2018年12月23日 更新

インステップキック蹴り方のコツと練習方法【サッカー上達】

サッカーにおけるシュートの場面で必要とされ、ディフェンス時にはクリアとして使用される重要なキックであるインステップキック。今回はインステップキック蹴り方のコツと練習方法を紹介します。そのカギとなるのはズバリ、足首です。

  
15,793 view お気に入り 0

軸足の向きでコントロールする

a.n.さんはInstagramを利用しています:「#森谷賢太郎 #フリーキック #ガンバ大阪戦 #frontale #フロンターレ」 (31621)

軸足の向きについてですが、このとき軸足のつま先はサッカーボールを蹴る方向に向けます。野球のピッチャーも投球動作の中でキャッチャーミットに踏み込み足(右投げの投手なら左足)のつま先を向けて投げます。サッカーにおけるインステップキックも同じ原理で、インステップキックでシュートを狙うなら、ゴールの狙いを定め、軸足のつま先を向けて蹴ることでコントロールします。サッカー初心者は、真っ直ぐ前に向ける蹴り方から覚えていきましょう。

インステップキックの蹴り方のコツ④

バランスを上手にとる

@forzakyu - Instagram:「ガクトのゴールが見た~い♪みた~い♪そろそろ本当に1試合複数ゴールが見たくなってきませんか?タマくんを忘れさせてくらいの豪快なの決めてみせてくれ~~⚽🌠 #野津田岳人#ベガルタ仙台#フリーキック#直接ゴール希望#ヴィッセル神戸戦」 (31622)

軸足を蹴る方向に向けて踏み込み、蹴り足を後ろに引きますが、このとき、バランスを崩さないために軸足側の腕を上げてバランスをとる蹴り方がポイントです。サッカーは足だけではなく、上半身も上手に使える蹴り方が重要です。シュートの場合、蹴り足の膝から下が相手ゴールキーパーから見えないくらい後ろに引くと、蹴り足が相手ゴールキーパーに見え難く、シュートコースが読まれ難いというメリットがあります。

インステップキックの蹴り方のコツ⑤

足首を伸ばした状態で固める

Ryu13さんはInstagramを利用しています:「@poldi_official #ルヴァンカップ#スーパーゴール#フリーキック#MVP👑#キャプテン#ヴィッセル神戸」 (31623)

ここからいよいよインステップキックの蹴り方におけるインパクトの準備に入ります。ここで重要なのが、足首を伸ばした状態で固めることです。インパクトの瞬間に足首が曲がっていたり、グラグラしていると強いインステップキックでサッカーボールを蹴ることができません。サッカー初心者には難しい足首の固定ですが、サッカーの練習におけるリフティング練習でこの技術は取得できます。
サッカー初心者はリフティング練習でしっかり足首を固定して正しい蹴り方を身に付けましょう。


強いインステップに必要な足首の固定

サッカーボールを金属バットで打つのと、スポンジ状でできたおもちゃのバットで叩くのではその飛距離に雲泥の差があることは明らかです。実際にサッカーボールをインステップキックで蹴る際も同じ原理で、足首がグラグラしていればサッカーボールは飛ばず、足首をしっかり伸ばして固定する蹴り方をすれば強くサッカーボールは跳びます。
このようにサッカーにおけるインステップキックのコツとして足首の固定は非常に重要で、特にサッカー初心者には根気強く練習で取得してもらいたいコツといえます。

インステップキックの蹴り方のコツ⑥

足の甲でボールの中心をける

じゅんやさんはInstagramを利用しています:「中村俊輔のフリーキック#中村俊輔 #フリーキック #ジュビロ磐田 #サッカー #開幕戦 #ボール #川崎フロンターレ #芝 #エコパ #light_nikon #Nikon #D5500 #一眼レフ #日本 #japan #カメラ #カメラ好きな人と繋がりたい」 (31626)

助走から軸足を置き、蹴り足を後ろへ振り上げながら足首を固定したらいよいよインパクトの瞬間です。インステップキックの蹴り方におけるインパクトの瞬間のコツは、足の甲でサッカーボールの中心を蹴ることです。野球ではボールがバットの芯にあたるときにボールは遠くへ飛ぶといわれています。サッカーにおいても同じ原理で、足の甲がサッカーボールの中心(芯)を捉えたとき、サッカーボールは遠くへ軽々と飛んでいきます。足首の固定と同じく、サッカー初心者には最初は難しいかもしれませんが、サッカー練習のリフティング練習でコツを取得することができます。

ボールに対する足の入れ方

インパクト時のボールに対する足の入れ方は助走と同じく斜め下からです。
右足で蹴る場合、助走してから軸足(左足)を置いたときに、身体を左側に少し倒すことでサッカーボールに対して蹴り足(右足)が斜めになるので、地面を蹴ることなくきれいにサッカーボールにミートできます。
基本は斜め下から足を入れ、サッカーボールの中心を足の甲で蹴るということです。

インステップキックの蹴り方のコツ⑦

ボールを押し出すイメージ

れおさんはInstagramを利用しています:「......俊さんの華麗なフリーキック⚽✨✨毎回毎回見る度に思う✊🏼💥#ジュビロ磐田 #jubilo #中村俊輔 #10 #FK #フリーキック #いいね返し #無断転載保存禁止」 (31627)

このインパクトの瞬間ですが、ここまで「蹴る」と表現してきましたが、サッカーにおけるインステップキックの蹴り方をイメージで表現するならば「押し出す」です。ドリブルも同じく「蹴って走って追いつく、蹴って走って追いつく」の繰り返しに思われがちですが、実は「押し出す、押し出す」イメージです。サッカー初心者には是非最初に頭に置いて練習してもらいたいイメージです。インステップキックの蹴り方のコツは、足の甲でインパクトし、「グーッ!」と押し出すイメージです。
このサッカーボールを押し出す技術が身につくと、サッカーボールの伸びが鋭くなるわけです。

インステップキックの蹴り方のコツ⑧

ヒザから下を鋭く振り抜く

92 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インステップキックの正しい蹴り方と練習方法!サッカー上達ガイド

インステップキックの正しい蹴り方と練習方法!サッカー上達ガイド

サッカーのインステップキックは試合で強いシュートを打つ、ライナー性のパスを出す、ロングキックで遠くにパスするときの3つに分類されます。それらのすべてに共通するインステップの蹴り方の基本から、シュート、ライナーパス、ロングキックそれぞれの練習方法と上達のコツを紹介しています。
nosedori | 3,805 view
ロングパスをマスターしよう!遠くに飛ばす蹴り方とコツとは?

ロングパスをマスターしよう!遠くに飛ばす蹴り方とコツとは?

サッカーのロングパスを遠くに飛ばすためには、足のスイングスピード、軸足の踏切と体のバランスの3つのコツがあります。また、足のどの部分でボールのどこをミートするのかでロングパスの球種が変わります。その蹴り方のコツや試合で使える技術とするための練習方法も紹介します。
nosedori | 89 view
アウトサイドキックの蹴り方の基本と3つのコツ【サッカー上達ガイド】

アウトサイドキックの蹴り方の基本と3つのコツ【サッカー上達ガイド】

アウトサイドキックを得意した選手はモドリッチやロベルト・カルロスなど有名選手がたくさんいます。自在に操るおしゃれなキックとされるアウトサイドキックとは、いったいどのようなキックなのでしょうか。サッカーを上達させたいという方必見のアウトサイドキックの蹴り方と基本、3つのコツを紹介します。
masamiohdaira9 | 63 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 1,494 view
ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートは、サッカーにおける変化球とも言えるシュートの一つです。 ドライブシュートはボールの軌道が、ストレートのラインを描きつつ、途中で下に急激に落ちるキックを言います。 このキックを蹴るには、非常に高い技術が必要になりますが、練習次第でできます。
camarade20042000 | 20,749 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9