2018年9月4日 更新

バレーボールの練習!スパイクが上手くなるための7つの方法

バレーボールの攻撃で最も多用されるのがスパイクです。スパイクをうまく打つためには基本をしっかりと練習し習得する必要があります。ここではバレーボールのスパイクをうまく打つために、抑えておく必要な基本テクニックと、それを習得するための練習方法を紹介します。

  
16,732 view お気に入り 0

スパイクのコースを打ち分ける

バレーボールのスパイクにつきものなのがブロックです。特にオープンスパイクにおいてブロックは必ずつくと考えた方がいいでしょう。
スパイクはブロックを避けてスパイクを打つ必要があり、そのためにはしっかりとしたスパイクのコース分けが必要になってきます。また、スパイクのコースわけはブロックのみでなく相手チームのレシーバーによっても変わってきます。臨機応変にコースを打ち分けるのはスパイク上達の必須と言えるでしょう。
スパイクのコース分けで初心者が陥りやすいのは腕だけでコースを打ち分けようとすることです。腕だけでコースを打ち分けると、ボールに体重がのらず弱いスパイクしか打てません。また無理をして腕でコースを打ち分けると肩を痛めてしまう可能性も大きくなります。
基本のフォームを守りつつコースの打ち分けができるように練習しましょう。

スパイクのコースを打ち分ける練習法

スパイク打ち分け練習法【必見バレー動画】

コースの打ち分けのコツは着地時の体の向きをイメージすることです。自分の打ちたいコースに体全体を向けるようにジャンプしましょう。
スパイクのコースは、大きく分けてクロスとストレートに分類できます。スパイク位置から対角線上にスパイクを打つのがクロスで、スパイク位置から正面に打つスパイクがストレートです。初心者はこの二つに分けてコースを使いましょう。
まずは上がってきたボールを見ながらお自分の打ちたいコースを選びます。そして自分の打ちたい方向に向けてジャンプします。ジャンプの時点で打つ方向を決めておかないとスパイクが手打ちになり中途半端なものなるのでしっかり意識しておきましょう。そして自分の体が向いた方向にまっすぐ腕を振り下ろします。この時無理に腕を左右に振り分けないようにしましょう。

スパイクが上手くなる7つのコツと練習方法まとめ

バレーボール ボール バレーボール楽しい · Pixabayの無料写真 (51869)

バレーボールのスパイクが上手くなる7つのコツと練習方法について紹介しました。
バレーボールのスパイクは、短い時間の中で多くの動作をする必要があります。その動作を一気に習得することは難しいので、各セクションごとに分けて練習するのが最終的には近道になります。特にバレーボール初心者の方は一つ一つの動作を常に確認する必要があります。
いくらかスパイクを打てるようになった後でも不調になった時、上手くいかない時は基本に立ち返りどの部分の動作が良くないのかを随時チェックしながら改善していきましょう。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

ちゃん ちゃん