2018年3月31日 更新

卓球シューズのアシックスモデルのおすすめ7選!初心者もOK

卓球シューズのなかでも人気のアシックス。はじめて卓球シューズを買おうと思っている方にもアシックスはおすすめです。今回は卓球シューズの特徴や選び方とともに、初心者でもOKなアシックスの卓球シューズをご紹介します。ポイントをつかんでお気に入りの一足を見つけましょう。

  
3,332 view お気に入り 0

アシックス卓球シューズの2つの特徴

 (29365)

アシックスシューズの特徴①クッション性

卓球はプレー中に足を止めることはほとんどありません。常に足を動かし、左右前後に素早く蹴り出し、ストップ、また次の動きへ移動を繰り返すスポーツです。

人間の体は本来、左右に素早く動きにくい構造をしています。前に踏み込むよりも、左右に踏み込む方がずっと難しいのです。

左右に素早く動いてみると、初心者の方は特に普段経験しない負担が足にかかることを実感するでしょう。ここで足をサポートするのが卓球シューズのクッション性です。固いコートに強く踏み込んだ時にかかる筋肉の負担を和らげるだけでなく、軽いフットワークで次の動作への移行をスムーズにします。クッション性が高い卓球シューズとそうでないものを比較するとプレー後の疲労感がまったく違います。

初心者の方は卓球のための筋力がつくまでは、卓球シューズの選び方としてクッション性に優れたものをひとつの基準にすることをおすすめします。

アシックスシューズの特徴②グリップ性

クッション性が豊かでも、シューズの底が柔らかすぎると深く沈んでしまい次の動作に移れません。また、スピーディーな動きにはコートをしっかりとつかむグリップ性が欠かせません。

卓球シューズの裏を見てみると、広範囲にわたってラバーが貼られているのがわかります。これはコートを瞬時につかむと同時に、直後にリリースして次の動きに移るフットワークを支えるためです。アシックスは卓球シューズの滑りにくさのために技術を駆使し、ソールにあらゆる工夫を施しています。

コートをつかむ感覚は、ソールが薄いほど足に直接伝わります。しかしクッション性を高めるためには一定のソールの厚みが必要です。このバランスと両立が卓球シューズを選ぶ際の鍵になります。

試しに一般的なスポーツシューズとアシックスの卓球シューズを比較してみれば、滑りにくさの違いに驚くでしょう。これからおすすめするアシックスの卓球シューズはどれもアシックスの技術を駆使してグリップ性に優れています。

アシックス卓球シューズのクッション性と耐久性

アシックスのα GEL

株式会社アシックス コーポレートサイト (29666)

アシックスのαGELはシューズのクッション性を高め足に伝わる衝撃を緩和するゲル状の素材です。これはパソコンの衝撃吸収材としても使われる、シリコーンを主原料とする素材で、卓球シューズではかかとや踏みつけ部分など、比較的衝撃が強く加わる部分に効果的に使われています。

日常生活ではとることのない卓球の左右前への強い踏み込みは、初心者の方の足には比較的強い衝撃として伝わります。αGELは筋力や瞬発力にまだ自信のない方に特に効果的です。一般的なスポーツシューズとアシックスαGEL内蔵の卓球シューズを比較してみれば、足への負担やフットワークの違いはすぐにわかるでしょう。アシックスの卓球シューズの選び方としてゲルの機能も大切なポイントです。

アシックスのNCラバー

株式会社アシックス コーポレートサイト (29668)

NCラバーはアシックスの卓球シューズの滑りにくさと寿命にかかわる優秀なラバーです。

卓球シューズのグリップ性は、アウトソールのラバーの質で決まります。合成ゴムと比較して天然ゴムは粘りが強く、コートに密着するようにして滑るのを抑えます。
しかし天然ゴムは消耗が激しいのが欠点です。卓球のように数秒間に何度も踏み込みとリリースを繰り返すスポーツでは、ゴムはすぐにすり減って機能が低下してしまいます。

せっかくアシックスの卓球シューズを買ったのならできるだけ長く履きたいもの。卓球シューズの寿命は何で決まるかというと、ほとんどアウトソールで決まります。アウトソールがすり減ってしまっうとシューズの買い替えどきなので、卓球シューズの選び方のポイントにシューズのアウトソールの質=寿命が挙げられます。

そこで、天然ゴムに耐摩耗性に優れる合成ゴムを独自にブレンドしたNCラバーは、天然ゴムの粘りを備えつつ合成ゴムの耐久性で卓球シューズの寿命を延ばすというふたつの要素の両立を叶えた素材です。アシックスのNCラバーは是非おすすめです。

アシックスの人気おすすめ卓球シューズ①

オールランド向きの卓球シューズ

アシックスの卓球シューズ アタックSP3

アシックスの卓球シューズ アタックSP3

・メイン素材:人工皮革
・ソール素材または裏地:合成底
・ヒールの高さ:2.5cm
・留め具の種類:レースアップ
・ソールの厚さ:2cm
アシックスのアタックSP3はオールランド向きの卓球シューズとして開発されたもので、初心者から多くの人に選ばれている人気のおすすめシューズです。

アタックSP3はかかと部分のジェル素材やアシックスの技術であるツーデンシティミッドソールを採用しており、他のアシックス卓球シューズと比較しても特にクッション機能に重点を置いた卓球シューズです。

接地面も広く安定性も十分で滑りにくい構造です。足幅はレギュラーとなっていますが、使用している方の声では「やや足幅が狭い」との声も。もともと幅が狭い方はぴったりかもしれませんが、気になる方は一度試着することをおすすめします。足幅は卓球の左右の滑りやすさに影響するので、卓球シューズの選び方としてシューズごとの足幅を参考にしてみてください。

色は2色。アタックSP3の代名詞ともいえる明るいオレンジの地にアシックスの白いラインが生えるフラッシュコーラル×ホワイトと、白地に濃い紫色のラインの入ったベーシックなホワイト×シャドーパープル。
見た目もスリムでかっこいいのでスタイリッシュに履きこなせそうです。

アシックスのツーデンシティミッドソール

asics (28596)

ツーデンシティミッドソールとは、デンシティ=「密度」の違う2種類のクッションをミッドソールに採用しているということです。
ソールの部分に応じて硬度の異なるクッションを用いることで動作時にクッションが適度に変形し、素早い動きをサポートします。

このサポートによりプレー中はもとより、プレー後の筋肉疲労の軽減が期待できます。初心者の方は特に卓球のための筋肉が未発達なので、アタックSP3のようなクッション性の高い卓球シューズを履くことでプレー後の疲労が大きく変わるでしょう。 

アシックスの人気おすすめな卓球シューズ②

ストップ性に優れた前陣速攻型の卓球シューズ

アシックスの卓球シューズEXCOUNTER

アシックスの卓球シューズEXCOUNTER

・メイン素材:人工皮革
・ソール素材または裏地:ゴム
・ヒールの高さ:2.5cm
・留め具の種類:レースアップ
・ソールの厚さ:1.5cm
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球シューズのバタフライおすすめ9選!初心者もOKな人気モデル

卓球シューズのバタフライおすすめ9選!初心者もOKな人気モデル

バタフライの卓球シューズは卓球専門メーカーとしての技術とデザイン性の高さが人気です。今回はバタフライの各モデルを比較しながら初心者にもおすすめの卓球シューズを紹介します。かっこいいものからかわいいものまで、選び方を参考にお気に入りの一足を探してみてください。
鈴木明子 | 4,241 view
大胸筋の鍛え方女性編!正しい筋トレ方法でキレイなバスト維持

大胸筋の鍛え方女性編!正しい筋トレ方法でキレイなバスト維持

女性も正しい鍛え方で積極的に筋トレをすることで美しい体にすることができます。正しい鍛え方で大胸筋の筋トレを行えばきれいなバストを維持できます。ここでは、筋トレ初心者の女性に向けた大胸筋の鍛え方を紹介します。簡単なトレーニングから取り組んでみましょう。
t.masa0256 | 91,154 view
サッカートレーニングシューズキッズ用10選と選び方のポイント!

サッカートレーニングシューズキッズ用10選と選び方のポイント!

キッズサッカーデビューの親御さんはお店に行く前に見て欲しい!キッズサッカーをする上で必須となるトレーニングシューズの選び方をサポートします。しっかり選んだトレーニングシューズで子どものキッズサッカーデビューを応援しましょう!
merry.dog | 19,839 view
室内用のフットサルシューズの選び方とおすすめ人気ランキング7選!

室内用のフットサルシューズの選び方とおすすめ人気ランキング7選!

サッカーと違い、少人数で手軽に行うことができるフットサルは体育館などの室内と、天然芝などの屋外とで行われ、それぞれ適したフットサルシューズが発売されています。ここでは、室内用フットサルシューズの選び方を解説し、おすすめ人気ランキング7選を紹介します。
masamiohdaira9 | 72 view
フットサルの初心者必読!ルールや動き方・ポジションなどの情報まとめ

フットサルの初心者必読!ルールや動き方・ポジションなどの情報まとめ

フットサルは大人になってから始める人も大勢います。フットサル初心者でも、基本を練習して、コツを掴むことでシュート、ドリブルなど多くの技術を習得できます。ルールや動き方を知ることで頭を使って技術力をカバーすることもできますので、フットサルの基礎を学びましょう。
camarade20042000 | 94 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木明子 鈴木明子