2018年12月31日 更新

選球眼の重要性と鍛えるポイントとは?ストライクを見極めろ!

野球において、バットを振ってボールを打つことは重要なことです。 そのためには、ボールがストライクゾーンに入っているかどうかを見極める力が重要になります。 初心者でも、しっかりとボールを見極めることができるようになれば、打つことができるようになるからです。

  
119 view お気に入り 0

野球における選球眼の意味

野球における選球眼とは、ボールの見極めができるかどうかを差します。ボールの見極めには、ストライクとボールを見分けることが重要です。しかし、それだけではなく、もう1歩踏み込んで考えれば、ストレートかカーブかフォークかと言った球種の見極めも選球眼の1つになります。

野球をするときには、この選球眼の良さが重要なポイントであり、ヒットやホームランを打てるかどうかもこの選球眼の良さがあってこそ可能です。

選球眼の意味①ボールを見極めること

@sen0629sen on Instagram: “#西岡剛 #紅白戦#1番#ショート#スーパースター#選球眼#期待大” (63561)

野球で、最も大事かもしれないのが、ボールの見極めをする選球眼です。ボールをしっかりと見極めることができれば、ストライクとボールを見極めてヒットが打ちやすくなります。

見極めと一言で言っても難しいものです。最初から選球眼の良い選手はなかなかいません。沢山の経験を積んだり、日常の生活の中で、動くものを見極める能力を少しずつ培っていくからです。ボールを見極めて選球眼を高めるには、日々の生活から動くものを見る意識で変えることができます。

選球眼の意味②動体視力の良さ

野球における選球眼の意味としては、動体視力の良さも考えられます。動体視力とは、動くものを見る力です。野球のボールも当然、動くものですからバッターは動くボールを見ています。

選球眼とは、動くボールを少しでも長く見ることができるかです。ボールを長く見ることができれば、それだけボールの軌道を見極めることができます。動体視力が良い人は、同じスピードのボールでもゆっくりと見ることができて、ボールを遅く感じることが可能です。

選球眼の意味③ボールを見極めるセンス

晴音 on Instagram: “.余韻に浸りながら学校という所に行ってきます#canon #eoskissx4 #一眼レフ #帝京安積 #野球部 #baseball #バッター #お気に入り #学校嫌だ” (63917)

選球眼とは、ストライクゾーンとボールの見極めができるかどうかです。ストライクゾーンを自信を持って見極めることができれば、バットを振る場所も限られてますから、打ちやすくなります。ボールを見極めるためには、優れた動体視力も大切ですが、元々のセンスも重要です。

自分のストライクゾーンを頭に入れておき、ピッチャーが投げた瞬間にその軌道をイメージして、ボールを見極めます。ボールだけに限らずに、色々な動くものを見て、その軌道を予測する力を付けることです。

選球眼の意味④読みの良さ

ストライクゾーンにボールが来るかどうかを理解するのが選球眼の1つです。選球眼は、投げられたボールを見極める力ですが、目で見ているだけでは限界もあります。

ピッチャーから投げられるボールを予測することは、選球眼の良さをより活かすことです。投げられるボールがどのような球種なのか、どのコースに飛ぶのかを読むことで狙いを持つことができますから、ボールの見極めも良くなり、選球眼が高まります。目で見えるものだけではなく、頭を使うことも選球眼の1つです。

選球眼が良いことのメリット

選球眼が良いことは、バッターにとって大きなメリットがあります。ヒットを打つこともできますし、狙いを絞ることでホームランを狙うことも可能です。そのためには、練習でも沢山のボールの見極めを行うことが判断を高めるために重要になります。

選球眼を良くするためには、練習から沢山のボールを見てボールを見極める目を養うことです。ボールを見極めることができるようなれば、ピッチャーに沢山の球数を投げさせて、フォアボールを狙うこともできます。

選球眼が良いメリット①四球を選ぶ事ができる

選球眼が良ければ、フォアボールを選ぶ事ができます。野球では、ヒットを打ったりホームランを打って得点を取ることが重要です。出塁することがチャンスの拡大に繋がると考えるならば、フォアボールを選ぶことも1つの方法になります。

フォアボールを選ぶのは、ストライクとボールのコースの見極めが大切です。レベルが上がるほど、ピッチャーの質が上がり、コントロールもスピードもある選手が出てきます。その時に、しっかりとコースの見極めができれば、フォアボールを選んで出塁してチャンスを広げる方法も可能です。

選球眼が良いメリット②ヒットを打ちやすい

Bach84 on Instagram: “仕事の合間 久々のソフトボール。ヘルニア再発も4打席4四球。サヨナラ勝ちで開幕から負け知らず! #ソフトボール#浜松#選球眼#椎間板ヘルニア#ストレス解消” (63563)

野球をするにあたって、選球眼が良いとヒットを打つ確率が上がります。ヒットを打つには、ボール球や自分が苦手とする球種やコースのボールを振らないようにすることも大事なことです。

野球における選球眼の良さは、それだけ重要なものと言えます。バットを振る力と同じくらい、選球眼が良いかどうかはヒットを打つために必要です。選球眼は、実践で沢山のボールを見ることが重要ですし、質の高いピッチャーのボールを見ることで養うことになります。

選球眼が良いメリット③長打を狙うこともできる

MK野球塾 on Instagram: “中学生‼️ #野球 #少年野球 #少年 #野球塾 #中学野球 #中学生 #小学生 #園児 #高校野球 #高校生 #甲子園 #トレーナー #コーチ #指導 #トレーニング #コンディショニング #指導者 #滋賀県 #近江八幡市 #東近江市 #夢 #バイト #募集中 #メジャー…” (63921)

選球眼が良いということは、ストライクゾーンの見極めがしっかりとできることです。ストライクゾーンの見極めがしっかりとできれば、打ちやすいコースの見極めもできることになります。打ちやすいコースの見極めができれば、得意コースも狙いやすいので、ホームランなどの長打を狙って打つことも可能です。
ホームランはなかなか打てるものではありません。しかし、ボールの見極めができれば、それも可能となります。そのために大事になってくるのが、選球眼です。

選球眼が良いメリット④盗塁するチャンスもできる

選球眼が良いと、球を打けでなく、盗塁する時にもメリットになります。盗塁する時には、足の速さだけが重要とも思われますが、ピッチャーがどのような球を投げるのか、それを見極めることができれば、多くの盗塁が可能です。

練習でタイミングを掴むだけでなく、試合で始めて対戦するピッチャーであっても、投げているコースを見極めることで、盗塁がしやすくなります。球を見極めることに長けていれば、それだけでも多くのチャンスを作ることが可能です。

選球眼を磨く方法

50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

選球眼の重要性と鍛えるポイントとは?ストライクを見極めろ!

選球眼の重要性と鍛えるポイントとは?ストライクを見極めろ!

野球における選球眼を鍛えるメリットは、出塁につながることです。出塁につながるということは得点につながります。また選球眼が高いバッターはピッチャーへのプレッシャーをかけることもでき、試合を有利にすすめることが可能ですので、鍛えていきたい能力となるでしょう。
Act | 328 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000