2019年4月13日 更新

アンダースローの変化球!フォーク・カーブ・シンカーの3種類の投げ方解説

投手の投球フォームの中で独特な特徴を持つアンダースロー。そのアンダースローで投げるフォーク、カーブ、シンカー、計3種類の変化球に関しておすすめの握り方と投げ方のコツ、そして野球でアンダースローの投球フォームで安定して変化球を投げるための練習方法を解説します。

  
33,865 view お気に入り 0
 (32559)

アンダースローの投球フォームでカーブを投げる際、手のひらが上に向くようにし、少し手首を腕の方に立てた状態で、人差し指と中指でボールを滑らすように抜いてリリースするのが、おすすめの投げ方で、フォークを投げる時と同様に手首を使わずに腕の振りだけでボールを抜くのがコツです。

この投げ方でうまくボールが抜けない、またはうまく回転がかからない場合は、さらに手首を腕の方に立てた状態でリリースするとボールが抜けやすく、カーブ回転もかかりやすくなります。

アンダースローの変化球③シンカー

 (32562)

ボールをリリースした利き腕の方向に、曲がりながら落ちていくのがシンカーの特徴で、実際の野球で投げる投手が少ない変化球ですが、プロ野球やメジャーリーグではアンダースローの投球フォームにしている多くの投手がシンカーを覚えており、決め球としても使用されています。

野球で投手をした際に、アンダースローの投球フォームで投げる場合は、変化量も大きくなり最大の武器としても使えるため、シンカーはカーブと同様におすすめの変化球になります。

アンダースローの投球フォームでのシンカーの投げ方

オーバースローやスリークォーターの投球フォームの場合、横回転が必要なシンカーは投げるのが難しい変化球ですが、アンダースローは腕を下から出す投球フォームのため、シンカーは比較的投げやすい変化球です。アンダースローの投球フォームは、普通にストレートを投げたつもりでも、シュート回転してしまうケースがあるほど、自然と横回転がかかりやすいためです。

アンダースローの投球フォームでシンカーを投げる際、腕の使い方がポイントになるため、ここではその部分を中心に、おすすめのボールの握り方と投げ方を見ていくことにしましょう。

アンダースローの投球フォームで投げるシンカーの握り

 (32717)

縫い目の狭い部分に沿って人差し指と中指をかけ、中指と薬指でボールを挟むように握り、親指は縫い目にかけないように人差し指の下側を支えるのが、アンダースローの投球フォームでシンカーを投げる際のおすすめの握り方になります。

この際に人差し指の中指側と、中指の薬指側が縫い目にかかるように握るのがコツで、シンカー回転をかけやすくなります。 また、親指を縫い目にかけないように人差し指の下側を支えることで、ボールを抜けやすくするようにした握り方です。

アンダースローの投球フォームでシンカーを投げる際のリリース

 (32720)

アンダースローの投球フォームでシンカーを投げる際、手のひらが下を向くようにし、中指と薬指からボールを抜くような感覚でボールをリリースするのが、おすすめの投げ方になります。
この際、フォークやカーブを投げる時と同様に手首を使わずに、下から上に向かって腕を振りボールを抜くのがコツです。 卓球のフォアハンドの腕の動きをイメージして腕を振るといいでしょう。

この投げ方でうまくボールが抜けない場合は、中指と薬指でボールを挟んでいる間隔を広げて深く握り、ボールをリリースすると抜けやすくなります。

アンダースローの投球フォームで変化球を練習する方法

Keita Yasukawa on Instagram: “Friday Afternoon Sub From Below (Ishigaki Island, Okinawa, Japan, 20/01/2012) #submarine #bullpen #baseball #ishigaki #okinawajapan #deyz…” (32749)

アンダースローの投球フォームは全身を使う必要があるため、実際に野球で投手をした際に変化球を投げようとすると、バランスを崩してしまってコントロールが定まらない、あるいはオーバースローやスリークォーターの投球フォームとは感覚が違うため思った通りに変化しない、という人もいるのではないでしょうか。

このため、ここではアンダースローの投球フォームで安定して変化球を投げるためには、どのような練習方法を実践すればいいのかを見ていくことにしましょう。

キャッチボールで変化球の回転とリリースを確認する

Submarine27 on Instagram: “足上げからの投球腕の旋回を小さくと背筋の意識、むずい#アンダースロー#自主練#野球” (32759)

野球の練習でキャッチボールをする際、カーブやシンカーを投げた時に、どのような腕の振りをすればカーブやシンカーの回転がかかるのか、フォークを投げた時には、どのような腕の振りをすればボールが回転せずに沈むのか、というように常にボールの回転を意識して行うのがコツです。 また、どこでボールをリリースすれば理想的な変化球になるのか、というリリースポイントのチェックも可能です。

キャッチボールはウォーミングアップのためだけではなく、アンダースローの投球フォームで変化球の確認を行うためにも利用するようにしましょう。

投球フォームの動作とボールのリリースをゆっくり行う

match on Instagram: “⚾高校野球⚾ . 【アンダースロー!】 . #高校野球 #野球 #野球部 #絆 #野球場 #野球応援 #野球観戦 #試合 #ピッチャー #投手 #アンダースロー #野球好き #野球好きな人と繋がりたい #写真好き #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい…” (32768)

野球でアンダースローの投球フォームでピッチング練習を行う際、足を上げて体重移動しながらテイクバックした後、ステップしてボールをリリースする、という全ての動作をゆっくり行い、この際に変化球をキャッチャーにギリギリ届くくらいの球速で投げます。
これは、アンダースローの投球フォームで、バランスを崩さずに変化球を投げるための練習方法です。

また、投球動作だけではなく、変化球もゆっくり投げることで、カーブやシンカーの回転をかけるベストなタイミングをつかむのにも役立つ練習方法になります。

変化球を投げることができる位置から腕を下げていく

 (32853)

オーバースローやスリークォーターの投球フォームだと変化球を投げることができるけれど、アンダースローの投球フォームにすると変化球を投げることができない、という人は、変化球を投げることができる腕の位置から、少しずつ腕を下げて変化球を投げるようにして、アンダースローの投球フォームの腕の位置に近づけていく練習方法がおすすめです。  

例えば、スリークォーターの投球フォームで変化球を投げることができる場合は、そこから少し腕を下げて変化球を投げるコツをつかんだ後、そこからまた少し腕を下げていく、という練習方法です。  
その際に、前述したおすすめの変化球のボールの握り方で投げてみるといいでしょう。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インステップの原因を知って改善しよう【野球上達ガイド】

インステップの原因を知って改善しよう【野球上達ガイド】

インステップを改善するには単にステップの方向を矯正するだけでは意味がありません。むしろパフォーマンスの低下を招く可能性もあります。インステップの原因を知って正しいアプローチをすることで、インステップを改善しさらなるステップアップを目指しましょう。
haru | 45 view
サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

野球においてサイドスローの投球フォームは、横回転の変化球が投げやすいのが特徴の投げ方です。比較的投げやすいスライダー、カーブに加え、少し難しいシンカー、フォーク、チェンジアップ、計5種類の変化球に関して、おすすめのボールの握り方と投げ方を特集します。
Hiroshi_8 | 125,498 view
ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールで相手に当てるコツを紹介していきます。ドッジボールで大切なことは、いかにして自分の投げたボールを相手に当てるかです。そのためには狙いどころや投げる時の様々な技も必要となります。そんなドッジボールで相手に当てるコツを一緒に見ていきましょう。
MOSK | 56,010 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8