2019年9月25日 更新

腹筋のインナーマッスルの鍛え方とは?体幹力をアップしよう!

腹筋の深層部にあるインナーマッスルを鍛えることで、体のバランスが良くなります。インナーマッスルは、体幹力を鍛えることとなり、体のバランスが良くなります。体幹のトレーニング方法は色々とありますが、この記事では、腹筋まわりのインナーマッスルの簡単な鍛え方・トレーニングを紹介します。

  
93 view お気に入り 0

腹筋周りのインナーマッスルとは?

インナーマッスルとは、体の奥にある筋肉を指します。体幹と混同しがちですが、違うものであり、体の軸を作る筋肉です。
外腹斜筋を含めた腹斜筋を中心にしたお腹周りには、体の奥にも沢山の筋肉があります。これらを総称してインナーマッスルと呼ぶのが基本です。インナーマッスルと言う筋肉があると考えている人もいるかもしれませんが、このような名前の筋肉はありません。体は筋肉が層になっているので、内側にあるのが、インナーマッスルです。

体の奥にある筋肉

体には表面に出てきやすい筋肉と体の奥に存在する筋肉があります。体の奥にある筋肉がインナーマッスルです。
インナーマッスルは、主に体を支えるような働きをするイメージになります。インナーマッスルが強ければ、姿勢を保つことができたり、内臓を正しい位置に配置しておく事も簡単です。
インナーマッスルは、体の奥にある筋肉ですから、鍛えてもお腹が割れてきたり、力こぶができるようになったりはしません。しかし、インナーマッスルは体にとって重要な役割を果たしています。

全身に存在するインナーマッスル

インナーマッスルと言うと、お腹周りの体幹を中心とした筋肉をイメージすることもあります。しかし、インナーマッスルとは、体の深層筋肉全般を指すものです。お腹周りだけではなく、肩や足周り、股関節などにもインナーマッスルは存在します。

インナーマッスルを鍛えるときには、腹筋などのお腹周りだけでなく体の様々な部分を意識してトレーニングすることが重要です。全身のインナーマッスルを強くすることで、体のバランスが整います。

腹筋のインナーマッスル

全身にあるインナーマッスルの中でも、やはり多くの筋肉がある場所といえば、腹筋周りです。腹筋のインナーマッスルでは、内腹斜筋と腹横筋と言われる筋肉が大きなものになります。

内腹斜筋は、お腹の前方から横にかけて骨盤のを引き上げたりするための筋肉です。腹横筋は、内腹斜筋のさらに奥にある筋肉で、体を安定させるために必要と言えます。腹筋周りには沢山の筋肉が何層にもありますので、腹筋の表面の筋肉だけではなく、深層筋肉を鍛えることがスポーツをするだけではなく、日常生活においても非常に重要です。

①内腹斜筋

うーちゃん on Instagram: “34週目。 呼吸がしにくくて苦しい、お腹が張るとのこと。  右のお腹だけが異様に出ていたのですが、外腹斜筋、腹直筋、内腹斜筋の順に優しくリリースをすることで、左右対称になり呼吸がしやすくなりました!お腹も柔らかくなり、胎児がさわりやすくなりました。…” (81195)

内腹斜筋は、表層筋肉である外腹斜筋の深層筋肉です。内腹斜筋は腹筋の正面から外側にかけて存在する筋肉で、多くの靭帯や脊柱などと繋がってますので、体を動かすために非常に重要な役割を果たしています。

この内腹斜筋と言われるインナーマッスルを鍛えることで、腹筋周りのインナーマッスル全体を鍛えることになり、体をスムーズに動かすことが可能です。内腹斜筋を強くしていくことは、体の軸を作っていく筋肉と強くすることになります。

②腹横筋

∞UPBODY on Instagram: “腹横筋の作用には、手脚を素早く動かす運動機能、 スポーツでのパフォーマンスアップ、バランス能力向上、 姿勢矯正、出産後の骨盤底部痛対策、腹腔内圧の上昇での尿失禁対策、 腰痛対策、骨盤、仙腸関節の安定化等まだまだありますが、 まずは最近メディアでも見かけたり聞いたりする…” (82021)

腹横筋は、腹筋の中でも体の側面に位置する筋肉です。腹筋には、体の正面にあるものと横にあるものが考えられます。その中でも腹横筋は、体の両サイドにある筋肉で体に曲げ伸ばししたりするときに重要です。インナーマッスルとして腹横筋も体の奥にある深層筋肉になります。

腹横筋を鍛えることで、前後だけではなく、左右に動きに対しても体をスムーズに動かしたり、軸がぶれない動きが可能です。スポーツ選手などでは、急なストップ&ゴーの動きが多くなりますから、そのためにも必要なインナーマッスルとなります。

腹筋のインナーマッスルをトレーニングする方法10選

インナーマッスルの鍛え方には、様々なやり方があります。同じ腹筋の奥にある深層筋肉でも様々な鍛え方をすることで、多くのインナーマッスルに効果的です。

インナーマッスルは、マシンを使って筋肉を大きくするようなものでありません。じっくりと筋肉を刺激することで、目に見えない腹筋の奥にある体幹を強化していきます。そのため、トレーニング方法としては、自重トレーニングと言われる自分の体重を利用したトレーニング方法で鍛えることが可能です。

①ドローイン

お腹やせのコツ~ドローインのやり方~【コナミメソッドまとめ】

インナーマッスルの筋トレ方法として、ドローインと言われる鍛え方があります。ドローインは、お腹を凹ませたり、膨らませたりするやり方です。

上向きに寝転がって、足は肩幅くらいに開いて膝を立てて寝転びます。腕は少し脇が開くくらいに広げて手のひらを上にして、腰にタオルを敷き、お腹の上にタオルを置けば完成です。この状態から、お腹を5秒くらいかけて凹ませて、膨らませます。この動きを繰り返すことで、お腹の奥にあるインナーマッスルに効果的です。

②プランク

プランクで体幹を鍛えよう|カリステニクス calisthenics

インナーマッスルを鍛える方法として、有名なものがプランクです。プランクは、体幹強化の筋トレとしては、メジャーなもので、腕立ての状態から腕は肘で立つようにします。

プランクは、体が一直線になるようにお腹に力を入れてキープするやり方です。筋トレのように曲げ伸ばしをすることがありませんが、同じ姿勢をキープすることで、体の奥にあるインナーマッスルを効果的に鍛えることができます。体がぶれないようにキープするのが、プランクのやり方のコツです。

③バッグブリッジ

腰とお尻を引き締める!!バッグブリッジとは??

腹筋回りのインナーマッスルの鍛え方として、自宅でも簡単にできる方法の中にバックブリッジもあります。バックブリッジは、上向きに寝転んで膝を立て、お尻を上げる鍛え方です。お尻を上げる時には、腹筋を意識して、体げ直線になるようにします。お尻が落ちていたり、上がりすぎていると効果がありません。

膝から上半身までが一直線に斜め45度になるように腹筋を意識してトレーニングすることが大切です。30秒1回を3セット、5セットなど自分の体に合わせて行うことがポイントになります。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

腹筋ローラーで体幹トレーニング!初心者でもできる鍛え方

腹筋ローラーで体幹トレーニング!初心者でもできる鍛え方

筋トレ好きに大人気の腹筋ローラー。体幹部分を総合的に鍛えることもできますし、安価で手に入ることから愛用者の多い筋トレアイテムとなっています。 そこで今回は腹筋ローラーの正しい使い方と効率よく腹筋や体幹の筋肉を鍛えるトレーニング方法について解説していきましょう。
武田薩樹 | 25,578 view
インナーマッスルの鍛え方とは!体幹効くトレーニングメニュー7選

インナーマッスルの鍛え方とは!体幹効くトレーニングメニュー7選

インナーマッスルを鍛えるとパフォーマンスの向上やダイエット、姿勢を良くすることに有効などメリットがたくさんあります。そんなインナーマッスルの鍛え方を7つご紹介します。また、インナーマッスルとは?を始め、鍛えるメリットも合わせて解説しています。
よよ | 9,110 view
バドミントン筋トレ特集!基礎力UPに必要なトレーニングとは?

バドミントン筋トレ特集!基礎力UPに必要なトレーニングとは?

バドミントンで使う筋肉を鍛えたい、という方に必要な筋トレメニューをご紹介します。部位ごとに効果的な筋トレと、それに使うおすすめの筋トレグッズも解説します。効果的な筋トレメニューを作ることで、強力なスマッシュや軽いフットワークを手に入れましょう。
yuki | 62,140 view
水泳の筋トレメニュー12選!速くなるための筋トレとは?

水泳の筋トレメニュー12選!速くなるための筋トレとは?

水泳で速くなるためには陸上での筋トレも欠かせません。今回は水泳で速くなるためにおすすめの筋トレメニューを12選ご紹介します。参考にして頂き水泳だけでなく、筋トレもトレーニングメニュー入れて速く泳げるようになってください。
慶影 | 106,328 view
パルクールの筋トレ方法とは?無駄に筋肉をつけるのはNG

パルクールの筋トレ方法とは?無駄に筋肉をつけるのはNG

パルクールに効果のある筋トレ方法をメニューと共にご紹介します。筋肉をつけすぎない・初心者に注意してほしいポイントなどもピックアップしました。方法はコツさえ押さえれば簡単です。基礎的な筋トレを続けてパルクールに挑みましょう!
yuki | 18,352 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000
【RIZAP KIDS】