2018年1月27日 更新

ドッジボールとドッチボール ?意味と歴史!気になる疑問を解決

ドッジボールとは英語で「dodge ball」と表記されますが、その英語「dodge」の意味とは?「ドッジ」の語源は?漢字表記は球を避ける意味?当てるより避ける事が重要な理由とは?意外と知られていないドッジボールの歴史や漢字を含めた語源など、気になる情報をまとめて紹介します。

  
1,869 view お気に入り 0

ドッジボールとドッチボールはどっちが正しい?

 (23388)

ドッジボールとは、「ドッジ」と表記される事もあれば「ドッチ」と表記される事もあります。どっちが正しい名称なのでしょうか?日常的な会話では気にする事も少なく、どっちも発音は同じであり、一般的にも曖昧になっています。文字に起こす際にも、意外と気にせずどっちを使っても違和感がないのでは?

また、ドッジボールについて調べていると「ドッヂ」という表記も見受けられました。リサーチを通じて図らずも、3つの選択肢が生まれる事になりましたが、意味などに違いはあるのでしょうか?ドッジとは?ドッヂとは?ドッチとは?

それぞれの名称が使われる団体や商品などをまとめていきます。

ドッジボールとドッチボール?

ドッジボールの表記で最も多く用いられるのは以下の通り「ドッジ」です。

・団体名:日本ドッジボール協会(JapanDodgeBallAssociation)、国際ドッジボール連盟(InternationalDodgeBallFederation)
・辞書:ドッジボールがメイン表記
・商品・作品:ドッジボールに関連する商品や書籍や漫画などの大半は「ドッジ」表記

ドッジボールの国際的な活動をする団体名が「ドッジ」の表記を用いているため、「ドッジボール」が正しいと名称と言われる事が多いようです。

ドッジボールとドッチボールは英語では?

ドッジボールとは、英語表記で「dodge ball」とされており、アメリカの団体「International Dodgeball Association(意味:国際ドッジボール協会、日本のIDBFとの関連なし、競技内容に差異あり)をはじめ、海外サイトでは「dodge」以外の英語表記が見受けられませんでした。

ドッジボールとは和製英語であるという情報もあり、「dodge ball」が一概に同一の競技を意味するとは言い切れませんが、辞書の情報も合わせると英語表記は「dodge」が正しいようです。

後半部が同じ綴りの英語「bridge(意味:橋)」「judge(意味:審判)」などを日本語的に発音すると「-dge」は「ッジ」と発音する事から英語の「dodge」は「ドッジ」と発音されるのが正しいようです。

ドッジボールとドッチボール~ドッチとは?~

英語表記の「dodge」から見れば「ドッチ」という発音はありえないため、「ドッチ」は正しくないという意見が多くみられますが、辞書のドッジボールでは「ドッチボール」という表記が意味に掲載される事があります。辞書の意味に従うのであれば、「ドッジ」と「ドッチ」はどっちも正しいと言えるでしょう。

「株式会社石山」の「マイカラーボール」という玩具用の製品は「ドッチボール」が製品名に使用されており、amazonや楽天などの通販サイトにて、玩具用のボールを「ドッチボール」と表記する事が多く見られました。そのため、「ドッチ」は玩具用のドッジボールを意味する言葉とも取れます。

ドッジボールとドッチボール~ドッヂとは?~

英語「dodge」の発音記号を日本語に無理矢理に置き換えると「dɑ'dʒ(ダァヂュ)、dɔ'dʒ(ドォヂュ)」になると言われ、「ドッヂ」と発音しても「ドッジ」と日本語の発音的には同じなため、違和感はありません。

通販サイトなどでは「ドッジボール」と同一製品でも「ドッヂ」という表記が使われる事があり、混在しているようです。但し、通販サイトで「ドッヂ」が使われていても、販売元の公式サイトでは「ドッジ」という表記が製品名に使われているため、製品名としては「ドッジ」が正しいようです。

気になるドッヂビーという競技は何か?

無料イラスト かわいいフリー素材集: ドッジビーのイラスト (23391)

「ドッヂビー」とは「ドッジボール」と「フリスビー」を掛け合わせた事を起源とする日本発祥の競技です。この競技の歴史は「日本ドッヂビー協会(DBJA)」に詳しくまとめられており、起源となった競技名は「ドッジビー」とされています。そこから「日本フライグディスク協会」の公認種目とし、「ドッジボール」と区別する事を目的に「ドッヂビー」と改名されました。

「ドッヂビー」の歴史から見れば、「ドッジ」が「ドッジボール」固有の言葉を意味し、「ドッヂ」は「ドッヂビー」固有の言葉を意味すると言えます。

ドッジボールorドッチボールのまとめ

ドッジとは?

競技に関する公式団体名や英語表記「dodge」、多くの商品名から、正式な表記と言えます。

ドッチとは?

辞書から正式な表記と言えるが、玩具用ボールの名称から、遊戯を意味するドッジボールの表記とも言えます。

ドッヂとは?

日本語の発音的には問題ないが、表記は正当性に欠けると言える

まとめると?

内閣府が告示した「現代仮名遣い」の考え方では「じ」を基本とし、「ぢ」は明らかに「ち」が濁った場合などに適用されます。和製英語という情報から、元々が「ドッヂ」だとしても、「現代仮名遣い」の考えを適用すれば「ドッジ」が正しいと言える事になります。

いずれにしろ、最も有力な表記は「ドッジ」であり、「ドッジボール」が正式な名称と言えます。

ドッジボールの歴史を見る

 (23389)

47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

nikol nikol