2019年8月4日 更新

アジングのルアーの基本知識と選び方!人気のおすすめワームこれだ!

アジングでは主にワームと呼ばれるルアーを使います。形状やサイズ・カラーなど、多種多様なアジング用のワームが各メーカーから販売されている人気のルアーです。初心者の方でもわかりやすくアジング用のワームについて、コツや人気のルアーを含めて事細かに解説します。

1,236 view お気に入り 0

アジングのルアーとワームの選び方とは?

ムラカミヨシキ on Instagram: “とりあえず2019一発目は 惜しくも泣き尺スタート。。。 #あと1センチ #あるある #とにかく爆風 #なんもできない状態 #6時間経過 #マグバイト #アジキラージグヘッド #fishing #アジング #メバリング #ライトゲーム #ロックフィッシュ#ブーティーシェイク…” (67121)

ワームと呼ばれているソフトルアーは、アジングにおいて最も使用されるポピュラーで入門編にもよいルアーです。ワーム単体で使われることはなく、ジグヘッドに組み合わせた仕掛けを主に使います。
これからアジングを始める初心者の方には、人気の高いジグヘッド仕掛けとワームの組み合わせがおすすめです。

アジングにおいてワームの使い分けは、その日の状況に応じて釣れるもの釣れないものが分かれるため、釣果に関わる大切なポイントになります。またアジングは手軽に楽しめ、奥の深い釣り方です。

ワームのサイズ

bun on Instagram: “アジングのジグとワームだいぶ揃って来ました🎣はやる気持ちを抑えて😱デビュー待ちです🐟🐟🐟#アジング #アジングワーム #アジング初心者 #34 #thirtyfour #サーティフォー” (67123)

基本のアジングで使用されるワームの選び方は 1.5インチから3インチまで使います。アジは吸い込むようにワームを口に入れて 違和感を感じると吐き出す習性を持っているので 他の釣りよりもソフトな素材のワームがおすすめです。

初心者の方に最も重要なのは、ワームをアジのいるレンジに投入し、ワームの存在をアジに気づかせるのがコツです。釣り方として一般的には、食いが悪いときはワームをダウンサイズしますが、食いが悪くとも大きなワームが釣れる状況もありますので、さまざまなルアーをローテーションしてみましょう。

ワームのカラー

まこもも on Instagram: “昨日のアジングで使ったワームとジグ単を整理しました。釣りを始めたらこの中めちゃくちゃになるのでせめて行くまではですね(笑) さて、今から買い物に行って来ます。 今日の夜はおでんを解禁しようかと。 ウチのおでんは醤油も入ったちょっと濃い目です❣️ #アジング #長崎釣り…” (67124)

アジングにはフィールドの状況に応じて色を変えることで釣果を上げる、カラーローテーションという方法を取ります。基本カラーはクリアー系・白系の色が定番です。色の選び方のコツは水の濁りが強いようであれば、イエローやピンクといった、アピール系のカラーなどのはっきりとしたシルエットが出やすいワームを使用しましょう。

逆に水が澄んでいる時などは緑などのナチュラル系のカラーを使用するなど使い分けをすることでアジに口を使わせることができます。夜釣りにおいては、蓄光して光を放つグローといったカラーも効果的です。

アジングのルアーに使われる仕掛け

タカ on Instagram: “関門ボートアジングで終盤戦反応良かったジャラシ オレンジスター🧡ボトムに居たアジを狩ったりました♪♪#clearblue #ジャラシ #アジングワーム #オレンジスター #関門アジング” (67122)

一昔前までアジの釣り方と言えば、堤防でのサビキ釣りや沖釣りが定番でしたが、近年はルアーを用いるアジングと呼ばれる釣り方が人気です。

アジングはメタルジグなどのハードルアーなども用いられますが、アジングの基本的な仕掛けであるワームを仕掛けの特徴や使い分け、コツについて紹介します。

アジングは同じワームを使う釣りであるメバリングと比べてもワームの使う頻度が高いです。初心者の方にも伝わりやすく仕掛けに適した釣り場のパターンも紹介しますので、いつも行く釣り場に合いそうな仕掛けを見つけましょう。

ジグ単

 (67353)

ジグヘッドのみの仕掛けである釣り方のジグ単をアジングで使用する場合の基本は 3gまでのジグヘッドを使用します。また扱いやすいため、入門者の方はジグ単から始めましょう。

アジはゆっくり落ちるアクションを好むため、 ワームに対して重過ぎないものを選ぶのがコツです。基本の選び方は0.8gや1.2gですが、水の抵抗が弱いので操作が難しくなります。初心者の方は少し重めのジグヘッドをリトリーブでアジを狙いましょう。 仕掛けは直接結ぶよりも、接続用のスナップを使う付け方の方がアクションが良くなりますのでワンポイントとして使うとさらによくなります。

キャロライナリグ

 (67241)

アジングが流行り始めた頃は、遠投性や深場まで探るためによく使用される釣り方はキャロライナリグが主流でしたが、タックルにシンプルさが求められるようになったので、ジグ単が主流となっています。

入門者の方には仕掛けが複雑ですのでおすすめしません。

キャロライナリグのメリットとしては、ジグヘッド単体の上に中通しのシンカーをつけて、飛距離アップを狙う仕掛けです。またアジの小さなアタリを伝えやすい点や、バックスライドを起こす形状でジグヘッドを引っぱりにくいなど、アジングに適した機能を備えています。

アジングのルアーの種類

アジは雑食で小魚・小さなエビ・バチといった様々なベイトを捕食しますので、アジングで使うワームは多種多様な形状です。

選び方として、ワームの形状を変える事は、基本的にワームの泳ぎに変化をつけるだけでなく、アジが食べている餌に似せるという意味の、マッチザベイトもあるとされているので、ベイトを目視できる状況であれば、アジのコンディションによって釣れるワームはさまざまなので、状況に応じてワームを選ぶのがコツです。

アジングワームは非常に柔らかいことが特徴で、フグなどにに齧られやすい弱点がありますので注意しましょう。

ピンテールワーム

 (67125)

ピンテールワームはアジングで主に使用されるワームで、ストレートワームとも呼ばれます。

全体的に短く、テール部分のみがピンのように細くなっており、リトリーブするとピンテール部分が小刻みに揺れるよう施されたワームです。

波動も小さく弱めのアピールで魚を狙いたい場合に有効な形状のワームで、ピンテールタイプは水の抵抗が少ないので、ダート系のジグヘッドと組み合わせるととてもよく動きますのでリアクションを狙った釣りにも使えるため、最初のアジング用ワームにおすすめします。

カーリーテールワーム

 (67128)

134 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマス(樺太鱒)を釣るためのタックルや仕掛けを詳しく紹介します。初めてカラフトマス釣りにチャレンジする初心者の方でも、必要なタックルや仕掛けを準備すれば、簡単に釣ることができます。カラフトマスの釣り方をマスターしましょう。
浦林 義徳 | 8,726 view
千葉のショアジギングのおすすめポイント5選!釣り場の情報まとめ

千葉のショアジギングのおすすめポイント5選!釣り場の情報まとめ

千葉県はショアジギングが楽しめる釣り場が豊富です。イナダ、ヒラマサ、カンパチなどの美味しい青物をオカッパリから狙えるためショアジギングを楽しみたい関東圏のアングラーにはおすすめです。そのような千葉県のショアジギングの釣り情報やポイントをマップ付きで徹底解説していきます。
activeldirector01 | 30,078 view
北浦のバス釣りポイント10選!釣果があがる釣り場で攻略しよう

北浦のバス釣りポイント10選!釣果があがる釣り場で攻略しよう

北浦は茨城県にある霞ヶ浦の人気の釣り場スポット。北浦はバス釣りの聖地とも呼ばれ、ハイシーズンには50センチを超えるデカバスの釣果も期待できるため、バス釣りの腕試しをしたい方にはぴったりの釣り場です。北浦のバス釣りポイントをマップや攻略法と共に徹底解説します。
activeldirector01 | 5,748 view
三春町海岸の釣りポイント4選!初心者でも釣果があがる釣り場とは?

三春町海岸の釣りポイント4選!初心者でも釣果があがる釣り場とは?

三春町海岸は横須賀市にある釣りスポット。初心者でも手軽に海釣りが楽しめるため、連日多くの釣り人が訪れます。ルアーフィッシングからサビキ釣りまで、様々な釣りが楽しめるためファミリーフィッシングにもおすすめです。ここではそんな三春町海岸の釣り場についてマップ付きで徹底解説していきます。
activeldirector01 | 640 view
湯ノ湖の釣りポイント情報まとめ!初めて行く人にゼロから攻略法を解説

湯ノ湖の釣りポイント情報まとめ!初めて行く人にゼロから攻略法を解説

湯ノ湖は栃木県の日光市にある湖。トラウトが盛んに放流されている釣り場であるため、ニジマス、ヒメマス、ブルックトラウトなどをオカッパリからもボートからも釣ることができます。ここでははじめて湯ノ湖に訪れる方にもおすすめの釣り場を釣り方と一緒に徹底解説していきます。
activeldirector01 | 4,415 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takagi takagi