2018年11月3日 更新

サッカーのチャージとは?どんな場合に反則となるか解説!

サッカーの試合を見ていてよく耳にするチャージですが、どのようなチャージが正当でどのようなチャージが反則になるのか、よくわからないという方も多いかと思います。ここではサッカーのチャージとは?どんな場合に反則となるのかを徹底的に解説していきます。

  
28 view お気に入り 0

サッカーにおけるチャージの現状

 (60630)

サッカーは紳士的なスポーツとされ、その紳士的行為に反するプレーを罰するルールがいくつかあります。
今回のテーマであるチャージとは、サッカー競技規則第12条の直接フリーキックになる反則の1つとして記載されています。
しかしチャージしたからといって必ず反則になるとは限りません。そのため、どのようなチャージが反則で、どのようなチャージが正当なチャージなのか、サッカーの競技規則にはハッキリとした記載がないため、反則をとられた選手が主審に詰め寄るシーンも多く目にします。
以下ではどのようなチャージが正当で、どのようなチャージが反則なのかを整理していきます。

サッカーにおけるチャージの必要性

そもそもサッカーにおけるチャージはどのような場面で必要とされているのでしょうか。 サッカーにおけるチャージは、ボールを保持している相手選手からボールを奪取するための手段です。
フィールドの選手には、手や腕を使ってプレーすることが認められない以上、それ以外の場所でボールを奪うしかありません。そこで肩を使ったチャージが用いられるわけです。

自らの肩を相手選手の肩に当て、ボールが相手選手の足から離れた隙に体を入れてボールを奪います。 サッカーのディフェンス技術として重要なテクニックです。

サッカーで肩を使うチャージが認められる本質的理由

槙野智章 Tomoaki Makino on Instagram: “ヨーロッパでの代表合宿が終わりました。 今回の2試合でチームとしても個人としても「収穫」はたくさんありました。 結果としては2敗しましたが、課題や成果がある中でチームとして確実に1歩1歩進んでいる。 まだやらなくてはいけない事は山積みだが、手ごたえを感じた2試合でした。…” (59618)

サッカーにおいて肩を使うチャージが認められる理由として、サッカー競技規則の解釈と審判員のガイドラインに記載がある「チャージングとは、スペースを確保するべく、ボールがプレーできる範囲内で、腕や肘を用いず、身体的接触を挑むこと」にあります。そしてその本質的理由は、ボールをキープする選手は、相手選手を自分とボールの間に入れさせないようにするために、反則となる手や腕を使わないように、肩を使ってボールを守ることにあります。

つまり、ボールをキープしている側も、ボールを奪う側も肩を使うことで攻防を繰り広げます。 ここに肩を使うチャージが基本的に認められる本質的理由があります。

サッカーにおける正当なチャージの3つの要件を確認

Maya Yoshida on Instagram: “Disappointed result. Thank you for great support again.久しぶりのリーグ戦出場、勝ちたかった…。#saints” (59620)

サッカーの正当なチャージの要件①肩対肩か

サッカーのルールによるチャージとは、別名ショルダーチャージとも呼ばれることからわかるように、肩(ショルダー)で行うことを意味します。 自分の肩を相手選手の肩にぶつける、肩対肩(ショルダー to ショルダー)の状態です。

この自らの肩を相手選手の肩にぶつけるチャージは正当なチャージです。何故肩は許されるのかというと、競技規則の解釈と審判員のためのガイドラインに「チャージングとは、スペースを確保するべく、ボールがプレーできる範囲内で、腕や肘を用いず、身体的接触を用いて挑むことである」とあるからです。これが自らの肩を相手選手の背中に当てて倒したり、もしくは自らの肩ではなく肘で相手選手の肩に当てる行為は反則になります。

サッカーの正当なチャージの要件②不用意・無謀・過剰

サッカー競技規則には、反則の定義として、その行為が不用意で、無謀に、過剰な力でなされた場合と定めています。

ルール上これは極めて曖昧な表現のため、実務的には主審の判断に任されるわけです。 不用意とは、競技者が相手選手に挑む際に注意や配慮を欠き、慎重さを欠いたと判断されることです。 無謀とは、相手選手が被る危険をまったく無視するプレーと判断されることです。

そして過剰な力とは、明らかに必要以上の力をもって相手選手に体当たりし、危険にさらすプレーと判断されるることです。 どれもサッカーという紳士的なスポーツに反する行為と判断され、無謀なチャージには警告が与えられ、過剰な力をもったチャージには退場が命じられます。

サッカーの正当なチャージの要件③ボールを奪う目的

サッカーの試合で用いられるチャージは、そもそも相手選手からボールを奪う目的でされるものです。
つまりルール上、ボールにプレーする場面でなければ正当性はありません。 わかりやすく言えば、ボールのない場所でのポジション争いでチャージを用いれば反則になります。

また、ボールを持っている相手選手をもっぱら邪魔するだけの目的でなされたチャージも反則になります。 ボールを持っている相手選手にチャージするだけでは正当性が認められず、チャージしてそのまま体を入れてボールを奪取しなければ、ボールを奪う目的があったことにはなりません。

チャージの目的はボールを奪う前提行為

Eiji on Instagram: “・・・キャプテンといえばこの人・・・Sergio Ramos 4 👑🔥fight🔥・・・#sergioramos#セルヒオラモス#レアル#realmadrid#キャプテン#capten#レアルマドリード” (59614)

サッカーにおけるガイドライン的なチャージの反則はありますが、最終的には主審の判断に任されます。 基本的な考え方として、チャージになるような反則は、肩対背中や肘対肩になっているような肩対肩になっておらず、ボールを奪う目的ではなく、感情的な部分も含めてただ単にボール保持者の邪魔をするだけの目的であり、必要以上の力で相手選手を怪我させてしまう危険性のあるチャージが反則の対象ということがわかります。

チャージの目的はあくまでもボール保持者の前に入りボールを奪う前提行為となります。

チャージへ行く正しい姿勢

サッカーにおけるチャージの目的が、相手ボール保持者からボールを奪取するために、相手ボール保持者の前に体を入れる前提行為だとすれば、チャージへ行く姿勢である程度判断できます。

チャージした後に、相手ボール保持者がバランスを崩したり、ボールが足から離れた瞬間に体を入れるはずですから、必然的にそのような姿勢になります。

その姿勢は、相手よりも低い姿勢から、腰から肩にかけてぶつかっていくような姿勢です。肩に重心が傾いていれば、ぶつかってすぐにボール奪取することはできません。

正しいチャージの例

サッカーにおける正しいチャージをするには、まずボールを奪いにいくという明確な目的が必要です。

感情にまかせ、ただボール保持者を邪魔するという目的でチャージをすると、必然的に肩が先に出て傾く姿勢になります。この姿勢でチャージをすると、相手を吹き飛ばすだけの結果となり、ボールを奪いにいく態勢になりません。

その結果として主審や副審から、不用意な、無謀な、過剰なチャージとみなされて反則という判断をされてしまいます。

カンテのチャージからのボール奪取

【カンテの守備技術解説】体の当て方

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9