2019年1月3日 更新

パルクール初心者のためのパルクールとは?1から教えます!

パルクールはスポーツなのか?危険ではないのか?パルクールだからといって勝手に建物に登っていいのか?あらゆる疑問にパルクール実施者が初心者に答えていきます! パルクール実施者だからといってパルクールの良いところだけを答えるつもりはありません!

  
3,963 view お気に入り 0

初心者が知りたいパルクールとは?

パルクール(parkour)とは、フランス発祥のトレーニング方法であり、A地点からB地点までどれだけ早く効率的に移動できるかであり、アクロバット要素を取り入れ、A地点からB地点まで技の難易度で競う動きは、フリーランニング(freerunning)と呼ばれる。

パルクールの起源

パルクールはフランス発祥のトレーニング方法ではあるが、スポーツになる以前は、アフリカの先住民族の移動方法、生活方法であった。
第一次世界大戦時、フランス海軍の将校であったジョルジュ・エベルが、その動きに感銘を受け、フランスで運動システムを作り、様々なトレーニング方法を編み出した、後にフランス発祥のトレーニング方法となった。

パルクールはスポーツなのか

パルクールは日本ではスポーツとしてはあまり認識されていません、その理由は、日本のパルクールの歴史が浅いので、パルクールの動きだけをパルクール実施者以外が見ると、どこをどう動かして、どういう心理状態で動いている、など全く知らないので、ただ単に危ないとしか見れないのです。

それにパルクールに決まったルールは無く、フリースタイルなので、審査基準が難しいなどもあって、正式なスポーツとして認められてないのが現状です。

しかしアメリカやフランスなどでは、学校の体育の授業に取り入れられたり日本よりも歴史が深いので、メジャーなスポーツとして認識している人が殆どです。

PK|FR STAR MIX #55 Zen Shimada

日本にパルクールをスポーツとして広め、日本人初のプロパルクールアスリートになったLDH所属の島田善さん、公式大会で世界初トリプルコークスクリューを成功させた、日本を代表するトレーサー(パルクール実施者)です。
美しく、カッコ良く、すごい技の数々なので、パルクールがどんなスポーツか知りたい人必見の動画です!

パルクールの危険性

よく回りから言われるのが、
「パルクールやってて怖くないの?」
「下手したら死ぬくない?」
などネガティブなことをよく聞かれます、結論から言いますと、怖いですし、確かに下手したら死にます。
しかし基礎からコツコツと練習することによって恐怖心は徐々に薄れますし、自分自身でどこまでできるかの限界が練習を重ねることに分かりますので、下手なことはまずしません。

パルクールの初心者が練習する場所は?

パルクールの練習場所は、基本的に屋外です。
日本にはまだパルクール専用の練習場所がほぼ無く、練習は公園の芝生や砂場、海に近いところに住んでいるトレーサー(パルクール実施者)は砂浜などでやってたりします。
屋外でのパルクール練習会が開催されることもあるので、初心者の方は積極的に練習会に参加して、技やメンタリズムを教えて貰うのも良いかも知れません!(主にツイッターなどで告知されています。)

しかし、人それぞれ恐怖心は違うので、外でやるのが怖いからマットがあるところで練習したいという人は、体操場や学校の体育館でやっていたりします。
僕も臆病な方なのでなので、初心者の頃はマットがあるところでしか練習はしてませんでした笑
周りからはビビりだと馬鹿にされましたが、諦めずに続けていたので、ある程度のことは屋外でもできるようになりました。

パルクールは特に技が何もできないと無力感を感じて挫折する人が沢山居ます、しかし練習を続けることによって必ず出来るようになるので、諦めずに頑張ってください!!

こんな日は絶対練習しない方が良い!

パルクールは下手したらとても危険なスポーツなので、その日その日の天候や体調をしっかりと把握してないと大変なことになります。
雨の日や、水で地面が濡れているところでは滑って大怪我に繋がります、そういう日には練習しない方がいいでしょう。
体調が悪い日や、飲酒して酔っている時も練習は避けて下さい、適切な判断が出来ない状態で練習しても、上達はしないです。
ゆっくり身体を休めて、次に練習する技などを決めて、効率の良い練習をしましょう、それが一番の近道です!

フリーランニングとはどういうものなのか

フリーランニングをやる際に必要になるテクニック

フリーランニングは大きな動きが目立ちます、なので初心者はパルクールよりもフリーランニングの方が難しいと思ってしまいます、自分も最初はそう思っていました。

しかし実際はどちらも同じ様に難しいです、パルクールの場合、歩く、走る、飛ぶ、登る、支える、などの日常生活に必要な技術を強化し、より効率的に動かすのが目的です、ある程度パルクールを始める前に出来てることだから簡単と思ってしまうんですね。

しかしフリーランニングの場合、回る、捻るなど、日常生活ではまず使わない様な技術を使います。
この技術は日常生活において全くと言っていいほど使いませんよね、この技術がある程度備わっている人達は、体操選手かスケート選手くらいでしょう。

フリーランニングにおける、回る、捻るなどの技術は、全く別のスポーツを練習することで身に付きます。

トリッキング

フリーランニングをしている人は、少なからずトリッキングをやっています。

トリッキングは、元々XMAという、様々な武術(テコンドー、空手、カポエラ、体操)などの武術がベースとなっているスポーツで、それをより自由に表現できるように(ブレイクダンス、ダンス)などを取り入れたのをトリッキングと言います、トリッキングにもパルクールやフリーランニングの様に決まったルールはありません。

パルクールアスリートのZENさんや、パワーアーツの講師、Corkyさんなどもフリーランニングをするにあたってトリッキングの練習をしています。

自由なアクロバットをすることが出来、独自に技を作り出すことができるので、トリッキングで習得した技をパルクールやフリーランニングのあらゆる場面で使えます。

パルクールやフリーランニングを主にやっている人を、トレーサー(tracer)、トリッキングを主にやっている人を、トリッカー(tricker)と呼びます。

Daisuke Takahashi - Summer 2016

トリッキングで2016年の全国大会、AJTB2016,XTC2016,TBJ2016の日本であるトリッキングの大会全て優勝した、現時点日本ナンバー1トリッカーの、Takahashi Daisukeさんです。
もの凄い技の数々なので、初心者必見の動画です!
トリッキングは初心者が見ると凄さに圧倒されてしまいますが、ZENさんや、Takahashi Daisukeさんも最初から上手かったわけではありません、努力あるのみです!

パルクールの初心者の練習方法

パルクールの基礎を固める

パルクールは動きがとても大きいですが、基礎を固めることによってその動きを可能にしています。

今回は基礎技をいくつか紹介していきます!
50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフの初心者の方の中には、入門に必要なクラブ1式が揃うクラブセットの購入を検討されいてる方も多いのではないでしょうか。ゴルフのグラブセットを初心者の方へ選び方のポイントとおすすめのスターターセットをご紹介します。ぜひお役立てください。
nagg | 49 view
卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球のラケットと一口にいっても、シェイクやペンホルダーの種類、グリップの形、そして性能など幾つかのポイントがあり、卓球ラケットの選び方にはある程度の知識が必要となります。自分に合った最適なラケットの選び方について、初心者の方に向けた基礎知識を解説していきます。
skynetasia391k | 55 view
クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールの綺麗な泳ぎ方で大事なポイントを初心者向けに解説します。水泳で学ぶ4泳法の中でトップクラスのスピードを誇り、全ての泳ぎ方の基本となるのがクロールです。きれいなフォームを習得するためのちょっとしたコツを、一つ一つ確認していきましょう。
sotomama | 450 view
ガットのテンションを張る強さは?テニスコーチが適正について解説

ガットのテンションを張る強さは?テニスコーチが適正について解説

テニスのガットで重要な要素となるのがテンションです。テニス上達のきっかけや怪我の防止とガットの張りの強さの関わりは非常に大きくなります。意外と知られていないガットの適正なテンションについて、適正値の探し方や選び方について解説してきます。
SKコーチ | 113 view
ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップはクラブが唯一体と接する部分ですので、安定したショットを打つためにはとても大切な要素です。正しいグリップの握り方を覚えることは、ゴルフのスコアアップにもつながります。本記事ではゴルフのグリップの握り方を図解を交えながら、徹底解説します。
nagg | 83 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかん🍊 みかん🍊