試合といっても、ネットをしたりコートの外にボールがいったら相手のポイントになるの2つだけで十分です。
テニス初心者が実際に試合をしてみると、相手のミスでポイントをとっていることに気付くはずです。この発見が、今後の上達に役立ってきます。

ワンバウンドで打球するストロークの基本的な打ち方

テニス初心者がまず練習するのが、試合でもよく使われるワンバウンドで打球する「ストローク」のショットです。 ストロークの基本動作は以下の通りとなります。

①構え
②ターン(打球方向に対して横向きを作る)
③止まる
④体の回転(後ろ足を蹴り返す)
⑤フィニッシュ(上半身は正面を向いて終わる)


この5つがストロークの打ち方で押さえるべきポイントとなります。 これらの基本動作でストロークをすることで、初心者でも安定したショットを打つことができます。 後述に、テニス初心者向けのストロークの打ち方を解説していますので、ぜひご覧ください。

テニス初心者がラリーをするための基本動作

ラリーとはボールを打ち合うことです。 ボールを打ち合うには、どんなボールがくるのかなどの予測やリズムを作ることが大切になります。 ストロークでのリズム動作は以下の通りです。

①ターン(左右どちらにボールが来るかを判断して、打球するための準備をします)
②止まる
③スイング
④レディー(どこにボールが来ても対応できるように構えます)
⑤スプリットステップ(相手が打球したタイミングで構えた状態から足を少し開きます)

1→2→3→4→5のリズムを繰り返すことでラリーに必要なリズムを作ることができます。 テニス初心者は構えを忘れがちなので、しっかり構えるように意識しましょう。

ノーバウンドで打球するボレーの基本的な打ち方

ボレーはバウンドする前のボールを打球するショットとなります。 ボレーのコツは、打つではなく「相手のボールの勢いを利用する」です。 基本動作は以下の通りです(右利きのフォアボレーの場合)

①構え
②ターン(左右の判断)
③インパクト(打球方向に対して、右足を斜め前にだし、打ちたい方向にラケット面を作る)
④フィニッシュ(インパクト時のラケット面をキープ)


基本的には早めにインパクトの形を作り、ボールが来るのを待つ形が理想となります。 テニス初心者はラケットを振ってしまう傾向がありますので、安定したボールを打つためにも打球後もインパクトの形をキープしましょう。

テニス初心者はまず試合をしよう

 (30797)

テニス初心者にとって試合は、硬式テニスの試合のルールを遊び感覚で覚えられ、さらに上達に繋がってきます。 ここではテニス初心者向けの試合の練習メニューをご紹介します。

【コートを小さくして試合!】
通常のコートは縦約24m、横約11mの長方形ですが、初めの段階ではコートを小さくしてポイントを取り合います。
〈例〉
①5メートル四方の枠の中でボールを枠内にコントロールできなければポイントを失う
②ネットを挟んで、縦10m、横5mの枠内で試合(ネット、アウトの要素を入れる)

コートを小さくすることで、初心者でも簡単に試合をすることができるだけでなく、ウォーミングアップの代わりにもなります。

なぜ、テニス初心者は最初から試合をしたほうがいいのか?

テニス初心者にありがちなものとして、打ち方から練習をしてしまいます。しかし、打ち方ばかり練習をしても、実際に試合で使えるショットにはなりません。硬式テニスは相手がいるスポーツのため、打ちっぱなしというわけにはいかず次の準備をする必要があります。

また、球出しのように打ちやすいボールに慣れている初心者は、様々な変化のあるボールが来ることに戸惑いを感じてきます。まずは打ち方よりも、ポイントを取るために必要な要素「狙う、予測する、相手を観察する、戦術を立てる」を始めに知ることが大切です。

こうした発見が、ショット練習の際に明確なイメージを作れるようになり、上達のスピードを上げてくれます。

飛ばないボールを使用しての試合メニュー

 (31005)

硬式テニスのボールは良く弾むため初心者には非常に難しく感じます。そこでおすすめなのが、弾みが軽減されたジュニアボールです。

ジュニアボールには主にの三種類のボールがあります。
①レッドボール
②オレンジボール
③グリーンボール


それぞれ、硬式テニスボールに比べ、25% 50% 75% の飛び率となります。 ボールの弾み具合に応じてコートの大きさを変えます。
①レッドボール:5m四方のコート
②オレンジボール:通常コートの2分の1の大きさのコート
③グリーンボール:通常コートの4分の3の大きさのコート

ボールを変えることによって、ラリーが長く続くようになり、試合での発見もより増えてきます。

試合を通じて必要となることを感じることが大切

硬式テニスには決められたコート内という制限された環境でポイントを取り合うスポーツです。硬式テニスの初心者がいきなりプロのような打ち方をイメージして打球しても、コート内にボールが入らないと試合になりません。

どんなに良いボールを打ったとしても、いつも相手の正面にばかりボールが飛んでいてはなかなかポイントを取ることができません。こうした発見は、実際に試合をしなくては絶対にわからないことであり、試合をすることで自分に足りないものを明確にし、目的にあった練習をすることが、上達スピードを上げることに繋がります。

まずはどんな形でも良いので試合をしてみることをおすすめします。

テニス初心者が知りたいストローク打ち方の基本動作とは?

84 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

サッカーやフットサルの経験が全く無い初心者でも、フットサルが上達するための練習方法を紹介。一人でも練習できるようなボールタッチの練習から、チームで行うオフェンス・ディフェンス練習まで、初心者のための幅広い種類の練習方法を紹介します。
onomine777 | 3,940 view
テニスの練習メニュー3選!基本的な素振りや打ち方【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニュー3選!基本的な素振りや打ち方【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニューを初心者におすすめなものを3選ご紹介します。テニスの練習では、まず素振りがあります。素振りの中で打ち方の基礎を固めていくことで、テニス初心者でもスムーズにボールを打球することができます。その他各ショットの正しい素振りの仕方や練習方法を解説します。
SKコーチ | 5,746 view
パルクール練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

パルクール練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

ジャンプ系パルクール練習方法を、パルクールに必要な基本的なジャンプ力強化方法に加え、基礎的なパルクール技、アクロバット技に、ジャンプ力強化方法で鍛えた技術を応用した練習方法で、習得する方法などを、紹介していきます!
みかん🍊 | 3,412 view
サッカー練習方法11選!簡単にできる上手くなるやり方をご紹介

サッカー練習方法11選!簡単にできる上手くなるやり方をご紹介

サッカーには様々な練習方法があります。サッカーの練習方法として、初心者であっても上級者であっても必要な練習から、サッカーそのものが上手くなって試合で活躍できるようになる練習を考えていきます。サッカーでは個人の力とチーム力が強くなるために必要不可欠なのです。
camarade20042000 | 17,767 view
ドッジボールの変化球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールの変化球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールで変化球の投げ方を覚えましょう。ドッジボールは速い球を投げるだけでなく、変化球が投げられる事で勝率が大きくアップします。ドッジボールの変化球の投げ方と投げ方のコツをまとめていきます。ライバルに差を付けましょう。
nikol | 4,747 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ