2018年9月4日 更新

イニエスタが天才と呼ばれるそのテクニックの凄さとは?

サッカー界の至宝ともいわれる天才イニエスタの、柔らかいボールタッチからくる天才的なテクニックの数々を紹介します。独特のプレースタイルからくるドリブルや、針の穴を突くようなパス、更には伝家の宝刀ダブルタッチも動画付きで紹介します。

  
406 view お気に入り 0

針の穴を通すかのようなスルーパス

イニエスタ神パス

イニエスタはその広い視野と空間把握能力の凄さから常にフィールドをふかんで見ることができます。ですので彼からすれば全てのディフェンダーの動きが手に取るようにわかります。

そんなイニエスタにとっては相手のディフェンダーがボールを取りに上がってきたタイミングも手に取るようにわかります。ですのでそのタイミングを見計らって針の穴を突くようなスルーパスを送ることは造作もないことです。

更にオフサイドトラップにかからないように味方の選手のポジション配置にも常に目を光らせています。そんなサッカー視野のスキルの高さも彼のスルーパス技術の凄さだといわれています。

魔法とも称されるピンポイントパス

【イニエスタ】魔法のパス集!2014 2015

柔らかなボールタッチからくる浮き球のパスもイニエスタの大きな武器の1つです。通常遠い距離からのピンポイントパスはボールを届かせるために強いパスとなってしまい、受け手側のトラップ技術が低いとボールをロストしてしまう要因にもなります。

ですがイニエスタは独特のボールコントロール技術の凄さで、受け手側の足元に吸い込まれるような美しい浮き球のピンポイントパスを放つことができます。

バルセロナ時代も彼の天才的なピンポイントのラストパスから多くの決定機がつくられたとスペイン紙「マルカ」も報じていました。

広い視野から繰り出されるショートパス

【イニエスタ】Jリーグデビュー!イニエスタ選手の異次元のパス【ヴィッセル神戸】

イニエスタはロングパスの精度も並みの選手よりは圧倒的に高いのですが、中でもショートパスの精度は格別です。

テンポのいいショートパスからリズムを生み決定機を演出したり、天才的なドリブルテクニックで自ら上がって、チャンスメーカーとして、鍵となるラストのショートパスを送ることもできます。

更にパスのルートも天才的なサッカー頭脳で計算した、確実にゴールに近づくための最短のルートを選びます。一見するとなんでもない簡単なプレーの連続に見えますが、イニエスタの高いショートパステクニックがあるからこそのシンプルなパスサッカーだといえます。

天才と呼ばれるイニエスタの凄さ④先を読む技術

ボールから目を離すことができる

イニエスタは一部で仙人のようだと噂されています。それは彼がボールを扱いながらいち早く目を離すことができることが所以です。

後方からパスを受け取る場合、ほとんどのケースの場合静止してボールを受けます。その場合ボールだけに目をやっているとディフェンダーの動きをとらえられずに、ボールを奪取される危険が大きくなります。

ですがイニエスタは、ボールを受けてからすぐに目をなすことが出来るので、敵のディフェンダーのほんのわずかな動きも見逃すことなくボールをキープすることができます。これはイニエスタがボールを見なくてもトラップできるほどの技術力の凄さをもつゆえのテクニックだといえるでしょう。

後の先を取れる

武道には「後の先を取る」という言葉があります。イニエスタは敵の動きを見透かす特別な目をもっていますので、サッカーにおいても相手のディフェンダーが動く瞬間をとらえて相手より先に動くことができます。

まさに武道の「後の先を取る」をサッカーで実践しているといえるでしょう。「後の先を取る」ことが実践できれば相手の動こうとする瞬間にボール1個分程度、スッと体を動かすだけで相手ディフェンダーを抜き去ることが出来ます。

この技術を可能にしているのはイニエスタ独特の体重移動の妙技も関係しているのでしょう。最大の武器であるダブルタッチも「後の先を取る」テクニックが役に立っているのかもしれません。

天才と呼ばれるイニエスタの凄さ⑤当たり負けしない強さ

ボディバランスが素晴らしい

【サッカー】ボディバランスが半端ない!予想できないドリブルが止められないマジシャン「イニエスタ」のプレイまとめ!ヴィッセル神戸所属「ロシアW杯」Goals and Best Skills【驚愕】

イニエスタは身長171㎝体重68kgとサッカー選手としては決して恵まれたフィジカルがあるとはいえません。それでも世界最高のチームでミッドフィルダーというポジションを長年キープし続けることができたのは、抜群のボディバランスの良さが要因だといえるでしょう。

フィジカルに秀でた海外リーグの強豪選手たちの強烈なタックルを受けても、相手の前にスルッと体を入れてパワーを吸収ながらドリブルを続ける姿には、常人では考えられないようなボディバランスの凄さを感じます。

これも幼少期から自分のフィジカルの弱点を把握し、ストイックに対策し続けたイニエスタの凄さの1つなのかもしれません。

天才と呼ばれるイニエスタの凄さ⑥天才的なサッカー頭脳

頭の回転が速い

イニエスタは例えばAという事柄を感じた場合、認知してから具体的なBという動作に変換するまでの意思決定のスピードの速さと正確さが、他のサッカー選手と比べても圧倒的に高いといわれています。

正しい判断にもとづいて不利な局面を一瞬にして打破できる創造性と、自身の経験からくるサッカーのプレーの継続性や、再現性がイニエスタの高いテクニックを支えているといえるでしょう。

常に相手の動きの先を読み、行動する頭の回転の速さからイニエスタのプレーは一見簡単に見えるといわれます。それらも全て過去の経験によって積み上げられた、頭の中のメモリを複雑に組み合わせて引き出される故のプレーがなせる業だといえるでしょう。

状況を瞬時に打破する創造性がある

イニエスタは瞬間的な創造力の高さをもっています。この瞬間的な創造力の高さによってピッチ上でもパスルート、ドリブルといった複数の選択肢を瞬間的に思いつき実践することが出来ます。

以前NHKで放送された番組ではイニエスタの脳に注目して、何が他の選手と違うのかを検査したところ、平均的なプロサッカー選手を大きく上回る結果が出ました。

この瞬間的な創造力の高さこそ彼がフィジカルの不利を跳ねのけて、今でもファンタジスタとして独創的なプレーで、ファンを魅了し続けることができる要因だったのかもしれません。

サッカーの天才イニエスタが日本で見れる!

Yasuhisa Watanabe on Instagram: “イニエスタ#イニエスタ #バルセロナ #Iniesta #Barcelona” (54125)

51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

KR KR