2018年4月21日 更新

サイドバックに求められるポジションニングと動き方とは?

近代サッカーにおいて戦術的な役割が急激に増えたサイドバックというポジションに関する動き方やポジショニングについての考え方を具体的なコツを交えて解説したいと思います。サイドバックを知ることでサッカーを知ることができるでしょう。

  
13,532 view お気に入り 0

サイドバックの歴史とは?

まずはじめにサッカーにおけるサイドバックの役割の変遷を解説したいと思います。少し長くなりますが、サイドバックというポジションへの理解が深まることで動き方やポジショニングへの考え方を確立する助けになるのではないかと思います。

サッカーにおいてサイドバックは当初はその名の通りディフェンス要員という位置づけでした。相手のサイドアタッカーをマークする動きや役割や、味方センターバックの左右のスペースを埋めるポジショニングが基本的な動き方とされ、攻撃時の役割としてはディフェンスラインからボールをサイドに引き出し味方中盤や司令塔に受け渡すというリンクマン的な役割があるのみでした。

つまり昔のサッカー観では非常に地味で、それだけになり手が少なく長い間人気がないポジションとされてきたのです。
Getty Images (25897)

ディフェンスの役割だけでは終わらないサイドバックの戦術革新

しかしサッカーが近代化されていく過程でサイドバックに求められる戦術的なタスクがディフェンスだけでは無くなってきました。
何故ならサイドバックは最後方という非常に有利なポジションでボールを運べるという大きなメリットがあり、相手を押し込む展開になった場合常にフリーでボールを受けることができるサイドバックは隠れた司令塔として機能することができるポジションだという認識が浸透してきたからです。
戦術的な幅を得て、より強いチームとなるためにはディフェンスとともに攻撃でも貢献できるサイドバックが求められ始め、また必要とされるようになってきたのですね。

サイドバックのポジションは世界的な人材不足

このためにディフェンスができるだけのサイドバックは徐々に消えていき、いかに攻撃時のオプションとしてサイドを制圧することができるかというポイントに比重が置かれ始めた現代では、サッカーのポジションの中でも最もバランス感覚やサッカーセンスを求められるポジションになってきていると思います。

しかしディフェンスとして経験を積んできた選手が攻撃のタスクをスムーズにこなせるようになるにはかなりのトレーニングが必要とされますので、実は世界的に一流のサイドバックは人材不足ということが言われています。

特に右利きが大多数ですから、左利きもしくは両足を遜色なく使える左のサイドバックは非常に希少価値が高く、日本の誇る長友選手がイタリアで重宝されているのもこのような人材不足が背景にあるわけです。

サイドバックには他ポジションから活発なコンバートがされている

このような人材難の中で世界のクラブチームでは積極的に攻撃の選手をサイドバックにコンバートする試みが行われており、例えば若くて有望なFWやウイングの選手をサイドバックで起用しディフェンスのタスクを経験させながら育成していくという手法が活発となっています。
何故ならばサッカーのディフェンスは理論で理解でき、組織的に行うものですからコツを習得することが比較的容易ですが、逆にサッカーの攻撃に必要なものはほぼ感性のみで、直感的で効果的なプレイ、例えば意外性のあるドリブル突破やタイミングの良いオーバーラップなどを理論的に教えることが難しいという理由があるのです。
理論的な攻撃ほど読みやすく防ぎやすいものはありませんから、理論的なディフェンス方法を身につけてきたディフェンス出身のサイドバックが効果的な攻撃参加を行うのが難しいというのはここに問題点があるのです。

サイドバックのポジショニングや動き方のコツはプロの試合を観ることで養える

サッカーのあらゆる要素が詰まったポジションと言えるサイドバックは、そのセンスを身につけるのはなかなか難しく、コツとして様々な解説は可能ですが最終的な部分ではプロの試合を観るなどしてサッカーそのものに深く触れる時間を持つことが大切です。

ただ常にバランスを意識しながら激しい上下動を繰り返しつつ最終ラインとしてポジショニングまでしっかりと行い、労を惜しまず中盤や前線のサポートをするというサイドバックは、実は日本人のメンタリティにもっとも適したポジションでもあります。
日本では長友選手をはじめ、世界の舞台で活躍しているプロ選手が多数いることがその証明ではないかと思います。
特に長友選手はサイドバックの模範として非常に優秀な選手なので、サイドバックとしてのレベルアップを考えるならば長友選手の試合中の動き方やポジショニングから多くのことを学べることでしょう。

サッカーにおけるサイドバックの役割とは?

それではまず具体的なサイドバックの役割に関して見ていきましょう。
サッカーにおいてのサイドバックの基本的な動き方やポジショニングを大まかに分けると、大きく3つにすることができます。
Getty Images (25898)

サイドバックの役割①

ディフェンスラインの一員としてサイドのスペースを担当する

サイドバックの役割②

味方が攻撃する時のビルドアップを助けてサイドでパスコースを作る

サイドバックの役割③

味方攻撃陣のサポートをしながら攻撃に厚みを加える
この3つの役割は、チームの戦術や個性などで違ってきますが、基本的にはこの3点をいかにバランスよくこなすことができるのかという部分でサイドバックは評価されています。
ただ3つの中でも1つ目のディフェンスに関する役割だけはどのような戦術でも必ず全うしなければならない役割なので、サイドバックの意識としてはしっかりとしたディフェンスから入るのが望ましいと思います。

サイドバックのディフェンスでの基本的な動き方とポジショニング

サッカーにおいてのサイドバックのディフェンスはディフェンス組織の左右の一員としての連動性が重要なポイントと言えます。
逆に言えば常にディフェンスライン内で連動することを意識した動き方がひとつのコツだと思います。
それではボールの位置や相手の状況ごとに具体的な動き方やポジショニングのコツを端的に解説していきます。
サイドバックの担当スペース

サイドバックの担当スペース

最終ラインの左右のスペースを埋める動き方とポジショニング

70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブの打ち方!気になるコツとは?【テニスの上達ガイド】

ツイストサーブはテニスのサーブの中でも、ネットミスが少なく相手がリターンしにくい特徴を持つ、とても優れたサーブです。打ち方が特殊なサーブですが、コツを押さえて練習すれば誰でも習得できます。基本を学んでテニスにおけるツイストサーブの打ち方をマスターしましょう。
木人 | 3,717 view
世界最高のサイドバックとは?最強サイドバックランキングTOP10!

世界最高のサイドバックとは?最強サイドバックランキングTOP10!

現代サッカーおける戦術的な革新のキーポジションと言われているのがサイドバックです。世界的に有名で優れたサイドバックのランキングから、サッカーにおけるサイドバックとはどのような要素を求められるポジションなのかを見ていきましょう。
CAS | 4,120 view
蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

水泳において基本となる動作である蹴伸びには、どのような練習方法があるのでしょうか。本記事では、蹴伸びの練習方法について、陸上トレーニング・水中トレーニングに分けて詳しく紹介します。また、応用編として実践的な練習も紹介しています。
Spicatz | 6,301 view
世界最高の右サイドバックとは?最強の右SBランキングTOP10!

世界最高の右サイドバックとは?最強の右SBランキングTOP10!

現代サッカーにおいて今や攻撃の起点とされるほど重要なポジションになりつつあるサイドバック。世界最高の左サイドバックといえばマルセロやアルバとされていますが、世界最高の右サイドバックは誰なのか?最強の右SBランキングTOP10!を紹介します。
masamiohdaira9 | 28,969 view
サッカーの司令塔ランキングTOP10! 世界最高レベルの司令塔の特徴とは?

サッカーの司令塔ランキングTOP10! 世界最高レベルの司令塔の特徴とは?

サッカーの伝説的司令塔といえばフランス代表主将としてワールドカップ優勝へ導いたジダンや、イタリア代表として活躍したアンドレア・ピルロが有名です。今回はジダンやピルロに負けず劣らない世界最高の司令塔TOP10を紹介し、それぞれの特徴を見ていきたいと思います。
masamiohdaira9 | 12,399 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS