2020年3月12日 更新

サッカーのウイングの役割と動き方とは?サイドハーフとの違いも解説

サッカーのウイングはサイドの最前線に配置される攻撃的なポジションです。ウイングはサイドでボールを受けて、相手守備陣を崩していくことが求められます。しかし、ウイングの役割は、ドリブル突破が優れていたり、個人能力が高いだけではなく、チームの中で動き方を理解する必要があります。

903 view お気に入り 0

サッカーのウイングとは?

FC Barcelona on Instagram: “KICK-OFF TIME CONFIRMED!🔥 #ElClasico 🔥📅 Saturday, October 26th🏆 @LaLiga | Matchday 10📍 Camp Nou⏰ 1:00pm CET🔵🔴 #ForçaBarça #PlayToColor” (115040)

サッカーのウイングとはサイドの最前線に配置される選です。

ウイングはサイドから攻撃を仕掛けて、得点を狙います。

攻撃でアクセントとなる必要があるため、スピードがあり、ドリブル突破が得意な選手が務めることが多いポジションです。

ウイングのポジション

サッカーのウイングはWINGと表記され、「翼」という意味を持っています

ウイングはチームの両サイドに配置され、サイド攻撃を担当します。

サッカーの守備は中央を固めることがセオリーで、簡単に中央突破はできません。しかしその反面、サイドには中央に比べてスペースが生まれます。そのサイドのスペースを利用してチャンスを作り出すことがサッカーのウイングの役割です。

右ウイング

 (115027)

サッカーの右ウイングは、右サイド最前線に張ったポジションのことを指します。

多くのチームでは右ウイングは右利きの選手がつとめます。

右利きの選手を右ウイングに配置すると、縦へドリブル突破した後に利き足でクロスを上げることができます。また、左利きの選手を右ウイングに配置するのに比べて、ボール数個分、利き足でピッチを広くつかえます。ほんの数個分の違いですが、それによって相手からプレッシャーを受けにくく、プレーに好影響を与えます。

左ウイング

サッカーキング on Instagram: “. Wear a White Shirt (2019.07.20) . 📷Photo by Tim Warner/International Champions Cup/Getty Images . #アザール #EdenHazard #Hazard #レアルマドリード…” (115038)

サッカーの左ウイングは、左サイド最前線に張ったポジションのことを指します。

左ウイングは右ウイングに比べて、逆足のウイングが配置されることが多くなります。
それは、サッカーでは右利きに比べて左利きがかなり少ないという事情があるからです。

右利きウイングの中でも特にテクニックのある選手が左ウイングを務めます。高いテクニックで中央へカットインをして、高精度のクロス・シュート・ラストパスによってチャンスを作り出します。

サッカーのウイングの役割

サッカーのウイングは攻撃時にはサイドを攻略するための役割が与えられます。

ウイングがサイドで求められる動き方を実践することでサイドの攻撃は活性化します。

守備時には積極的に相手にプレスを行い、チームのディフェンスに貢献します。

幅をとって相手を広げる

 (115035)

ウイングはサイドに大きく開いて相手を広げる役割を担います。

相手を広げることによって、攻めるためのスペースを作り出します。

ウィングがサイドに大きく出ることで、相手サイドバックを外に引きつけます。サイドバックを外に引きつけて相手の守備組織を広げて、突破しやすい状況を作り出します。自分にボールがくる可能性が低くても、味方にスペースを作り出すために外で待っている必要があります。

サイドでチャンスメイク

FREAK on Instagram: “㊗️プレミアデビュー! これからが楽しみ(*^^*) チームも連勝継続でよかった。  #南野拓実  #南野選手  #南野  #リバプールfc  #リバプール  #ウルブズ  #ウォルバーハンプトン  #プレミアリーグ  #プレミアデビュー  #イングランドリーグ  #サッカー…” (115036)

ウイングはサイドでボールを受けたら、チャンスメイクをします。

ウイングを配置するチームはそこでチャンスを作り出すことを想定しているため、ウイングはドリブルやセンタリングなどの武器を持っておく必要があります。

ウイングにボールを運んでも、ウイングがドリブルで仕掛けなかったり、バックパスを優先的に行うような逃げのプレーではチームの攻撃は停滞します。

プレッシング

ウイングは守備時にはプレッシングを行います。

ウイングの積極的にプレッシングすることで、相手からボールを奪う可能性を高めます

ウイングはファーストディフェンスとして、相手に最初にプレッシングをかけます。そのプレッシグが鋭ければ、相手からボールを奪うことができます。また、ボールを奪えなくてもそのプレッシングによって相手の攻撃方向を限定でき、味方がボールを奪いやすくなります。

サッカーのサイドハーフとの違い

サッカーではウイングに似たポジションにサイドハーフがあります。

サイドハーフもサイドでのプレーを中心としていますが、その動き方は異なります。

ウイングはFWに分類され、より攻撃的な役割が与えられるのに対して、サイドハーフは中盤として攻守両面にバランスよく関わることが求められます。

攻撃時の違い

サッカーのサイドハーフは攻撃の時は中盤でプレーするのが役割です。

ウイングは前線でゴールを狙うことが最優先ですが、サイドハーフは中盤の組み立てに積極的に参加します。

サイドハーフは中央にスペースがある時はそのスペースに入り、ボールを受けて前線へボールを運びます。
ウイングはサイドの高い位置でボールを待っていてることが多いですが、サイドハーフは自らボールを受けにいき、ゲームを組み立てることが重要です。
62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフは中盤の右サイドの選手のことを指します。現代サッカーの右サイドハーフはサイドでプレーするだけではなく、ピッチ中央に入っていくプレーも求められます。サイドのアップダウンを中心にピッチを動き回る必要があるため、豊富な運動量が要求されるポジションです。
soccer.life.from87 | 297 view
ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
mblue1974 | 134 view
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
Anonymous | 161 view
バスケのポイントフォワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのポイントフォワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

ポイントフォワードとは、フォワードの選手がポイントガードの役割もこなすポジションです。つまり、ガードとフォワードのポジションを兼任するポジションになります。 ポイントフォワードは、絶対不可欠なのはキャプテンシーをもっていて、フォワードができるサイズと体の強さが必要です。
Act | 350 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 259 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

soccer.life.from87 soccer.life.from87
amazon