2018年9月24日 更新

フットサルのテクニック特集!初心者も覚えたいテクニック9選

フットサルでは、絶対の自信が持てる抜き技テクニックを1つでも2つでも持っていると「勝利」を手元に引き寄せる大きな武器となります。そして、初心者が実践に活かせるテクニックはたくさんあります。フットサルテクニックに磨きをかけて、周囲を魅了していきましょう。

  
2,754 view お気に入り 0

フットサル初心者も覚えたいテクニック①

フットワーク

 (58235)

フットワークは、フットサル全般でボールキープを行うために必要不可欠な基本のテクニックです。足裏でボールを転がしたり、止めたり、足の内側のインサイドやつま先でボールをテンポよくタッチしていきます。この基本テクニックは別名ボールウォークと言います。この蹴り方は、フットサル全てのテクニックの基本となる動きと言っても過言ではありません。

まずフットサルを初めてする人は、足裏や足の内側などを使ったボールコントロールの感覚を身につけましょう。毎回練習前のウォーミングアップとして行うなどして、慣れてきたら足元を見ないでノールックでボールタッチができるように蹴り方に磨きをかけていきましょう。

フットワークのやり方とコツ

①足裏を使って、身体と平行にボールを転がします。感覚を掴むまではゆっくりと行い、慣れてきたら転がすスピードを徐々に早めて行いましょう。

②上半身は前屈みにならないようにし、視線は前に向けます。慣れるまでは足元とボールに視線が向いても構いません。

③ボールは肩幅より少し広めに転がしコンパクトにします。

④ボールを転がした足と逆の足裏でしっかりとボールをキープして止めましょう。

【フットワークのコツ】
ボールは足裏で蹴るのではなく、転がすこと(蹴り方注意)と、ボールを止める足裏の場所は、足の指付け根の下の踏みつけ部で行うことが重要です。

フットサル初心者も覚えたいテクニック②

スウィープ

 (58239)

スウィープは、狭いコートでプレーするフットサルにおいて有効となる技の一つで、フットサル初心者が比較的簡単に身につけることができます。基本は、足のインサイドでボールを押し出しながらボールを足の指付け根の下の踏みつけ部で止めて引き戻します。この一連の動きができるようになると、ボールを止めることなくディフェンスの股の間をタイミングよくスウィープで通して抜いた後にドリブルしたり、相手の意表を突くパスを出したり、スウィープしながらシュートを打つなど、さまざま局面でテクニックを使うことができます。
最初は足元を見ながらでも構いませんが、慣れてきたら足元を見ないでボールタッチができるように練習しましょう。

スウィープのやり方とコツ

①ディフェンスからボールを遠い位置に置きます。

②蹴り足を軸足と90°にし、かかとよりのインサイド(アーチ部分の中心より少し後方)でボールを押します。

③円を描くようにボールをアーチでタッチして横へ転がします。

④ディフェンスが足を出すタイミングでボールを足の裏で手前に引き、逆足で縦に突破します。

【スウィープのコツ】
ボールが常に足に吸い付いているようにイメージしながらボールを動かし(蹴り方に注意)、足の裏でボールを手前に引いてから縦に突破するまでの動きはスピーディーに行うことが重要です。

フットサル初心者も覚えたいテクニック③

引きつけ

 (54839)

引きつけは、字の如く相手を自分に引きつけながら、技を仕掛けるタイミングをうかがうフットサルの基本のテクニックです。足裏を使ってボールと身体を後退させていきます。フットサルの基礎となる引きつけができるようになると、ドリブルやシュートに繋げていくことができます。
動き自体はフットサル初心者でも直ぐにできますので、始めはゆっくり一人で練習し、慣れてきたらスピードをつけながら後退したり、ディフェンスを立てて相手との間合いを確認しながら練習していきましょう。
繰り返しになりますが、ボールタッチの基礎中の基礎となりますので、確実にできるまで何度も練習を重ねましょう。

引きつけのやり方とコツ

①足首を曲げて、足裏でボールを押さえます。

②背筋を伸ばし、相手と自分の足が見える位置に視線を向けます。

③足裏でボールを転がしながら(後退)、スピードに乗って軸足でジャンプしながら体も後退させます。

【引き付けのコツ】
次の技が出せるように相手との間合いをとり、相手が見える位置に視線を向けることが大切です。また、ボールと体を後退させるときに、軸足の膝を柔軟に使って衝撃を吸収させることが重要で、膝の柔軟性で芝に足をとられて転倒することを防ぎます。

フットサル初心者も覚えたいテクニック④

軸裏通し

 (54840)

軸裏通しは、相手を自分に引きつけながら、相手ディフェンスとの間合いを作る時に有効な基本テクニックです。

足裏でしっかりとボールをとらえて自分の股下を通すことができると、相手を引きつけながら次の技を仕掛けるタイミングを計ることができるようになります。フットサル初心者でも少し練習を重ねるだけで股下を通す感覚を掴むことができるので、比較的習得しやすい基本テクニックと言えます。
また、慣れてくると、股下を通すスピードが上がり、股下を通すだけで相手を翻弄させることもできるようになります。フットサルでは有効な基本テクニックとなりますので、早期に習得しておきましょう。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサルのコツ!初心者が覚えておきたい動き方やテクニックとは?

フットサルのコツ!初心者が覚えておきたい動き方やテクニックとは?

フットサルの基本となるトラップやパスなどの個人技は、実践で戦術を遂行するために必須。 ハイレベルなプレーヤーになるほど、基本練習を重ねてコツをつかみ精度を上げています。 フットサル初心者は、基本のコツを早くつかみ、後に戦術で必要な動きを身につけていきましょう。
skynetasia391k | 7,291 view
ダブルタッチのやり方とコツ【サッカー上達ガイド】

ダブルタッチのやり方とコツ【サッカー上達ガイド】

サッカーにおけるドリブルには多くのフェイントがあります。そのどれもが相手選手の体重をずらして、逆をつくために行われるものですが、中でも簡単にできるダブルタッチを紹介します。ダブルタッチは簡単ではありますが、色々なことができなければ試合中では中々使えないフェイントです。
camarade20042000 | 9,032 view
サッカードリブルのコツとテクニック特集!基本から抜き方【初心者OK】

サッカードリブルのコツとテクニック特集!基本から抜き方【初心者OK】

サッカーには様々な技術が必要になってきます。キックやトラップの技術はもちろん、自分で状況を打開するものとしてドリブルは必要不可欠なものであります。そんなサッカーのドリブルは教えられるものでもありますが、自分なりのリズムとタッチを作る方が取られにくいものになります。
camarade20042000 | 18,595 view
ファルカンフェイントのやり方とは?練習方法と合わせて解説

ファルカンフェイントのやり方とは?練習方法と合わせて解説

ファルカンフェイントというボールを足裏で転がして反対側の足でまたぎ、すかさずボールを横にずらして切り返す、足がどのように動いているのかわからない足技フェイントを見たことがありませんか?ここではファリカンフェイントのやり方と練習方法を合わせて解説していきます。
masamiohdaira9 | 135 view
股抜きを上手くできる方法は・・・タイミングが重要!

股抜きを上手くできる方法は・・・タイミングが重要!

サッカーでは、左右に相手を抜くのが基本的なドリブルです。しかし、股抜きを狙うことで、真っすぐにドリブルしたり、パスを出すことができます。股抜きはとても難しいプレーのように見えますが、コツを覚えることで、意外と実践でも使える技術となります。
camarade20042000 | 133 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k