2018年3月31日 更新

卓球シューズのアシックスモデルのおすすめ7選!初心者もOK

卓球シューズのなかでも人気のアシックス。はじめて卓球シューズを買おうと思っている方にもアシックスはおすすめです。今回は卓球シューズの特徴や選び方とともに、初心者でもOKなアシックスの卓球シューズをご紹介します。ポイントをつかんでお気に入りの一足を見つけましょう。

9,401 view お気に入り 0
アシックスのアタックEXCOUNTERは軽い上にストップ性に優れた前陣速攻型の卓球シューズとして高い人気を保つおすすめモデルです。
アウターソールに注目。アシックスのあらゆる技術が搭載されています。
前足部内側のマルチコンタクトエッジが滑りを抑え、素早い動きの中でもコートをしっかりつかみます。母趾球部分のグリップ性も完備。
中足部の高硬度E.V.A. は安定性の役割を担い、卓球プレー中の踏み込みとリリース時の滑りを抑えます。
 (29541)

一方でアッパーは柔らかな素材で足の甲を無理なく包み、かかと部分はしっかりとホールドします。

クッション性を重視するとアウトソールにある程度の厚みが出てしまうためシューズ全体の重量がかさんでしまいがち。しかしこのアタックEXCOUNTERはクッション性や滑りを抑えるグリップ性を搭載しながらもスピートが求めらる前陣速攻型のフットワークを想定して作られている優秀な卓球シューズです。

色は白地にブルー、ネイビーまたはレッドのラインが入ったアシックスらしいシンプルなものをはじめ、ブルーとレッドの色のコンビネーションがかっこいい新色も登場しています。初心者の方でもこの頼れる一足からはじめてみるのをおすすめします。とにかく人気の高いアタックEXCOUNTER。卓球シューズの選び方に迷ったら多くの人に選ばれてるシューズを試してみることをおすすめします。

アシックスの人気おすすめな卓球シューズ③

エントリーモデルとしておすすめ

アシックスの卓球シューズアタック HYPERBEAT SP2

アシックスの卓球シューズアタック HYPERBEAT SP2

・靴幅:2E
・メイン素材:合成繊維
・ソール素材または裏地:ゴム
・ヒールの高さ:2cm
・留め具の種類:レースアップ
・ソールの厚さ:1cm
アシックスが初心者向けのエントリーモデルとして作ったのがこのアタックHYPERBEAT SP2です。

アシックスのアタックHYPERBEAT SP2のポイントはアシックスの新素材ソライトを使用していることです。
ソライトとは、アタックEXCOUNTERなどアシックスがこれまで数々のシューズのアウトソールに採用してきた高硬度E.V.A. を改良したもので、通常のスポンジ素材より軽い上にクッション性に優れれています。

ソライトの重さはE.V.A. と比較して半分でありながら衝撃吸収率は20パーセントアップ。車のバンパーにも採用されている衝撃吸収性に優れた樹脂を使うことで実現させています。こういった高機能素材を内蔵されている点も、アシックスの卓球シューズの選び方のポイントになります。

アシックスのソライト素材

株式会社アシックス コーポレートサイト (29546)

アウトソールは全体に滑りにくいラバーが施されているので滑りにくく、アッパーはメッシュになっており通気性と軽い履き心地を叶えています。

軽いシューズとクッション性とは本来対立するもので、軽い方を優先すればクッション性は低くなり、クッション性を求めれば重くなってしまう、というのが一般的な事実。しかし初心者にはクッション性も軽いのもどちらもほしいものです。まずエントリーとしてオールラウンダーなアタックHYPERBEAT SP2を使用してみて、自分の成長や目指すプレーに合わせて2足目の選び方を考えるのもおすすめです。

色はアタックEXCOUNTER同様、白地にレッドまたはブルー、ネイビーのアシックスラインが入ったスタンダードタイプに加え、ブルーとレッドのコンビネーションが鮮やかな新色が出ています。

アシックスの人気おすすめな卓球シューズ④

パワー型のプレーヤーにおすすめ

アシックスの卓球シューズ アタックBLADELYTE3

アシックスの卓球シューズ アタックBLADELYTE3

・メイン素材:合成繊維
・ソール素材または裏地:ゴム
・ヒールの高さ:3.5 cm
・留め具の種類:レースアップ
・原産国:インドネシア
・靴幅:2E
ソールの厚さ:2cm
アシックスのアタックBLADELYTE 3は激しい動きをするパワー型のプレーヤーのために作られた卓球シューズです。

こちらもアウトソールに注目。卓球の特徴である左右の激しい動きの中でもシューズが滑らないよう、かかと部分にクイックカウンターを搭載。これにより横ブレを抑制します。また特殊な樹脂がバックステップ時のブレにも対応。

旧モデルのアタックBLADELYTE 2と比較すると、BLADELYTE 3のアウトソール前足部には脈のようにラインが這っているのがわかります。これは激しい動きの中でもスムーズに足の屈曲と進展ができるよう工夫されたもので、パワー型プレーヤーを一層サポートします。
また先端に空いた二つの穴が通気性を高めます。
Amazon | [アシックス] 卓球シューズ アタック BLADELYTE 3 TPA329 (旧モデル) | Amazon Fashion (29579)

とにかくコートを自由自在に軽いフットワークで動き回る選手のために作られたのがこのアタックBLADELYTE 3です。いかに軽いはき心地でプレーできるかがシューズ選びのポイントにもなります。
過去、ブレードライトシリーズにはシューズのベロと呼ばれる部分がなく、真ん中でぱっくり割れていました。アタックBLADELYTE 3はベロが付いていますが、左右のブレ防止のためにシューズとベロが一体型になっており、ベロのズレが気になってプレーに集中できないということがないよう工夫されています。このシューズとベロの一体型はアシックスの卓球シューズの特徴のひとつです。

アッパーは広範囲に渡りメッシュ素材が使われており通気性と軽い履き心地を重視しながらも、かかと部分はクッションで包まれてしっかりとホールドしてくれます。

色は白地にレッドまたはブルーのラインというアシックスの定番ですが、シルバーのラインがふんだんに使われてクールな印象。かっこいい雰囲気で履きこなしたい方におすすめです。初心者の方でもアタックBLADELYTE 3ならフットワークを高めるサポートをしてくれるのでおすすめです。

アシックスの人気おすすめな卓球シューズ⑤

女性におすすめしたいかわいいモデル

アシックスの卓球シューズ アタックDUALYTE

アシックスの卓球シューズ アタックDUALYTE

・靴幅:2E
・メイン素材:天然皮革
・ソール素材または裏地:合成底
・ヒールの高さ:2cm
・留め具の種類:レースアップ
・ソールの厚さ:1.5cm
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

かっこいいバッシュのランキングTOP7!デザイン重視のシューズ

かっこいいバッシュのランキングTOP7!デザイン重視のシューズ

バッシュといえば、普段使いできるかっこいいデザインが人気で、プレーに使用するだけではなく、カジュアルなどファッションアイテムの一部として活躍しています。ナイキや、アディダスなどのスポーツメーカーからリリースされているかっこいいバッシュをランキング形式で紹介していきます。
masamiohdaira9 | 7,490 view
アシックスのテニスシューズの人気おすすめTOP10!特徴や他のブランドとの違いとは?

アシックスのテニスシューズの人気おすすめTOP10!特徴や他のブランドとの違いとは?

アシックスのテニスシューズは、機能面や動きやすさを重視したものが数多くあります。その中でも特に人気の高いおすすめのアシックステニスシューズをランキング形式でご紹介します。自分にフィットするテニスシューズを見つけて、プレー向上を目指しましょう。
SKコーチ | 6,248 view
ランニングシューズ!初心者におすすめ10選と気になる選び方とは?

ランニングシューズ!初心者におすすめ10選と気になる選び方とは?

ダイエットや健康志向が高まる中、ランニングがブームになっています。これからランニングを始めようと考えている方も多いと思いますが、そこで必要になってくるのがランニングシューズ。ここでは初心者におすすめのランニングシューズの選び方とおすすめ10選を紹介します。
masamiohdaira9 | 1,117 view
卓球シューズのバタフライおすすめ9選!初心者もOKな人気モデル

卓球シューズのバタフライおすすめ9選!初心者もOKな人気モデル

バタフライの卓球シューズは卓球専門メーカーとしての技術とデザイン性の高さが人気です。今回はバタフライの各モデルを比較しながら初心者にもおすすめの卓球シューズを紹介します。かっこいいものからかわいいものまで、選び方を参考にお気に入りの一足を探してみてください。
鈴木明子 | 10,139 view
サッカートレーニングシューズキッズ用10選と選び方のポイント!

サッカートレーニングシューズキッズ用10選と選び方のポイント!

キッズサッカーデビューの親御さんはお店に行く前に見て欲しい!キッズサッカーをする上で必須となるトレーニングシューズの選び方をサポートします。しっかり選んだトレーニングシューズで子どものキッズサッカーデビューを応援しましょう!
merry.dog | 58,445 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木明子 鈴木明子
amazon