2019年9月27日 更新

インサイドキックの蹴り方をゼロから学びたい!正しいコツと練習方法とは?

インサイドキックは足の内側で蹴るキックのことを言い、サッカーにおいて最も使用頻度の高いキックです。今回はインサイドキックを蹴る際の軸足を置く位置、足の振り方、パスの方向の付け方など基本的な蹴り方のポイントを紹介しますので、インサイドキックの蹴り方をゼロから習得しましょう!

  
1,387 view お気に入り 0

インサイドキックとは?

インサイドキックの蹴り方とは?初心者絶対知るべきコツを解説

足の内側で蹴るキック

サッカーのインサイドキックは少年サッカーを始めたら最初に教えられるボールの蹴り方で、サッカーでは基本の蹴り方です。

インサイドキックは足の内側で蹴るサッカーの蹴り方を意味し、内側のどの部分で蹴るかによってパスの強さを変えることもできます。内側で蹴るためには、股関節を開いてボールにミートさせなければいけないため、サッカーを始めたばかりの子どもにとっては、少し難しい蹴り方ではありますが、この基本のキックを練習してまずは習得することがサッカーを行う上では大切です。

サッカーで最も使用頻度の高いキック

サッカーのキックにはシュートを打ったり、ロングキックの時に使うインステップキックや、足の外側を使ったアウトサイドキックなど様々な種類がありますが、インサイドキックはサッカーの試合で最も使用頻度が高い蹴り方です。

何故ならば、サッカーにおいてはシュートやロングキックをするよりもパスをする回数の方がはるかに多く、パスのためにインサイドキックを用いるからです。足の内側は最も面が広く、ボールを正確にミートすることができるため、ミスすることなくパスを味方に届けることができるためインサイドキックをパスをする時の蹴り方として用います。

インサイドキックを蹴る時の3つのミートポイント

土踏まずの部分でミートする

 (84953)

サッカーのインサイドキックには3つのミートポイントがあり、その中でも日本で最も用いられている場所が、土踏まずの部分でミートするボールの蹴り方です。

土踏まずの部分は足の内側でも最も広い面を作ることができるため、正確にボールに対してミートができミスを少なくすることができます。デメリットとしては面に当てるためパススピードを上げることが難しく、また脚を開ききらなければいけないのでパスの動作が大きくなり相手に読まれやすくなってしまいます。
少年サッカーでは必ずと言っていいほど教えられるインサイドキックのミートポイントではありますが、そのメリットとデメリットを理解した上で使い分けましょう。

強いボールを蹴る時はかかとでミートする

 (84954)

インサイドキックでより強く遠くまで飛ばす、またはスピードのあるパスを出したい場合は、かかと部分でミートするようにします。

かかとは足の中でも硬い部分であり、なおかつ足首に近い部分なので固定されやすく、ぶれることが少なくなります。また、かかと部分は土踏まずよりも小さな面になるため、インパクトした時によりダイレクトにボールに対して力が伝わるため、強いインサイドパスを出すことができます。

デメリットとしては、面が小さくなるためミートが難しくなるということと、パスの方向調整が難しいという点で、練習を繰り返してコツをつかむ必要があります。

インフロントでミートする

 (84955)

インフロント近くの場所でミートする蹴り方も、インサイドキックの一つで主にヨーロッパの選手が行うやり方です。

インフロントは脚を振った時に無理に開かずに自然と蹴り出すことができるため、相手にモーションを読まれることなくパスを出すことができます。​また、脚のスイングがスムーズにできることでスピードが上がることと、面ではなく、点でボールにミートすることで伝わる力が大きくなり、中長距離のパスも無理なく届きます。

デメリットとしては、点で当てるためミートが難しいということと、少年サッカーから取り組んでいないと習慣化されないため、中途半端に取り入れないようにしましょう。

インサイドキックで軸足を置く位置

ボールとの間隔

 (84957)

インサイドキックが上手くなる方法として、軸足を置く位置は1つのポイントであり、基本的な原則があります。軸足とは、地面に置くほうの足のことを言い、それに対してもう一方を蹴り足と言います。

まずボールと軸足との間隔は握り拳1つ分、約15cm程度の間隔をあけるようにして置きます。間隔が広すぎると脚を開いて蹴るときに力が分散してしまいミートしても弱いボールになってしまったり、逆に狭すぎると自分の足を蹴ってしまうミスが生じやすくなってしまいます。

この距離感は基本となる目安であり、人それぞれ足の大きさや長さが異なるのでそこから自分が蹴りやすい距離感へと微調整するようにしてください。

つま先部分がボールの中心にくる

 (84958)

インサイドキックを蹴る際には軸足をボールの中心に対して奥、手前、中央のどの位置に置くかということも重要です。

インサイドキックで軸足を置くべき位置は、ボールの中心の延長線上に軸足のつま先部分が来るように足を設置することがコツです。何故ならばつま先部分を置くことによってボールに対して蹴り足が当たるのが、ちょうど膝を伸ばしきったところでミートするようになるからです。

奥に置いてしまうと、伸びきる前にミートしてしまい、力が伝わらず詰まったようなキックになり、手前に置きすぎてしまうと膝が伸びきったのちにあたるため力が抜けた状態で当たることになります。

軸足で重心をコントロールする

サッカーの試合中にインサイドキックを蹴っているプロ選手の映像を見ると、必ずと言っていいほど少し重心が下がった状態で蹴っています。それを可能にしているのが軸足であり、インサイドキックの軸足の役割は、重心をコントロールすることで体を安定させるということです。

具体的には軸足を置いたときに少し腰を落とし、膝が曲がった状態を作ります。膝を曲げることによって体のブレを吸収するバネのような役割を果たし、蹴り足を振ったときに安定をもたらすことができます。安定することによってボールに正確にミートすることができ、なおかつ力がよりボールに伝わるようになります。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーボールの蹴り方をゼロから解説します!キックのコツはフォームと蹴り方

サッカーボールの蹴り方をゼロから解説します!キックのコツはフォームと蹴り方

サッカーボールの蹴り方には7種類ありますが、その中でもインサイドキック、インステップキック、インフロントキックの3種類はサッカーの試合中に頻繁に使うキックであり、テクニックとして身につけておく必要があります。今回はサッカーボールの3つの蹴り方やフォームとそのコツについて紹介します。
nosedori | 314 view
ロングパスをマスターしよう!遠くに飛ばす蹴り方とコツとは?

ロングパスをマスターしよう!遠くに飛ばす蹴り方とコツとは?

サッカーのロングパスを遠くに飛ばすためには、足のスイングスピード、軸足の踏切と体のバランスの3つのコツがあります。また、足のどの部分でボールのどこをミートするのかでロングパスの球種が変わります。その蹴り方のコツや試合で使える技術とするための練習方法も紹介します。
nosedori | 620 view
アウトサイドキックの蹴り方の基本と3つのコツ【サッカー上達ガイド】

アウトサイドキックの蹴り方の基本と3つのコツ【サッカー上達ガイド】

アウトサイドキックを得意した選手はモドリッチやロベルト・カルロスなど有名選手がたくさんいます。自在に操るおしゃれなキックとされるアウトサイドキックとは、いったいどのようなキックなのでしょうか。サッカーを上達させたいという方必見のアウトサイドキックの蹴り方と基本、3つのコツを紹介します。
masamiohdaira9 | 736 view
インステップキックの正しい蹴り方と練習方法!サッカー上達ガイド

インステップキックの正しい蹴り方と練習方法!サッカー上達ガイド

サッカーのインステップキックは試合で強いシュートを打つ、ライナー性のパスを出す、ロングキックで遠くにパスするときの3つに分類されます。それらのすべてに共通するインステップの蹴り方の基本から、シュート、ライナーパス、ロングキックそれぞれの練習方法と上達のコツを紹介しています。
nosedori | 12,651 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 2,147 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori