2020年3月12日 更新

5月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるには多くのルアーを使いこなそう

5月のバス釣りを攻略するためにはスポーニングを意識したアプローチが大事です。また、5月はフィールドによって、3つのスポーニング状態のブラックバスが混ざるシーズンです。そのため5月のバス釣りでは、クランクベイトルアー、バイブレーションルアー、ソフトルアーを使いこなすことが釣果をあげるポイントです。

386 view お気に入り 0

5月のバス釣りの攻略法は?

 (103351)

5月のバス釣りの攻略法は、どのスポーニングの状態なのか意識することを​、おすすめします。3つのスポーニング状態のバスが、混ざっているからです。つまり、プリスポーン、ミッドスポーン、アフタースポーンを意識した攻略が必要です。また、スポーニングの状態に関係なく、朝まずめが一番釣りやすい時間帯になります。

春のプリスポーンのブラックバスとは?

プリスポーンのブラックバスは釣りやすいです。卵を産むことに備え、多くの餌が必要だからです。餌を多く食べるバスが多いので、フィールドを効率よく攻めることができるハードルアーを使ってみてください。ハードルアーは石や木やウィードに当てることが重要です。

春のミッドスポーンのブラックバスとは?

ミッドスポーンのブラックバスは釣りにくいです。産卵床に産みつけられた卵を守っているので、あまり餌を食べようとしません。

ミッドスポーンのバスが口を使うときは、産卵床に寄ってきた卵を狙う魚などが考えられます。ですから、バイブレーションルアーやクランクベイトルアーを産卵床の近くで使うとよいです。

春のアフタースポーンのブラックバスとは?

アフタースポーンのブラックバスは活発に動くことが少ないです。なぜならば、卵を産んだ直後で体力を使い果たしてしまっているからです。卵を産んだ後は動きが鈍いことが多いため、動きのはやいルアーに追いつけないことがあります。アピール力の低い、ゆったりとした動きのルアーを使ってみてください。

5月のバス釣りにおすすめのルアー

5月のバス釣りにおすすめのルアーは、シャロークランベイトルアー、バイブレーションルアー、ソフトルアーです。食欲旺盛なブラックバスと、そうでないブラックバスがいるので、これらを使い分ける必要があります。

シャロークランクベイトルアー

 (115308)

メーカー ダイワ
サイズ  50mm
シャロークランベイトルアー​は春の時期に、よく使われるルアーです。プリスポーンのブラックバスは食欲があり、積極的にシャロークランクベイトルアーを追いかけることが多いです。

初心者でも手軽に使え、障害物の回避性能が高いので、広い範囲を効率よくデカバスを狙うことができます。ウィード(水草)や岩、木に当てることが、釣果アップのコツです。

バイブレーションルアー

 (103374)

メーカー ジャッカル
サイズ 70mm
バイブレーションルアーは、上下にロッドを煽ることで、リアクションバイトを狙う使い方がおすすめです。ミッドスポーンのバスは、あまり餌を食べません。

ミッドスポーンのブラックバスの近くで、バイブレーションルアーをすばやくリフトアンドフォールさせてください。リアクションで口を使わせることができます。

ライトリグルアーのネコリグ

WHIP CRAWLER ネコリグ スイムアクション

ネコリグは、ゆっくりとブラックバスにアピールできます。アフタースポーンのバスに効果的なことが多いです。アフタースポーンのバスは、活発に動くことが少ないです。

動画くらいのスピードでゆっくりと誘う釣り方は、アフタースポーンのバスの反応がいいです。ウィード(水草)や石の近くで使用してください。

5月のバス釣りにおすすめのポイントとは?

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

ハタマサ@釣り人ライター ハタマサ@釣り人ライター