2018年9月4日 更新

イニエスタが天才と呼ばれるそのテクニックの凄さとは?

サッカー界の至宝ともいわれる天才イニエスタの、柔らかいボールタッチからくる天才的なテクニックの数々を紹介します。独特のプレースタイルからくるドリブルや、針の穴を突くようなパス、更には伝家の宝刀ダブルタッチも動画付きで紹介します。

  
149 view お気に入り 0

天才サッカー選手イニエスタ

イニエスタとは?

イニエスタbot on Instagram: “敗北?ワイはその言葉の意味を存じ上げへんな。#イニエスタbot” (54126)

イニエスタは攻撃的ミッドフィルダーを主なポジションとしてプレーし、戦術理解、判断力、パス出し、ドリブルテクニックなど多岐にわたるプレー評価が高い天才選手です。

元チームメイトであった、リオネル・メッシからも世界最高のミッドフィルダーとして評価されています。更に彼はピッチの外での評価も高く、寡黙で静かながら常に天才的なプレーで若手選手の模範となっていました。

当時のバルセルナの指揮官のルイス・エンリケからは「イニエスタは世界遺産なんだ」という最大限の賛辞ともいえる評価を受けていました。バルセルナを退団後は日本のヴィッセル神戸で、今も変わらぬ天才的なプレーを見せ続けています。

イニエスタの経歴

イニエスタはわずか8歳でアルバセテ・バロンピエの下部組織に入団し、12歳でFCバルセロナに入団、15歳でナイキプレミアカップで優勝しました。

更に18歳でバルセロナのトップチームに召集されデビューしました。その後21歳の時に主力選手であるシャビの怪我により、先発機会が増加し、22歳の時にはゲームキャプテンとしてジョアン・ガンペール杯で優勝しました。

その後32歳の時に通算400試合を達成し、2018年34歳の時に22年間プレーしてきたバルセロナを退団しました。その後の去就に注目が集まっていましたが、日本のヴィッセル神戸に入団し、現在はルーカス・ポドルスキと共にプレーしています。
Yuta.Kida on Instagram: “昨日は感動と興奮でいっぱいだったけど、 一夜明けて冷静に考えると、このマッチアップ、凄いことだよね。 ・ 交代時、ピッチから出る際の鳴り止まないチャント 本当にありがとうございました! #YokohamaFMarinos #横浜Fマリノス #VisselKobe…” (54127)

イニエスタの受賞歴

イニエスタは2014-15シーズンのCL決勝で「マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)」に選出され、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会、ユーロ2012の決勝と合わせて、3つの国際大会決勝でMOMに輝いた世界初の選手となりました。

唯一FIFAバロンドールだけは2010年に2位、2011年に4位、2012年に3位と同年代のリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドに阻まれて受賞を逃しています。

ですが天才的なサッカーテクニックとサッカー頭脳の凄さは、バロンドールを獲得した他のスター選手にも全く引けをとっていない、天才選手だと高く評価されています。

天才と呼ばれるイニエスタの凄さ①ドリブルテクニック

卓越したドリブルのテクニック

イニエスタ ドリブルテクニック集

イニエスタのドリブルは、生まれ持ったフィジカルを活かした驚異的なスピードや、フェイントを駆使するドリブルではありません。

確実な足元のテクニックで相手を抜いていくのが彼のドリブルの凄さといえます。相手がまるで自分から飛び込んできて勝手に抜かれているかのような、見ているものをも錯覚に陥らせるドリブルは、他のサッカー選手には真似できない彼だけの唯一無二のプレースタイルだといえるでしょう。

バルセロナ時代のチームメイトだった世界最高のドリブラーであるリオネル・メッシも、イニエスタの天才的な柔らかいドリブルテクニックを高く評価しています。

恐ろしいほどのキープ力

ドリブルテクニック、広い視野、ボディバランス、シンキングスピードが全て高い水準で備わっているイニエスタは世界一ともいわれるボールキープ能力をもっています。

彼が天才といわれる所以はリオネル・メッシが過去にコメントした「全てのプレーを難なく簡単に見せること」に集約されています。

一見簡単にみえるボールキープも実際には、相手選手を抜いたらすぐに正対して次の動作に備えるという、サッカーの基本を踏まえた上で、全ての能力を高水準で持ち合わせているイニエスタのポジションだからこそできるテクニックだといわれています。

伝家の宝刀ダブルタッチ

【イニエスタ】世界一美しいダブルタッチ 史上最高のフットボーラー これほどサッカーを簡単に魅せる選手はいない バルセロナAndres Iniesta

イニエスタは世界最高のダブルタッチの使い手だといわれています。それは彼が誰よりもダブルタッチの本質を熟知しているからです。

柔らかいながらもスピードのある「パチン」と弾くようなファーストタッチから、セカンドタッチも正確なため、スピードがあるにも関わらず滑らかに滑るようなダブルタッチとなっています。これはボディーバランスが優れているイニエスタだからこそできる技だといわれています。

更にイニエスタの凄さは、ディフェンダーの心理を巧みに利用して抜くところです。心理の逆を突かれたディフェンダーは、「わかっていても止められない」状況となり優雅なダブルタッチに置き去りにされていまいます。

天才と呼ばれるイニエスタの凄さ②トラップテクニック

完璧なトラップ技術

【イニエスタのトラップ技術解説】最高のトラップの手順

イニエスタはどんな強いボールでも、柔らかい足さばきで衝撃を吸収する魔法のトラップ技術をもっています。そんなイニエスタの足先に吸い付くようなトラップ技術は、他の選手には真似できない唯一無二の天才的なテクニックからくる凄さだといわれています。

基本的にどんなボールがきてもロストしない得意のトラップ技術を活かし、相手のエリア内でフリーの味方選手を探し、正確なパスを通すことでチャンスを拡大してきました。

イニエスタの所属するチームの攻撃の時間が長いといわれる所以は、この天才的で完璧なトラップ技術がチームのボールロストを、大幅に減らしていることが大きな要因の1つだといえるでしょう。

瞬時に無敵の間合いを作り出す

イニエスタには無敵の間合いをほぼ2タッチ以内に作りだせる凄さがあります。ボールを受ける時に自分の体の反対側にパスがきてしまったときも、軸足の裏を通した得意の天才的なトラップ技術であっという間に2タッチ目で前を向くことができます。

強い浮き球のパスが来た際も柔らかいボールコントロールで勢いを殺しつつ、小さなリフティングを挟んで体の前にボールを落とし、2タッチ目でつま先を出してボールを拾い、自分の無敵の間合いをキープすることができます。

並みの選手ならこれ程落ち着いて自分の間合いをつくることは出来ませんが、天才的なボールキープ技術を誇る彼ならではの凄さを感じさせる技だといわれています。

天才と呼ばれるイニエスタの凄さ③パステクニック

51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KR KR