2019年2月23日 更新

サッカーのPK戦のルールや順番とは?ペナルティキックを決めろ!

サッカーのPK戦のルールはキッカーへのルール、ゴールキーパー、その他の選手と3つに分けて規定されており、そのルールを犯した場合はPKの失敗や警告を与えられます。さらにPKの方式として、先攻後攻方式とabba方式の2つがあり、先攻有利説を軽減するための取り組みもされています。

  
407 view お気に入り 0

サッカーのPK戦とは

桑村颯汰 on Instagram: “..V・ファーレンサポデビュー#BMWスタジアム #天皇杯 #PK戦.” (70913)

延長戦でも決着がつかなかった際に使用する方法

サッカーのPK戦とは、通常の試合時間で決着がつかず引き分けて、その後の延長戦でも引き分けた際に最終的に勝敗を決めるためにペナルティキックで決着をつけるという方法です。PK戦はトーナメント形式の大会で用いられ、大会のレギュレーションによっては、延長戦を行わずにすぐにPK戦に突入する場合もあります。

延長戦で引き分けたあとPK戦の末に勝敗は決しますが、それはあくまで次のステージに進むチームを決めるための手段であって、公式記録上は引き分けとなります

先攻有利説

 (71041)

サッカーでPK戦を行う際に、コイントスで選んだ面が出たチームが先攻後攻を選ぶことができ、多くのチームは先攻を選びます。これは昔から先攻有利と考えられることが多く、それを根拠づけるためにイギリスの研究機関において1つの研究結果が発表されています。

その分析結果によると、先攻を選んだチームの勝率は60パーセントで後攻よりも高い数値を示しています。またその理由として、ポイントを先行されることによる精神的なプレッシャーが、後に蹴るチームの選手のパフォーマンスに明らかに影響を及ぼしていると分析されています。

このことから先攻有利の理論は証明されており、PK戦に突入した際には勝率を上げるために先攻を選ぶことをお勧めします。

サッカーのPK戦の進め方

先攻後攻を決める

サッカーのPK戦を行う際には、まず先攻後攻を決めなければなりません。両チームのキャプテンと主審、副審の5人が集まり、コインの表と裏をあらかじめ決めた上でコイントスを行い、コインの面が出た側のチームが先攻か後攻を選ぶことができます。

少年サッカーなどの大会の場合はコイントスではなく、キャプテン同士でじゃんけんをして勝ったチームが先攻後攻を選ぶというやり方が取られる場合もありますが、公式試合では必ずコイントスで行わなければなりません。

選ぶ権利を得た際は、先攻有利の法則に従って是非先攻を選ぶことをお勧めします。

両チーム5本ずつキックを行う

 (71044)

サッカーのPK戦では先攻後攻を決めた後は、1人ずつ交互に5人までペナルティキックを行います。5本を蹴り終えた時点で、ポイントを先行しているチームが勝者となり、5本ペナルティキックを行なった時点で引き分けで決着がつかなかった場合はサドンデスというPK戦の延長戦を行います

以下の場合は5本を蹴り終えるまでに決着がつくため試合終了となります。
①3本目を両チームが蹴り終えた時点で3ポイントの差がついた場合
②4本目を両チームが蹴り終えた時点で2ポイントの差がついた場合
③5本目を先攻のチームが蹴り終えた時点で後攻のチームが1ポイントリードしていた場合
④5本目を先攻のチームが1ポイントリードした状態で決めた場合

サドンデス

サッカーのPK戦にはサドンデスというルールがあり、サドンデスとは各チーム5本のペナルティキックを行なって決着がつかず引き分けた際に、最終的に決着をつけるために行います。

サドンデスに突入した場合は、どちらかのチームが1ポイントリードして終えた時点で終了となります。具体的な例としては、先攻が決めて後攻が外す、またはその逆が起こった時で、11人ペナルティキックを行なっても決着がつかなかった際は2周目を行い、決着がつくまで繰り返し行います。

2周目と1周目は蹴る順番を変えることができ、より決める確率の高い選手から蹴ると勝つ可能性を高めることができます

サッカーのPK戦のルール①

キッカーへのルール

サッカーのPK戦ではキッカーに対して様々なルールが定められており、それを破った場合にはペナルティキックを失敗したとカウントされます。具体的なルールは下記の3つです。


助走に入った後は止まってもいいが戻ってはいけない
一度ボールの近くまで助走したがタイミングが合わなくて戻るという行為も禁止されています。


キックのフォームなどで緩急をつけるフェイントを使うのは良いが、足を戻して再び振ってはいけない
ネイマールのように助走を含め緩急をつけるのは良いが、キックフェイントやシザースなどのフェイントは禁止されています。


③ボールに2度触ってはいけない。
ボールを蹴って軸足に当たって入ったり、跳ね返ってきた球を再度打つような行為は禁止されています。

ゴールキーパーへのルール

サッカーのPK戦ではゴールキーパーに対してもルールが定められています。キーパーに対するルールとは具体的には下記の2つが挙げられます。


①キッカーがペナルティキックを蹴る前にゴールライン上から前に踏み出してはいけない
蹴った瞬間であればいいですが、その以前にラインを超えて前に出るとイエローカードが提示され、当該ペナルティキックが再度やり直しになります。


ペナルティキックを味方選手が蹴る際は、ゴーキーパーはペナルティエリア外で待機する
これを犯した場合には、味方ペナルティキックの失敗となるため注意が必要です。

他の選手へのルール

サッカーのPK戦ではペナルティキックを蹴る選手、キーパー以外の待機している選手に対するルールも定められています。具体的には下記の2点です。


①ペナルティサークル内でありセンターライン付近に一列で待機する
これも決められており、ペナルティキックの順番が回ってくるまで出ることはできません。


②防寒対策や飲料をとることができる
記録上は延長戦の末引き分けとなっているため、待機中は防寒着を着用したり、暑い時には給水をすることも可能です。


このようにキッカーやキーパーとは異なるルールが待機している選手にも決められており、それを犯した場合はカードの対象になることもあります。

サッカーのPK戦のルール②

PK戦に出場できる選手の規定

 (71332)

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのPK成功率を上げる方法とは?ペナルティキックの極意を解説

サッカーのPK成功率を上げる方法とは?ペナルティキックの極意を解説

サッカーのPK成功率を上げるためには、ルールを知り、キーパーのタイプや自分の特徴を知る必要があります。その上で成功率を上げるために、ゴールの角にスピードのあるシュートを打つか、キーパーの動きを見るかフェイントをかけるかを選択することが大切です。
nosedori | 225 view
ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

サッカーのルールの一つであるペナルティキックは、多くの得点が望めないサッカーにおいては貴重な得点チャンスとなる攻撃側にとっては嬉しいルールではありますが、守備側にとっては厳しいルールです。ここではペナルティキックをわかりやすく解説していきます。
masamiohdaira9 | 426 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori