2019年4月29日 更新

テニスの初心者が覚えておくべき上達への4つの練習方法【テニスコーチ監修】

ここではテニス初心者の皆様が上達する練習方法を紹介します。テニス初心者が必ず苦戦をするラリー!どうしても打ち方から入ってしまいがちですが、実は打ち方の前にやるべきことがあります!ここでは、テニスの導入~打ち方、試合までの練習メニューをお伝えします。

  
41,934 view お気に入り 1
 (30985)

テニスの初心者がいきなり最終形を求めてスイングをしてもなかなかうまくいきません。
スイングには重要となるポイントが存在します。

ストロークでは、という3つの重要項目があります。
①ボールをまっすぐ飛ばす
②ボールを上に飛ばす
③ボールを遠くへ飛ばす


これらを順を追って練習していくことで、最終的にストロークの打ち方が完成していきます。
【練習方法】始めはネットを挟まずに練習!
1人は打球する人、もう一人は球出しをする人に分けて、キャッチボールをするようなイメージで練習をしていくと良いでしょう。 互いの距離は短くしましょう。

テニスコート以外でも練習できますのでおすすめの練習方法です。

ストロークに必要な上達するための考え方

 (31008)

硬式テニスのストロークでは、体全体の動きを使って打球することが理想となります。しかし、実際に打球する時、テニス初心者の大半の方はラケットを持つグリップに力が入り、腕の力だけでボールを打とうとしてしまいます。皆さん、逆立ちして歩いてくださいといっても難しいと思います。歩く際は当然で足で歩くでしょう。

これは腕の力より足の力の方が強いからなのです。ですので、下半身からの運動を利用してスイングをする方が効率よくボールに力を与えることができるわけです。仮に腕だけでボールを打とうとしてしまうと、テニス肘の原因にもなりかねませんのでご注意ください。

ボールをまっすぐ飛ばす練習メニュー

 (30994)

テニス初心者がまず行うことはボールをまっすぐ飛ばすことです。ラケット面の向いた方向にボールが飛んでいくことを理解しましょう。

【練習メニュー】  
先にも上げた通り、ネットを挟まずに対人で練習します。
①体は球出しをする人に対して正面向き
②ラケットをインパクトの位置にセット(高さは腰の高さで右腰骨の前にグリップが来るように)
③球出しされたボールをワンバウンドでラケット面に当てるだけ


注意点として、ボールを打とうとせず、当てるだけです。初心者がボールを打とうとすると手首を使ってしまい、ラケット面が違う方向に向き、ボールをまっすぐ飛ばすことができません。

ボールを上に飛ばすための練習メニュー

 (30992)

次のステップは腕を振り上げる動作です。 この腕の振り上げが、テニスにおけるネットを超すために必要な動き、打ち方となりますが、テニス初心者の場合、この振り上げがない場合が多々あります。

【テニス初心者向け練習メニュー】
こちらも対人で行います。
①正面向きでインパクトの形を作る
②球出しされたボールを打球する際、肩を支点に腕を振り上げる(肘、手首が曲がらないようにする)
③グリップの位置が目の高さに来たら腕の動きを止める


ポイントはインパクトで作った腕の形をキープした状態で腕を動かすことです。 慣れてきたら、距離を離したり、相手の胸の高さに狙うなどして、応用して練習しましょう。

ボールをより遠くに飛ばすための練習メニュー

 (30993)

上記の2点はボールをコントロールする腕の使い方となります。 これだけではテニス初心者でなくても、ボールに勢いを与えることはできません。

【練習方法】
①インパクトの形を作った状態で、打ちたい方向に対して横向きを作る
②後ろ足の踵を蹴り返す(体が回転します)
③体が正面に向いたところで体の回転をストップ
④その後は腕の振り上げを行う


この時、ボールを打とうとしてグリップに力が入ると、ラケット面が変わり、腕が上に振り上げられなくなり、ボールはネットを超えなくなります。 腕の操作をするまえに体の回転を使って、スイングに勢いを出すのですね。 テニス初心者の方が最も意識をすべき項目となります。

フォアハンドストロークとバックハンドストローク

 (30984)

ここまで、初心者向けのストロークの打ち方の基本動作をお伝えしてきました。実際のラリーや試合では、ボールが右側に来るかもしれませんし、左側にくるかもしれません。ですのでどちらに来ても対応できるようにフォアハンドとバックハンドの打ち方の練習をしていく必要があります。

左右の判断を経て、打ち方に移っていくことが、ラリー上達には不可欠な要素となります。特にテニス初心者は打ちっぱなし状態になり、その後構えを作らない傾向があります。これでは、左右の判断ができなくなってしまいます。

ここでは、構えた状態からスイングまでの打ち方をフォアハンド、バックハンドそれぞれで細かくお伝えしていきます。

テニス初心者のフォアハンドストローク練習方法

 (30996)

テニス初心者にありがちな間違いとして、ラケットを引いて横向きを作る動きになります。 これでは、グリップを握る手に力が入ってしまうため、手打ち状態になりやすくなります。

【練習メニュー】
①構えたところから、「左肩」を使って横向きを作った状態を作ります。
②球出しをしてもらいます。
③ボールが出されたタイミングで左足を踏み込み、打球をします。


ターンをすることで、素早い準備ができます! この動作は壁打ちでも練習ができます。 最初は離れた場所から壁打ちをし、徐々に前につめながら壁打ちをすることで、左肩を使ってターンをしないと間に合わない状況を作っていく練習方法です。

テニス初心者のバックハンドストローク練習方法

 (30995)

ここでは初心者におすすめの両手バックハンドの練習方法をお伝えしていきます。

【両手バックハンドの打ち方のポイント】
①グリップを持つ際は右手と左手が接するように握る
②その時、肩、肩、グリップを結ぶ二等辺三角形をキープしていく
③構え、ターン、体の回転まではフォアハンド同様の動作
④振り上げ時は両手で万歳するように両腕を均等に配分していく


テニス初心者に多い打ち方として、腕の力で飛ばそうとして、両腕の力配分がバラバラになってしまうことです。 テークバック~振り上げまで、腕の形を崩さないことが安定したショットを打つコツとなります。 以上の点に注意して、球出しから練習しましょう。

左右どちらにも対応するための練習メニュー

テニス初心者に限らず、準備を早くすることで打ち方は安定します。

【左右の判断の練習メニュー1】
ラケットを使わずに、相手からランダムに来るボールを右側に来たら右手、左側に来たら左手でキャッチする  この練習メニューでは、相手を観察して、相手の動きからボールはどちらの方向に来るのかを予測する練習です。

【左右の判断の練習メニュー2】
相手にラケットを持ってもらい、自分は球出しをします。相手のラケットにボールが当たった瞬間に右左の判断をし、練習メニュー1のようにキャッチする より実践的な練習メニューとなります。

相手のラケット面に注目することで、いち早い判断ができるようになります。
84 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゼロからバスケが上手くなりたい!バスケットの練習方法20選

ゼロからバスケが上手くなりたい!バスケットの練習方法20選

バスケを始めたばかりの小学生や中学生におすすめの、上手くなるの練習方法20選を紹介します。バスケの練習を行なって、ドリブルやパス、シュートなどの基本をしっかり覚えましょう!初心者が簡単でも簡単なことからスタートして正しいやり方で上達する方法を教えます。
masamiohdaira9 | 689 view
サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者の子供をもつ親にとって気になるのが子供のレベルです。うちの子に何を練習させれば良いのか?特にサッカー経験の無い方には心配です。そこで今回は入門編として、チームの練習以外に、1人でできるサッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューを紹介します。
masamiohdaira9 | 2,139 view
フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

サッカーやフットサルの経験が全く無い初心者でも、フットサルが上達するための練習方法を紹介。一人でも練習できるようなボールタッチの練習から、チームで行うオフェンス・ディフェンス練習まで、初心者のための幅広い種類の練習方法を紹介します。
onomine777 | 37,565 view
テニスの練習メニュー3選!基本的な素振りや打ち方【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニュー3選!基本的な素振りや打ち方【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニューを初心者におすすめなものを3選ご紹介します。テニスの練習では、まず素振りがあります。素振りの中で打ち方の基礎を固めていくことで、テニス初心者でもスムーズにボールを打球することができます。その他各ショットの正しい素振りの仕方や練習方法を解説します。
SKコーチ | 15,462 view
パルクールの練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

パルクールの練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

ジャンプ系パルクール練習方法を、パルクールに必要な基本的なジャンプ力強化方法に加え、基礎的なパルクール技、アクロバット技に、ジャンプ力強化方法で鍛えた技術を応用した練習方法で、習得する方法などを、紹介していきます!
みかん🍊 | 7,061 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ