2018年12月31日 更新

バドミントンダブルスの攻め方とフォーメーションの解説!

バドミントンダブルスでは、攻め方が勝利のカギを握ります。ダブルスではどのような攻め方や動きがあるのでしょうか。初心者の方にもわかりやすく、バドミントンダブルスの攻め方についてご紹介します。戦術の考え方や、攻め方のベースになるフォーメーションについてもご紹介します。

48,323 view お気に入り 0

バドミントン 女子ダブルス 松友美佐紀 前衛part1

バドミントンダブルスには、先にご紹介したようなフォーメーションを活かした戦い方が基本にあります。
すなわち、相手のフォーメーションを崩すことが、攻め方に繋がります。

前衛と後衛が存在するトップアンドバックのフォーメーションのとき、ダブルスは非常に攻めやすくなります。
そのフォーメーションを崩すためには、前衛と後衛に別れたフォーメーションの穴を突き、縦並びのフォーメーションを横並び、すなわちサイドバイサイドのフォーメーションに移動させます。

②前衛と後衛の間を突く

バドミントンダブルスの戦術として、「ハーフ球」という攻め方があります。
前衛と後衛に別れた相手の「間(=ハーフ)」を突く攻め方です。

前衛と後衛がそれぞれフォーメーションに別れて役割分担をしているからこそ、お互いが「どちらが打ち返すべきか」悩むラインは非常に打ちづらいのです。
この打ちづらい絶妙なラインを狙い続ける攻め方で、相手のミスを誘導します。

間を突く方法は、サイドバイサイドのフォーメーションにも有効な攻め方です。
一般的に、ミックスダブルスのサイドバイサイドに対しては、センターを狙う攻め方が効きます。
左右いずれのプレイヤーが取るのか判別に迷うゾーンだからです。

③前衛か後衛にストレスをかける

Badminton is CRAZY in 2017

バドミントンダブルスの戦術の一つとして、一方のプレイヤーに集中的にストレスをかける方法があります。
意図的に2対1の構図を作る戦術です。
ただでさえスピードのあるラリーが求められるバドミントンで、2対1のパワーをかけられたら、それだけでミスする確率は上がります。

もちろん、このフォーメーションになった瞬間にストレスを軽減するようローテーションして対応することでこの攻め方を回避することは出来ます。
しかし、バドミントンダブルスの実戦では、激しいラリーの結果よくこういった戦術に切り替えるシーンを見かけます。

バドミントンダブルス初心者の心得

最後に、これからバドミントンダブルスを始めようと考えている初心者の方への心得をご紹介します。
バドミントンダブルスの攻め方は、今回ご紹介したように、フォーメーションを基本としています。
バドミントンと一括りにしても、シングルスとは全く別のゲームです。
初心者の方によくある戸惑うポイントとともに、注意すべき点を3点解説します。

①バドミントンの基本が培われていることが大前提

Instagram (19066)

バドミントンダブルスの攻め方について様々な考え方をご紹介しました。
フォーメーションなども、シングルスにはない考え方なので覚えることが多いですね。

しかし、バドミントンダブルスはバドミントンの基本スキルの上にさらに上記のことを覚えます。
つまり、バドミントンの基本的なショットや姿勢、ステップなどが出来ていない状態では、ダブルスは成立しないということです。

バドミントンそのものの基本に自信のない方は、まずはバドミントンの初心者から脱却することを優先して練習しましょう。

②自分の個性(強み/弱点)を分析しよう

Free photo: Arrows, Growth Hacking, Profit - Free Image on Pixabay - 2899883 (19067)

ダブルスでは、ペアがそれぞれ自分の弱点を補い合う動きができることが魅力です。
自分の個性を理解することで、ダブルスを組むペア同士で独自の攻め方を編み出すことができるのです。
初心者の方は、自分と相手、ペアを組む2人の個性をしっかりと理解しましょう。

例えば、スマッシュが強いプレイヤーはトップアンドバックの時に後衛に入りやすい攻め方をすると良いです。
俊敏な対応ができるプレイヤーは前衛でラリーのストレスに耐える、という戦術も良いです。

いずれにせよ、そういったフォーメーションや攻め方の相談をする基盤になるのが、自己分析です。
自分のプレイスタイルを研究し、相手と共有していきましょう。

③相手とのコミュニケーションが大切

Free illustration: Ear, Auricle, Listen, Listen To - Free Image on Pixabay - 2973126 (19068)

バドミントンダブルスで最も初心者の方に意識して欲しいのは、ペアとのコミュニケーションです。
バドミントンダブルスで強いペアは、事細かな攻め方のコミュニケーションを上手に取り合っています。
最後には、言葉を交わさなくともお互いの考えがわかる境地に達しています。

特に、実戦におけるフォーメーションの柔軟な対応は、いちいち相手に確認している暇がありません。
阿吽の呼吸でフォーメーションを流動的に変え、相手の戦略を先読みして動くためには、日頃のコミュニケーションが必要です。

バドミントンシングルスでは、自分との戦いとなりますが、ダブルスでは相手といかに親密になれるかが勝利のカギを握ります。
初心者の方は、ついスキルの向上や練習の密度に集中しがちですが、ダブルスの場合は、常に相手への思いやりを忘れないよう心がけましょう。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンダブルスの動き方&ローテーション解説【初心者ガイド】

バドミントンダブルスの動き方&ローテーション解説【初心者ガイド】

バドミントンのダブルスにおけるローテーションの基本や、動き方のコツをお伝えします。初心者の方向けの考え方や、前衛と後衛の役割などもご紹介します。バドミントンダブルスのローテーションの動きが気になる方はぜひチェックしてみてください。ローテーションの動きが理解できると、バドミントンダブルスの見え方が変わるでしょう。
yuki | 82,149 view
卓球ダブルスの戦術と必勝法とは?勝つための方法を考えよう

卓球ダブルスの戦術と必勝法とは?勝つための方法を考えよう

卓球のダブルスの戦術は、自分とパートナーの戦型の特徴や、対戦相手の特徴によって決めることが重要です。また、卓球のダブルスで勝つためには、パートナーのポジションや強みを考えながら、打法を選択していくようにしましょう。ダブルスは強い選手同士が組めば必ずしも勝てるわけではなく、勝つための戦術が明確になっているペアが勝ちやすくなります。
KAERUNABE | 358 view
卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方は、打ちながら動く・パートナーにスペースを空ける・パートナーとの距離感などを意識して、次のプレーの準備と打球コースでポジションを変更することです。卓球ダブルスの動き方の基本、ダブルスの動き方を覚える練習方法について解説します。
KAERUNABE | 347 view
大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
activeldirector01 | 4,054 view
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
KAERUNABE | 9,799 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki
amazon