2017年6月30日 更新

カテナチオとは?フォーメーションや戦術紹介【サッカー戦術】

カテナチオとは?いったいどのような意味でしょうか。今回はサッカーのカテナチオの戦術について紹介します。今でも時々使われるカテナチオ戦術やフォーメーションですが本当の意味をご紹介します。サッカーをやっている人なら是非とも知っておきたい戦術・フォーメーションとなりますので詳しく説明します。

  
10,837 view お気に入り 0

サッカー:カテナチオとは

カテナチオの言葉の意味とは?

サッカー用語のカテナチオとは、イタリア発祥のサッカーの戦術の一つを意味する言葉とされています。もともとの意味はイタリア語で「かんぬき」という意味です。

これから詳しく紹介しますが、選手のフォーメーションやスイーパーと呼ばれる選手のポジションの動き方が「かんぬき」のように見えるためカテナチオという言葉が使われています。

カテナチオのその他の意味合いとは?

現在のサッカー界では堅い守備の戦術のとこを表す意味として”カテナチオ”と呼ぶこともあるそうですが、これは本来の意味ではなく今現在ではカテナチオの戦術を用いるサッカーチームはほとんど存在しません。

ではそのカテナチオとはどのような戦術なのか次で紹介します。
Free photo: Soccer, Ball, Football, Players - Free Image on Pixabay - 263716 (2044)

カテナチオのフォーメーションとリベロとは?

カテナチオフォーメーションの考え方とは?

サッカーのカテナチオとは下の図のように1-4-3-2が主なフォーメーションの戦術です。
最も重要なのは1-4の部分で3-2に関してはチームのサッカーや戦術によって様々なポジションを取ります。ちなみに1-4-3-2と上げている1の部分のポジションをリベロと言ってこの選手の動き方が、とても重要です。
 (2039)

カテナチオ戦術の時のリベロとは?

リベロとはイタリア語で「自由」を意味する言葉で、当時はマンマークが主流だった守備の中で唯一マークをせずに、自由に守備をするポジションであることからその名が名づけられました。
この選手の動き方は少し特殊で、基本的には選手のカバーをすることが仕事です。当時センターバックの後ろにポジションはなかったのでこの戦術はとても画期的でした。

サッカーカテナチオ戦術の長所とは①

カテナチオ戦術のメリットとは?

ではサッカーカテナチオ戦術にはどんな長所があるのでしょうか。

この戦術の長所は何といっても守備が硬いことです。

最初の図の1-4-3の8人でゴールを守るのが基本戦術なのですが、普通のチームは4枚の守備のポジションの選手が突破されるとかなり失点のリスクが高まりますがこのフォーメーションではその後ろのポジションにリベロの選手を配置していることでそのリスクをかなり回避しています。

ボールを自分たちから奪うことには適していませんが、向かってくる相手にはとても強くなかなか崩されることはありません。

サッカーカテナチオ戦術の長所とは②

カテナチオ戦術のメリットとは?②

 (2049)

またもう一つの長所はカウンターサッカーをすることにとても適しているフォーメーションだということです。1-4と5人の守備のポジションの選手が徹底的に守備の動き方をすることによって、残りの選手はカウンターの際、周りをあまり気にせずにカウンターに参加できます。
また先ほど挙げた1-4-3-2の場合サイドにあまり選手を配置していない戦術なので、カウンターの際にゴール前により多くの人数の選手をかけることができとても効率的です。
また先ほど紹介したようにカテナチオは向かってくる相手に強いので相手が攻撃に人数をかけてきやすくこれもまたカウンターサッカーに適しているといえます。

なぜカテナチオ戦術が生まれた背景とは

 (2047)

ではなぜこのような戦術が生まれたのでしょうか。
当時のイタリアのサッカー選手の能力が低く前線に強力な助っ人外国人がいるものの、中盤からパスをつなぐ能力が乏しく、思うように外国人を生かすサッカーができませんでした。
そこで限られた選手を使い少ない手数で相手ゴールを奪う戦術が必要になり、そのためにはカウンターサッカーをする必要がありました。
カウンターサッカーをするためには堅い守備が必要です。そのために守備に人を費やし1-4の5人の選手を守りのポジションに使う戦術を用いました。そして相手を攻めさせて守備を手薄にさせ、外国人選手の能力を生かすことに成功しました。
これによってカテナチオは一時代を築く戦術になりました。
ではなぜカテナチオは今のサッカーでは使われなくなってしまったのか、次にカテナチオの端緒について紹介したいと思います。

サッカー:カテナチオの弱点とは①

 (2048)

カテナチオの弱点の一つとはずばりカテナチオの特徴のリベロというポジションです。なぜかというと、リベロとは4バックの後ろを動くのが基本の動き方なのでオフサイドがほとんどとれない戦術になります。
これによってサイドの裏のスペースを簡単に使われてしまい、クロス攻撃に非常に弱い弱点があります。
また、リベロとは4バックの後ろのスペースをカバーするポジションですが、しかし今のサッカーではリベロの動き方をキーパーに求める傾向があります。
そのため、オフサイドが取れなくなるリベロを配置するなら、キーパーにリベロの役割を担ってもらうほうが守備が安定し、リベロ使うフォーメーションにメリットがないという結論になってしまいました。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサルの戦術考察!基本戦術9つと動き方とは?

フットサルの戦術考察!基本戦術9つと動き方とは?

フットサルは知っての通り基本的なプレーはサッカーと同様ですが、戦術においてはサッカーよりもよりスペースメイクの意識とチームメイト間の連携を重要視するものとなっています。フットサルの基本的な戦術からその応用による動き方9個を解説していきたいと思います。
CAS | 22,591 view
サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーには様々なポジションがありますが、ハーフと言われるのは、チームの真ん中で攻撃も、守備も行う選手です。そのハーフの中でも、サイドにポジションを置いて、タッチラインに近い位置で仕事をするサイドハーフについて考えてみます。
camarade20042000 | 43,515 view
インサイドハーフとは?動き方や役割【サッカーポジション】

インサイドハーフとは?動き方や役割【サッカーポジション】

サッカーにおいては、ポジションによって色々な呼び名があるポジションもあります。MFもその一つで、細かなポジションによってそれぞれ呼び名が違っています。インサイドハーフとは、前線でFWの後ろに位置していますが、トップ下でもなくサイドでもない場所を言います。
camarade20042000 | 21,194 view
サッカーリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロというポジションには、どのような役割があるのでしょうか。最近ではあまり置かれなくなってしまったポジションですが、かつてはリベロ全盛の時代がありました。 その役割や、リベロとして活躍した選手を紹介していきます。
YouSay2000 | 21,591 view
センターバックの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

センターバックの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーにおいて花形のプレーヤとは点を取るフォワードですが、センターバックはチームを支える上で必要不可欠な存在です。ミスが許されないポジションでもありますので、その重要度は高いですし、チームの中でも信頼のおける選手でなければできないポジションとも言えます。
camarade20042000 | 42,511 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anton anton