2020年1月21日 更新

正しいジョギングフォームで走る方法とは?長距離でも疲れにくい体を手に入れよう

長距離でも疲れない走り方をするには正しいジョギングフォームで走ることが重要です。重心・腕の振り方などを意識することがポイント。ここでは、正しいジョギングフォームによって生まれるメリットや、初心者の方でも簡単に習得可能な体に負担がかからず疲れにくいジョギングフォームを解説します。

1,083 view お気に入り 0
マラソンやジョギングの際、人の体は大量の酸素を必要とします。そのため、酸素を体内に運ぶ赤血球の質を上げることが重要です。健康素材であるパプリカキサントフィルは、優れた抗酸化能力を持ち、人体に有害な活性酸素から細胞を守ることができます。

このパプリカキサントフィルを摂取し、赤血球に取り込むことで、大量の酸素を必要とするときも、良質な酸素を循環させて、スムーズな代謝活動をサポートし、綺麗なフォームで走る手助けをしてくれます。
活性酸素とは
体のサビのようなもので、代謝の副産物として発生し、必要以上に増えると健康な細胞も傷つけてしまいます。また、ガンなどの生活習慣病の主な原因ともなっています。

人によって正しいランニングフォームは異なる

 (103300)

早く走り、体への負担が少なく疲れないジョギングをするためには、正しいジョギングフォームが何より重要です。しかし、全てのランナーに同じことが当てはまるわけではありません。今回紹介した内容をもとに、自分に最適なジョギングフォームを見つけることが重要です。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

テニスで最も使われる打ち方がフォアハンドです。テニスの試合でフォアハンドを武器にしたいが、実は苦手という方が多く、その理由はフォアハンド時の手首の使用とフォームにあります。3つのポイントに絞ってテニスのフォアハンドを上手に打つためのコツを解説します。
蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

水泳において基本となる動作である蹴伸びには、どのような練習方法があるのでしょうか。本記事では、蹴伸びの練習方法について、陸上トレーニング・水中トレーニングに分けて詳しく紹介します。また、応用編として実践的な練習も紹介しています。
平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎは水泳の種目の中でも泳ぎ方が独特な種目です。そこで本記事では、水泳の平泳ぎの泳ぎ方を徹底解説しています。平泳ぎの基本的なフォーム、正しい泳ぎ方とそのコツ、そして水泳初心者から上級者まで行える練習方法を詳しく解説します。
アンダースローの投げ方!最速で投げるためのフォームとコツ!

アンダースローの投げ方!最速で投げるためのフォームとコツ!

野球においてピッチャーの投球フォームのひとつであるアンダースローとは、どのような投げ方なのでしょうか。アンダースローの正しい投げ方からストレートを最速で投げるコツ、そしてアンダースローの投球フォームを安定させるためのトレーニングや練習方法を解説します。
バドミントンスマッシュの打ち方!最速ショットのフォームやコツ

バドミントンスマッシュの打ち方!最速ショットのフォームやコツ

スマッシュは、バドミントン競技において速度の速い強力なショットです。しかしながらそれと同時に難易度の高いショットでもあります。そこでバドミントンのスマッシュを最速で打つためのフォームやコツ、トレーニング方法を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takutakkan takutakkan