2018年5月6日 更新

バドミントンラケットの初心者が知りたい選び方とおすすめ8選!

バドミントン初心者がラケットを選ぶ時のコツや選び方をご紹介します。更に、バドミントン初心者でも安心して使えるおすすめのラケットをメーカーごとにご紹介します。中学生・高校生でも使いやすい、あなたにぴったりのバドミントンラケットを見つけましょう。

  
9,468 view お気に入り 0

バドミントンラケットの初心者選びのポイント

バドミントンラケットの重さ

Free vector graphic: Gymnastics, Gym, Heavy, Gymnasium - Free Image on Pixabay - 2774336 (17283)

バドミントンラケットの重さは、あなたの筋力や年齢に応じた選び方を心がけましょう。
バドミントンラケットの重さの表記は、ラケットに「2U~5U」の数字で書かれています。
数字が上がれば上がるほどラケットの重さは重くなります。

重さのあるラケットを使うと、バドミントンでの攻撃技などにパワーが入ります。
一方、中学生や女性のバドミントンプレイヤーには、扱うのが厳しいラケットとなるでしょう。
バドミントン初心者の方であれば、3U~4Uのラケットが無難な選び方です。
2Uはバドミントン初心者の中でも、子どもや筋力が少ない方、スピーディなプレイが好きな方におすすめです。

もちろん、これはあくまで一般的な選び方としてのご紹介なので、実際にバドミントンラケットに触れてみて、素振りをし、自分がしっくりくる重さを選ぶことが重要です。

シャフトの硬さ

Free illustration: Abstract, Line, Wave, Design - Free Image on Pixabay - 140898 (17284)

シャフトの硬さは、バドミントン初心者の方は柔らかい方が無難な選び方でしょう。
シャフトの硬さは、「柔らかさ」「しなり」「フレックス」などの言葉で表されますので、バドミントンラケットを購入する時の参考にしてください。

シャフトの硬さは、「RA〇〇%」という形で数値で表記されます。
65~70%が一般的なしなり、65%以下だと大きくしなります。
70%以上はバドミントン経験者におすすめの硬さです。

バドミントン初心者に柔らかいシャフトが適している理由は、球の速さにあります。
まだバドミントンに慣れていない初心者は、筋力や体の使い方がまだ成り立ちません。
この時、シャフトのしなりの力がないと、球を遠くまで速く飛ばすことができないのです。

バドミントンラケットの重量バランス

Free illustration: Weigh, Plus, Minus, Horizontal - Free Image on Pixabay - 2856321 (17285)

バドミントンラケットの重さのバランスは、ヘッドに重量がかかるか、かからないかで判断されます。
ヘッドが重いと素早いラケットさばきが難しくなる一方、力強いショットを打つことができるようになります。

しかし、バドミントン初心者は一般的にラケットのスイートスポットをつかむこと自体が難しいので、おすすめの選び方は、ヘッドライトタイプのラケットです。
実際にバドミントンラケットを素振りしてみると、先に紹介した重さのレベルに関わらず、重量バランスで印象が変わります。
向き・不向きが最も出る部分ですので、初心者の方は特にどちらも比較した選び方が吉です。

あまり選び方にこだわらず、しっくりこない状態で練習していると、モチベーションも下がるので注意しましょう。

バドミントンラケットの初心者選びの注意点

ガットの張り方

Instagram (17287)

ガットは、バドミントンラケットを購入する際、ほとんどの店舗で張り方を指定することができます。
ガットの張り方の指定には、「ポンド」の選び方を知る必要があります。
ポンドは数値が上がれば上がるほどガットをきつく張る指定になります。

目安として、小学生から中学生程度のバドミントン初心者は16~20ポンドの張り方がおすすめです。
高校生の場合、20~26ポンドのガットの張り方が一般的です。

ガットの張り方によって、ラケットのショットは大きく変わります。
どんなに自分に合ったバドミントンラケットの選び方ができても、ガットの張り方が適切でないと、うまくバドミントンをプレイすることができません。

既にガットを張ってあるバドミントンラケットも販売していますので、必ず事前チェックする選び方をおすすめします。

ラケットのグリップテープ

Instagram (17288)

バドミントンラケットのグリップテープは、初期でも貼ってありますが、自分に合ったグリップテープを改めて貼ることをおすすめします。
グリップテープは、ラケットの持ち手のサイズをあなたにぴったりのサイズに合わせることができます。

初心者の方は、ついグリップのサイズを初期の持った感覚で選びがちです。
正しい選び方は、少し細めのグリップサイズのラケットを選び、その後グリップテープを巻いて、自分にぴったりのサイズに合わせる方法です。
グリップのサイズ感は、バドミントンプレイヤーにとって非常に大切なポイントです。
サイズが細すぎても、太すぎても、なかなか思い通りの握り方ができません。
グリップテープでサイズ調整することにこだわりましょう。

グリップテープには様々な種類があり、自分の好きな色や好みの素材を選ぶ選び方ができます。
詳しいグリップテープについての紹介は、下記の記事をご覧ください。

ラケットの値段

Free photo: Wallet, Credit Card, Cash - Free Image on Pixabay - 2292428 (17289)

バドミントンラケットの値段は、バドミントン初心者だからと言って安いものが良いとは限りません。

バドミントンラケットの値段はピンからキリまであります。
安いものだと、100円で手に入ります。
が、こういった廉価版のバドミントンラケットは、すぐに折れてしまうものや、プレイしづらいものがほとんどです。
値段が安い良品もありますが、少なくとも3000円程度の値段は覚悟しましょう。

ヨネックスなど大手メーカーのバドミントンラケットは、まず失敗しません。
ノーブランドのバドミントンラケットを購入する時は、値段が安いものであればあるほど、慎重な選び方を心がけてください。

また、バドミントン初心者の方が、無理に上級者向けの高級ラケットを使うと、扱いきれずに失敗しますのでご注意ください。

バドミントンラケット初心者におすすめ:ヨネックス製

ヨネックス マッスルパワー15

ヨネックスのバドミントンラケット マッスルパワー 15 レッド×ブラック

5,744
・製品:フレームのみ
・素材:カーボンフレーム
    カーボンシャフト
    内蔵T型ジョイント
・グリップサイズ::U5
・推奨張力:17~22lbs
・付属:専用ケース
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンの初心者におすすめなラケットの選び方とおすすめ4選!

バドミントンの初心者におすすめなラケットの選び方とおすすめ4選!

バドミントンを始めた初心者、また始めたい中学生、高校生のみなさんに向けて、バドミントンラケットを選ぶ時の注意点や見るべき点などをまとめました。バドミントンラケットは見た目や値段だけで選んでいいものではありませんので、初心者の方はしっかりと自分に合ったラケットを選びましょう。
Act | 5,846 view
テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10選と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10選と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスの初心者にとってラケット選びは、今後のテニスライフを左右するほど、大事です。初心者がテニスラケットを選ぶときに知っておきたいポイントとおすすめのテニスラケットを、ランキング形式でご紹介しますので、購入する際のしっかりとポイントを押さえておきましょう!
SKコーチ | 52,757 view
卓球初心者のおすすめラケット9選と気になる選び方とは?

卓球初心者のおすすめラケット9選と気になる選び方とは?

卓球初心者の方におすすめのラケットの選び方と、初心者の方に知ってほしいラケットの基本の種類についてご紹介します。ラケットの中で人気のあるメーカーのおすすめラケットを選びましたので、これから卓球ラケットを購入しようと考えている方はぜひチェックしてください。
yuki | 7,416 view
バドミントンシャトルのおすすめ10選!選び方のポイントは?

バドミントンシャトルのおすすめ10選!選び方のポイントは?

バドミントンを練習していたら絶対に必要なバドミントンシャトル。今回はおすすめのシャトル10選をご紹介します。選び方のコツや初心者にも人気のおすすめシャトルも紹介しますので、これからのシャトルの選び方に役立ててみてくださいね。
yuki | 16,918 view
バドミントンラケットの選び方!疑問を解決【初心者ガイド】

バドミントンラケットの選び方!疑問を解決【初心者ガイド】

バドミントンを始めたから早速自分のバドミントンラケットを探そう!!と意気込んでいる初心者の皆様、正しいバドミントンラケットの選び方はご存知ですか?初心者におすすめのラケットから、シャフト・スイングなどの知識まで初心者バドミントンラケットの選び方ガイド徹底解説!
yuki | 16,683 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki