2017年11月11日 更新

水泳クロールを速く泳ぐために必要な4つのコツとは?【初心者ガイド】

水泳のクロールで速く泳ぐためにはどんなことに注意するべきでしょうか?キックや呼吸、水かきのコツや、おすすめの考え方などをご紹介します。クロールでスピードアップすれば、初心者の方も水泳が楽しくなります。ぜひ効率的な練習をするために、コツをチェックしてみてください。

  
48,613 view お気に入り 0

クロールで速く泳ぐコツは、体の動きを知ること

Free photo: Swimming, Swimmer, Female, Race - Free Image on Pixabay - 78112 (17635)

クロールは、水泳の中でも基本となる泳ぎ方です。
水泳初心者の方も、多くの場合最初に泳げるようになるのはクロールです。
クロールは消費カロリーも多く、ダイエットのために泳ぐ方も多いでしょう。

クロールで「より速く泳ぎたい」という方は多いかと思います。
今回は、クロールでより速く泳ぐためのおすすめのコツをご紹介します。

クロールで速く泳ぐコツは、ズバリ体の動きを知ることです。
クロールで泳ぐとき、それぞれの体のパーツを意識していますか?

水泳初心者の方でも、体の使い方を意識すれば、クロールのスピードを上げられます。
ぜひ参考にして、クロールの練習に活かしてください。

コツ①呼吸は深く取りすぎない

速く泳ぐなら頭は上げすぎない

スイスイ泳げる クロールのコツ

クロールは横を向きながら呼吸をするので、水泳初心者の方はつい頭を上げすぎてしまいます。
試してもらうとわかると思うのですが、意外とあごだけが水面から出ていれば呼吸はできます。

頭を水面から出しつつ呼吸をとる動作は、水泳中の体に疲労をもたらします。
呼吸をするたびに疲れていくのでは、速く・長くクロールで泳ぐことはできません。

クロールにおける呼吸のコツは、あごだけ水面から出すことです。
実際は、顔全体も水面から自ずと出るのですが、意識を変えるだけで無駄な動きは軽減されます。
この小さな意識が、水泳で速く・長く泳ぐことに繋がります。

特に水泳初心者の方は、呼吸する時に大きく首を振りすぎないよう意識するのがおすすめです。
クロールで泳ぐと、呼吸の際には自然に体は傾き、そのままの流れで呼吸できます。
水泳では、こういった自然な体の動きの連鎖によってできる動作がほとんどです。
意識的に速く泳ぐために取り入れた動きは、大概裏目に出てしまいます。

体の動きの自然さに敏感になることも、水泳で速く泳ぐためのコツとなります。

スピードを意識しすぎて焦らないこと

水泳 クロール 息継ぎのコツ/ビート板に頼らず練習/swimming freestyle breathing technique for beginners

クロールで速く泳ぐことを意識している水泳初心者の方は、呼吸のタイミングがずれます。
呼吸のタイミングがずれると、そのタイミングを直すために手足や体を無駄に使います。
この積み重ねが、結局クロールで速く泳げない原因になることがあります。

クロールに限らず、水泳では速く動いたからと言って実際のスピードが上がるとは限りません。
効率的に水をかき、スムーズに前進できることで、水泳スピードは速くなります。
水泳において、呼吸のタイミングは特に大切で、丁寧に呼吸をとることがコツです。

水泳初心者の方は、心拍数が上がると焦ると思いますが、落ち着いて呼吸を取りましょう。

コツ②キックは水中でばたつかせない

膝をまっすぐ保つ

クロールのコツ~高安亮選手のお手本~【コナミメソッドまとめ】

水泳初心者の方が速く泳ぐために犯すミスは、水面を叩くようにキックすることです。
一見、水面がバシャバシャと音を立てると水泳が上達したように見えますが、実際は水の抵抗によってキックの威力を落としています。

また、水面にキックが出てしまうということは、膝が曲がっているということです。
水泳では、手足いずれも曲がることによってエネルギーが半減します。
なぜなら、水をしっかりとかけないからです。

クロールでは、キックをできる限り効率的に行うことがスピードアップの鍵になります。
膝をまっすぐ保った上で、水面下で力強く水を押し出していく動きを意識してください。
初心者の方は、太ももから先を脱力したまま、太ももの力でキックすると考えるのがコツです。

キックしよう、キックしよう、と意識しすぎると力んでしまい、本来の柔軟性がなくなってしまいます。
脱力しながらキック、と意識することをおすすめします。

足首を柔らかく

クロールのキック

クロールは、足の甲で水をかきます。
足首が硬いと推進力が下がり、速く泳ぐことができません。

クロールに限らず、水泳ではとても大切なことですが、足首を柔らかく保つことが大切です。
水泳前・後のストレッチは欠かさず、泳ぐ間も初心者の方は足首を意識することをおすすめします。

上手なキックをするコツは、この足首が柔らかい状態で、なおかつ甲までまっすぐ伸びた状態を作ることです。
クロールで速く泳ぎたいならば、まず足首の角度や状態をしっかり確認しましょう。

コツ③手の長さを活かしたプルを心がける

人差し指から着水

クロールのストローク

足だけでなく手の水かきもクロールでは重要です。
水泳初心者の方は、つい着水する時「バシャン」と音を立てながら平手打ちをしてしまいます。
少しでも抵抗力を少なくするためには、回転して着水する手は人差し指から着水してください。

こうすることで、前進していくときの水の抵抗が減り、より速く泳ぐことができます。
人差し指から着水するためのコツは、腕を回転するときの手のひらを外向きに構えることです。

水中で、腕の回内運動が発生しますので、クロールの練習をする際、動きをよく確認してみましょう。
水泳中は、腕や足、体そのものがどのように回転しているのかを3Dで考えられると、速く泳ぐことができるのでおすすめです。

手はできる限り遠くへ着水する

【水泳】【競泳】ストローク キャッチの基本

クロールで速く泳ぐためには、手の長さをフルで使ったプル(水をかく動き)を心がけます。
両手を交互に回転させながら泳ぐ水泳方法であるクロールでは、このプルでいかに前へ進めるかがスピードアップの鍵になります。

肘をできる限り曲げず、あなたの腕の長さにとって最大限遠くへ着水するように意識することがコツです。
ちなみに、肩甲骨を柔軟にしておくと、腕の長さはさらに伸び、速く泳ぐことに繋がります。

クロールで速く泳ぐことを考えると、水中での水かきに集中しがちですが、水面から出ている際の動きでもスピードアップができるのでおすすめです。
水泳では、この腕の使い方が速く泳ぐ重要なポイントになります。

コツ④全身を柔らかく使う

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツでもっと上達したい!!という方に送る、ダーツ上達のために必要な持ち方、握り方、投げ方などの初心者ガイド決定版です。まっすぐに投げる方法、回転をかける方法、目線の考え方など盛りだくさんの内容です。ダーツファンはぜひチェックしてみてください。
yuki | 104,457 view
バドミントンのミックスダブルスのコツ!気になるポイントとは?

バドミントンのミックスダブルスのコツ!気になるポイントとは?

バドミントンのミックスダブルスにおける勝利のコツをご紹介します。バドミントンのミックスダブルスならではの特徴を踏まえた上で、考え方や練習方法なども簡単にご紹介しますよ。これからミックスダブルスをプレーしたいと考えている方は、ぜひチェックしてください。
yuki | 8,768 view
バドミントンサーブのコツ!当たらない人への練習方法【初心者ガイド】

バドミントンサーブのコツ!当たらない人への練習方法【初心者ガイド】

バドミントンはサーブが入らなければ始まらないのですが、そもそもサーブが当たらない!!と悩んでいる初心者の方にぜひ読んでいただきたい、サーブが当たるコツとポイントをご紹介します。コツをつかんだ練習方法であなたもサーブをマスターしましょう!
yuki | 28,114 view
スラックラインのコツ!歩き方や練習方法【初心者ガイド】

スラックラインのコツ!歩き方や練習方法【初心者ガイド】

スラックラインのコツをご紹介します。初めての方・初心者でもできる歩き方や練習のコツとは?スラックラインを買ってみたものの何から始めたらいいか分からない方は必見です。初心者の方に向けてスラックラインの歩き方や練習のコツを動画とともにご紹介します。
sayusayuman1031 | 11,783 view
テニスが上手くなるには5つのコツがある!初心者が知りたい上達方法とは?

テニスが上手くなるには5つのコツがある!初心者が知りたい上達方法とは?

テニスで上手くなるためのコツを5つに分けて紹介します。「テニスを始めたけど何に気を付ければいいか分からない…」「もっと効率よく上手くなる方法が知りたい…」そんな初心者が知っておきたい上手くなるコツ、上達法を動作ごとに紹介するので、ぜひ練習時に意識して上達への近道にしましょう。
木人 | 25,469 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki