2019年4月13日 更新

アンダースローの変化球!フォーク・カーブ・シンカーの3種類の投げ方解説

投手の投球フォームの中で独特な特徴を持つアンダースロー。そのアンダースローで投げるフォーク、カーブ、シンカー、計3種類の変化球に関しておすすめの握り方と投げ方のコツ、そして野球でアンダースローの投球フォームで安定して変化球を投げるための練習方法を解説します。

  
33,855 view お気に入り 0

アンダースローの投球フォームで変化球を活かすコツ

ここまで、野球で投手をした際に、アンダースローの投球フォームで投げる、フォーク、カーブ、シンカー、計3種類の変化球に関して、おすすめのボールの握り方と投げ方、そして変化球の練習方法を解説してきました。野球で練習を繰り返し行い、変化球を身に付けることができれば、実践で変化球を試してみたい、という気持ちになる人も多いでしょう。

このため、ここでは変化球をより効果的なものにするため、実際に野球で投手をした際に、アンダースローの投球フォームで変化球を活かすコツを解説していきます。

ストレートと変化球を同じ投球フォームで投げるように意識する

 (32803)

実際に野球で投手をした際、ストレートと変化球でアンダースローの投球フォームが変わってしまうと、変化球の効果が薄れてしまうため、ストレートと変化球、どちらを投げる場合も同じ投球フォームにするのがコツです。 特にカーブとシンカーは、ボールを抜こうと意識し過ぎると腕の振りが遅くなるため、バッターに何の球種がくるのか予測されやくなるので注意が必要です。

野球でピッチング練習をした際に、ストレートと変化球を交互に投げるようにすると、投球フォームの違いに気付きやすくなるので、実践してみるといいでしょう。

投球フォームに変化をつけタイミングをずらす

ゆっくりした動作のアンダースローの投球フォームの特徴を活かして、投球フォームの動作に緩急をつけて変化球を投げるのもコツです。

例えば、実際に野球をした際に、通常の投球フォームでストレートを投げた後、クイックモーションのような投球フォームでフォークやカーブ、シンカーを投げると、バッターはクイックモーションの動作に合わせて始動しますが、ストレートよりも遅い変化球がくるため、バッターのタイミングをずらすことができる確率が高まります。

ただし、アンダースローの投球フォームでクイックモーションをする際、バランスを崩しやすくなるため、しっかり練習を行って身に付けておく必要があります。

リリース直前まで身体の開きを抑える

@amanatsukanko on Instagram: “日本通運出身 牧田和久の後輩くんアンダースロー#和田悠佑 #日本通運 #富士大学 #聖光学院 #六大学社会人対抗戦 #アンダースロー #下手投げ #underhandthrow” (32819)

身体の開きが早い状態でボールをリリースしてしまうと、変化球のキレが悪くなってしまい、特にフォークの場合は腰の横回転を使って腕を振れないため、棒球になってしまう可能性が高くなります。

また、ボールのリリースも早くなりやすく、右ピッチャーが右バッターと対戦した場合、インコースにボールが集まりデッドボールを与えてしまうリスクも高まるため、ボールをリリースする直前まで身体の開きを抑えるのもコツになります。

実際に野球をした際、右ピッチャーがアンダースローの投球フォームで投げる場合は、ボールをリリースするギリギリまで上半身を三塁方向に向けたままにするように意識しましょう。

コントロールを安定させるためにステップする足は固定する

Kenyu Suefuji on Instagram: “牧田さんのメジャー移籍が決まりましたね今年からサブマリンが見れないのは残念ですけど、アメリカでも頑張ってほしいです!#seibulions #牧田和久 #サンディエゴ #パドレス #submarine #アンダースロー” (32825)

アンダースローの投球フォームで変化球を投げる際に、ステップした足の向く方向が一定になっていないと、リリースポイントを固定できずコントロールが安定しないため、常にステップした足をホームに向くように踏み出すこともコツになります。

身体に力が入ると踏み出す足が早く動いてしまい、右ピッチャーの場合は三塁方向に踏み出してしまう、インステップになりやすいので注意が必要です。

野球でピッチング練習をする際に、足を上げた後に静止してから体重移動に移行する、または足を上げた後にそのまま真下に下ろしてから体重移動に移行する、という動作を繰り返し行う方法で、足をホームに向くように矯正しやすくなります。

変化球の精度を高めてバッターを手玉に

Matsu🌎 on Instagram: “. . 第66回全日本大学野球選手権大会 2017年6月11日(日) 明治神宮野球場 決勝 . 国際武道大学 🆚 立教大学 ㊗優勝  立教大学 . 4回目59年振り大学日本一、大学全国制覇❗️ キタワァ━━━━━٩(ˊᗜˋ*)و━━━━━!!! . 大会防御率0.00完璧な投球…” (32824)

野球でピッチャーをした際、投げることができる変化球はフォーク、カーブ、シンカーの3種類、というのは決して多いとは言えませんが、変化球を多く投げることができたとしても、精度が低ければあまり意味がないのです。

少ない球種しか持っていないピッチャーでも、全てが精度の高い変化球であれば、その方がバッターにとっては厄介で、アンダースローの投球フォームであれば尚更です。
そのために、まずは前述した投げ方や練習方法を行いコツをつかみ、ひとつひとつの変化球に磨きをかけ、アンダースローの特徴をフル活用してバッターを手玉に取りましょう。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インステップの原因を知って改善しよう【野球上達ガイド】

インステップの原因を知って改善しよう【野球上達ガイド】

インステップを改善するには単にステップの方向を矯正するだけでは意味がありません。むしろパフォーマンスの低下を招く可能性もあります。インステップの原因を知って正しいアプローチをすることで、インステップを改善しさらなるステップアップを目指しましょう。
haru | 45 view
サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

野球においてサイドスローの投球フォームは、横回転の変化球が投げやすいのが特徴の投げ方です。比較的投げやすいスライダー、カーブに加え、少し難しいシンカー、フォーク、チェンジアップ、計5種類の変化球に関して、おすすめのボールの握り方と投げ方を特集します。
Hiroshi_8 | 125,495 view
ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールで相手に当てるコツを紹介していきます。ドッジボールで大切なことは、いかにして自分の投げたボールを相手に当てるかです。そのためには狙いどころや投げる時の様々な技も必要となります。そんなドッジボールで相手に当てるコツを一緒に見ていきましょう。
MOSK | 56,010 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8