2019年10月6日 更新

ジャイアントベイトを徹底紹介!人気のおすすめルアー10選

ジャイアントベイトはバスフィッシング用のビッグベイトのサイズをさらに大きくした文字通りでかいルアーです。全長は30センチを超えるものがほとんどで、自重も200グラム前後のルアーが販売されています。ここではそんなバスフィッシングをさらにエキサイティングにするビッグベイトについて紹介していきます。

  
87 view お気に入り 0

ジャイアントベイトの人気メーカのルアー10選

ジャイアントベイトは30センチを超えるサイズ感と大胆なアプローチが魅力のバスフィッシング用のルアーです。他のルアーに比べると数が少なく、大手メーカーだけでなく小規模のマイナーなメーカーから販売されている商品が多い傾向があります。ここではそんな様々なメーカーのジャイアントベイトの中から特に人気の高いモデルを10選として紹介します。

①ガンクラフト ジョインテッドクロー 尺ワン

 (85470)

メーカ ガンクラフト
全長 30cm
自重 263g
ガンクラフトから販売されているジャイアントベイト。ジョイクロの愛称で親しまれているジョインテッドクローのラインナップの中でもっとも巨大は30センチの全長を誇る、ジャイアントベイトを代表するアイテムの一つです。数多くのジャイアントベイトの中でも特に人気が高く、もっとも有名なルアーといっても過言ではありません。

【おすすめポイント】
ジョインテッドクロー尺ワンはその圧倒的なサイズ感から琵琶湖などのビッグバスを狙った釣りにおすすめ。飛ばせる飛距離などの理由からオカッパリの釣りにはやや不向きであるものの60センチクラスのランカーバスをボートなどから狙いたい方にはぴったりのアイテムです。

②マドネス バラム300

 (85473)

メーカ マドネス
全長 30cm
自重 168g
マドネスから販売されているジャイアントベイト。尺ワンと同じく30センチの全長となっていますが、多連結ボディを採用することでジャイアントベイトでは考えられない滑らかな動きを実現しました。素早いアクションからストップアクションまで幅広く活躍するため、使うシチュエーションを選びにくい点も魅力の一つです。

【おすすめポイント】
バラム300はナチュラルで素早いアクションを得意とするルアーです。そのためストラクチャーなどに潜む、素早いアクションにしか反応しないバスはもちろん、デッドスティッキングでしか反応しないナーバスなバスに対しても大きな効果を発揮します。

ジャイアントベイトの最大の魅力である強い釣りはもちろん、繊細な釣りにも対応する点はバラムならではの武器です。

③ロマンメイド マザー

 (85476)

メーカ ロマンメイド
全長 30cm
自重 270g
ロマンメイドのルアーはほとんどをハンドメイドで作り上げています。そんなロマンメイドの想いが詰まったジャイアントベイトは、着水音からピックアップのアクションにまですべてこだわり、通常のルアーでは釣り上げることのできないスーパービッグのデカバスを仕留めるために設計されています。まさにアングラーのロマンを叶えられるといっても過言では無いルアーです。

【おすすめポイント】
ロマンメイドのマザーは他のジャイアントベイトと比べても、非常に高価な価格設定となっています。しかし、一つ一つのルアーをすべてハンドメイドで仕上げることで、世界に1つしかない唯一無二のビッグベイトでバスフィッシングを楽しむことができます。計算された釣果実績はもちろん、工芸品のような魅力も感じられる点がマザーの魅力です。

④ワイルドルアーズ ワイルドビート

 (85480)

メーカー ワイルドルアーズ
全長 28.5cm
自重 190g
61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

activeldirector01 activeldirector01
【RIZAP KIDS】