2020年5月14日 更新

猫の背伸びのポーズの効果とやり方とは?【ヨガのポーズ】

猫の背伸びのポーズとは、両手と背中・腰回りを伸ばすヨガのポーズです。猫の背伸びのポーズの効果には、肩こりや首こりの解消、腰痛の緩和や便秘解消が挙げられます。ポーズのやり方は、四つん這いになり両手を前方に伸ばすだけと簡単なのでヨガ初心者にもおすすめです。

1,221 view お気に入り 1

猫の背伸びのポーズとは?

 (130747)

ポーズ名 猫の背伸びのポーズ
英語 Cat Pose
サンクスクリット語 マールジャーラ・アーサナ
基本姿勢 座位
難易度 初級
猫の背伸びのポーズとは、両手と背中、腰回りを伸ばすヨガのポーズのことです。猫が伸びをしてリラックスする様子に似ていることから、キャットのポーズの別名がつけられています。

猫の背伸びのポーズをとることで、肩周りや腰回りの筋肉がほぐれてリラックスできます。猫の背伸びのポーズは特別な道具も使わず短時間でできるため、肩こりや腰のだるさを感じる人、猫背が気になる人におすすめです。

ヨガ初心者でも簡単

猫の背伸びのポーズは、ヨガのポーズのなかでも難易度が低いため、ヨガ初心者でも簡単に取り組めます

ヨガの上級者向きの難しいものではなく、心地よくゆっくりと筋肉を伸ばしていくので、今まで運動やヨガをしたことがない人におすすめです。

猫の背伸びのポーズの効果・効能

 (130754)

猫の背伸びのポーズは、日頃使っていない肩や首、肩甲骨、腹部などの筋肉を使うことで、多くの健康効果や効能をもたらすと考えられています。

効能・効果を実感するためには、正しいポージングと同時に呼吸を意識することが大切です。

期待できる効果

猫の背伸びのポーズには、大きな8つの効果があります。

・肩こり解消
・首こり解消
・背中のハリ
・腰痛の緩和
・猫背改善
・花粉症の改善
・便秘解消
・ダイエット

猫の背伸びのポーズは血液循環の改善が期待できるため、肩こりや腰痛といった痛みや猫背の改善に効果的です。

期待できる効能

猫の背伸びのポーズには、大きな8つの効能があります。

・背中、胸、脇、腹部の柔軟性
・背骨、肩甲骨、胸郭の位置調整
・腹筋、背筋のインナーマッスルの強化
・内蔵機能の強化
・自律神経の調子を整える
・基礎代謝の向上
・深い呼吸の習慣化
・よい姿勢の維持

猫の背伸びのポーズは背中や胸などを柔軟にし、シンナーマッスルを強化するため、基礎代謝の向上や自律神経の調子を整えます。

猫の背伸びのポーズのやり方

猫の背伸びのポーズのやり方とは?肩こり・腰痛の改善効果あり!【ヨガ】

猫の背伸びのポーズのやり方は簡単です。

体の重心が安定する床もしくは畳のうえでやるのが一般的ですが、膝に不安がある人は、床に直接膝をつかずにヨガマットを使用するか、毛布を1枚敷いてからおこなうことをおすすめします。
猫の背伸びのポーズは、ベッドの上やマットレスなど、体が不安定になりがちな柔らかい場所ではおこなわないでください。

ポーズの手順

床に両手と両膝をつけ四つん這いになったら、膝の位置、お尻の位置などを確認し、両手を前に伸ばしていきます。

①両手・両膝を床につけ、四つん這いになる
②膝の位置はお尻の真下
③膝と膝の間はこぶし1つ分空ける
④両手をゆっくりと前に伸ばす
⑤顎を床につけ、お尻は膝の真上をキープ
⑥両手をゆっくりと元の位置に戻す

呼吸のポイント

呼吸のポイントは、普段の呼吸のスピードよりもゆっくりとした呼吸にすることです。

お尻が突き出た⑤の状態で、深い呼吸を3~5回繰り返します。胸と脇が床に近づくイメージを持ちながら呼吸し、息を吐きおわったら両手を元の位置に戻します。

猫の背伸びのポーズの練習のコツ

 (131155)

猫の背伸びのポーズの練習のコツは、手の位置とお尻の位置を意識することです。慣れるまでは都度確認して正しいポージングをマスターしましょう。

①手の位置

49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

英雄のポーズの効果とやり方とは?初心者におすすめヨガ【ウォーリア1】

英雄のポーズの効果とやり方とは?初心者におすすめヨガ【ウォーリア1】

英雄のポーズはヨガの代表的なポーズのひとつで、両足を踏ん張り両腕を上にあげたポーズです。英雄のポーズの効果は、血行促進・新陳代謝の向上・呼吸機能の改善などがあります。ポーズの難易度は低く、呼吸や骨盤の使い方、重心の取り方などヨガの基本をひと通り網羅しているポーズで初心者におすすめのポーズとなります。
Anonymous | 871 view
ダウンドッグの効果とやり方とは?初心者の方もすぐできる【動画あり】

ダウンドッグの効果とやり方とは?初心者の方もすぐできる【動画あり】

ダウンドッグは、四肢をマットにつけお尻を上に持ち上げて体全体で逆さまのV字型を作るヨガのポーズです。ヨガのレッスンでは登場回数の多いアーサナで、フローヨガのなかではつなぎの役割や休憩の役割をもっています。ダウンドッグは、初心者でもきる全身を使ったポーズで、肩こり解消といった多くの効果・効能が期待できます。
Anonymous | 688 view
猿王のポーズの効果とやり方とは?別名:ハヌマナアーサナ【ヨガのポーズ】

猿王のポーズの効果とやり方とは?別名:ハヌマナアーサナ【ヨガのポーズ】

猿王のポーズには、下半身の柔軟性を高め体幹を強化する効果で、お尻と脚を同時にシェイプアップすることが可能です。猿王のポーズの脚を前後に大きく開く姿勢は上級者向けのヨガの座法となりますが、やり方を工夫することで難易度を下げることがで、誰でも簡単に挑戦することができます。
田崎瑞子 | 302 view
屍のポーズの効果とやり方とは?別名:シャバアーサナ【ヨガのポーズ】

屍のポーズの効果とやり方とは?別名:シャバアーサナ【ヨガのポーズ】

屍のポーズはリラックスした状態で横たわり、深い瞑想状態に入るヨガのポーズです。屍のポーズとヨガの基本である呼吸の組みあわせることで、心身の疲れをほぐし日常生活にメリハリをつけることができます。筋肉にこりを感じたときやストレスを抱えているときにやるようにしましょう。
asa_swa | 570 view
うさぎのポーズの効果とやり方とは?初心者におすすめヨガ【動画あり】

うさぎのポーズの効果とやり方とは?初心者におすすめヨガ【動画あり】

うさぎのポーズは上半身を下に向けて、首筋から肩にかけてストレッチする、優しい逆転のポーズです。疲労回復や柔軟性のアップ、自律神経の鎮静化をもたらすため心身とともによい効果をもたらします。ストレス解消や健康的な体型維持を目指す方におすすめのポーズです。
ray | 412 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous